山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道 6/24(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25(金) »

2010/06/24

口蹄疫・山田農相来県関係記事 6/23~6/24

「終息の見通しまだ」 山田農相 (宮日 2010年6月24日付)

 本県を訪れた山田正彦農相は23日、県内で感染が拡大した口蹄疫をめぐり「終息に向けて見通しが立ったとは思っていない」と述べ、引き続き防疫の徹底を呼び掛けた。

 東国原知事や関係自治体の首長らとの意見交換の後、報道陣の取材に応じた。山田農相は、高鍋町と西都市で感染・感染疑いのため殺処分と埋却が必要な牛や豚が4450頭(22日現在)残っていることに言及。「ウイルスを発散し続けており、どこに飛び火するか心配な状況が続いている」と指摘した。

 一方で、膨大な数に上った感染・感染疑い家畜の殺処分と埋却が「一両日中に終わる」(知事)見通しに至ったことには「大きく峠を越えてきた感じはしている」とも述べた。

 口蹄疫の現状をめぐっては同日午前、農相来県前に政府の口蹄疫現地対策チーム本部長を務める篠原孝農水副大臣が「終息に向かいつつある」と発言。根拠として「(18日から4日間)発症がない。急いでいた(感染・感染疑い家畜の)埋却があとちょっとで終わりそうということ」を挙げていた。

 山田農相と意見交換した東国原知事も「終息に向けて気を緩めず防疫措置や消毒に全力を尽くすことを確認した」と説明。終息へめどが立ったかとの報道陣の問いに「いやそれはまだ。一日一日が勝負。全力を挙げて終息に向け頑張るということ」との認識を示した。


マニュアル策定着手を表明 山田農相が来県
(宮日 2010年6月24日付)

 山田正彦農相は23日、口蹄疫問題について東国原知事や関係自治体の首長と意見交換するため本県を訪れた。終了後に県庁で記者会見し、防疫の迅速化を目的とする対策マニュアルを緊急に策定していることを明らかにした。感染疑いを確認した家畜は、24時間以内に殺処分と埋却を終えることなどを柱にしており、近く各都道府県に通知する。

 マニュアルは
(1)農場から家畜保健衛生所に通報があれば、2時間以内に立ち入り検査
(2)動物衛生研究所の遺伝子検査を待たず、写真で感染疑いを早期に判定
(3)疑い確認から24時間以内の殺処分、埋却
―が盛り込まれる。山田農相は「一両日中に発表できる」との見通しを示した。

 国は防疫措置の在り方などを明示した防疫指針を定めているが、マニュアルは防疫のスピード化を念頭に置いた、より具体的な内容となる。山田農相は会見で、現在の感染拡大は発生農場での防疫に時間を要したことが原因との認識を示しており、教訓をマニュアルに反映する格好だ。

 また、知事や発生した11自治体の首長との意見交換では、本県側が口蹄疫対策特別措置法に盛り込まれた地域経済の再建に充てる基金を国が準備するよう要望。さらに、飼料用稲の生産農家が買い手を失ったことへの補償、感染経路を解明する疫学調査の迅速化を求めた。

 農水副大臣として政府の現地対策チーム・本部長を務めていた山田農相の来県は、8日に大臣へ昇格してから初めて。24日まで本県に滞在し、埋却地も視察する予定。


致命的だった殺処分の遅れ 山田農相一問一答
(宮日 2010年6月24日付)

 山田正彦農林水産大臣の本社単独インタビューの一問一答は次の通り。

 ―農水省は22日、現地調査チームを発足させた。これまであった疫学調査チームとの仕事の分担は。

 山田 国や県、民間の獣医師も参加しており、現地を歩き、人から聞いて徹底的に調査をやってもらいたいと考えた。東京の疫学調査チームは専門的な学者がほとんどで、科学的知見に基づいた判断をお願いしている。


 ―感染経路は発生地域内での感染拡大、飛び火先に加えて、国内にどのように持ち込まれたかという「水際」の3パターンがある。調査の優先順位はどうするのか。

 山田 まずは、農場から農場になぜうつったのか。感染経路が分かれば、すぐに対策が打てる。ワクチン接種分は収まってきたが、外側にいつ飛び火するか分からないので発生地域内、飛び火先の感染経路をまず調べたい。川南でクラッシュしたのは埋却が遅れたのが原因。なぜ遅れたか、一度検証が必要。(水際については)香港、韓国などと同じウイルスであり、外国から入ってきたといえる。


 ―口蹄疫対策特別措置法では地域再生策として「基金」創設なども盛り込まれた。

 山田 国でやれる部分はやるが、限界がある。基金創設にしても内閣で決めていくが、どういう形で支援できるかはこれからの話。すべて(の産業)に及んでいるので全部にいくわけではない。

 ―具体的な振興策は。

 山田 商工業者は大変だと思う。雇用調整助成金による雇用確保はすぐにでもできる話で、失業保険もできるだけ手当てする。例えば雇用保険の支払いができていなければ、後払いでもかまわないので保険を先に出すとか、いろいろな手当てや資金の借り入れも大事。これだけの災害だから2、3年の元本、利息分含めての返済猶予は最も効果があり、大事だ。金融・郵政改革担当相にもお願いしている。


 ―今回の教訓は何か。

 山田 PCR検査(遺伝子検査)をしなくても、写真でほぼ100%判定可能になった。発生すれば2時間以内に通報し、現場に駆け付けるマニュアルを用意する。24時間以内に殺処分できれば、この前の飛び火と同じように対応できる。出たらすぐたたく。これができれば口蹄疫は防止できる。


 ―マニュアルの内容については。

 山田 埋却地を個人で確保できない場合は、国有地、県有地に埋める形も盛り込む。あらかじめ埋却地を確保するように各都道府県に通知しているが、それでも駄目なら公有地に24時間以内に埋める。


 ―埋却地確保について。

 山田 これからの畜産は環境の問題も考え、ある程度農地・用地を確保しないと簡単に認めるわけにはいかない。アジアの口蹄疫まん延を考えるといつ発生してもおかしくない状況。畜産経営はそれだけの覚悟をしないといけない。


 ―埋却地の確保に関しては周辺住民の同意は必要ないという立場をとってきた。

 山田 各町長などにも何度も「同意はいらない。理解を求めてくれ」と言ってきた。同意を取っていたら埋却できなくなり、口蹄疫ウイルスがまん延したらその損失は町全体にかかってくるのだから。

 ―初動防疫態勢を振り返ってどう感じているか。

 山田 国の指針通りにすぐ殺処分や埋却を行ったえびの市や都農町の最初の例では、うまく封じ込められた。一方、埋却地が確保できず殺処分が間に合わなくて放置した所はかなり(感染が)出た。初動で埋却、殺処分が遅れたのは致命的だった。


 ―政府の現地対策チーム設置が遅れたのでは。

 山田 ワクチン接種は事務方ではなく政治家が現地で判断、説得しないといけない。あれより早く(設置すべきだった)という声はあるが、あの時ですらみんな反対したのに、それより前ではワクチン接種に協力いただけたか。ぎりぎりのタイミングだった。


 ―国と県の連携は。

 山田 対応をもう少し緊密かつ迅速にできればよかったのかも。第一義的に県の責任。県がえびのみたいに十分にやってもらえれば良かったのだが、川南で埋却が滞留してしまった。あの時点からステージが変わった。あのままワクチンを打たなかったらと思うと少しゾッとする。


 ―22日から都城、日向市で清浄性確認検査が始まった。一定範囲で家畜の目視や抗体検査などを行っているが、ワクチン接種を行った地域は家畜が全部殺処分されていなくなる。どのように行うか。

 山田 すべての偶蹄(ぐうてい)類の殺処分と、今まで家畜がいた施設の消毒の徹底が必要。一番気になっているのは敷きわら、堆肥(たいひ)、ふん尿の処理がどうなっているのか。それについての清浄性の検査をどうやればいいのか。牛豚等疾病小委員会の疫学調査チームに早く結論を出してもらう。

« 口蹄疫・マスコミ報道 6/24(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25(金) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまです。
松本先生掲示板に登場の都城永田です。

先日は、掲示板でありがとうございました。
僕の気持ちを察していただき感謝しております。
ちゃんとお礼を言いたかったものですから。

掲示板では現在、また種牛のことをぶり返しておりますね。
僕としましても、種牛の生存にこだわっている訳ではないのですが、
宮崎県を中心として、競り市中止など被害を被った地域も
たくさんあるのですが、現実、、自己責任となってしまっています。

今までの政府の対応が、そんなことですから自己責任=自己保守と
成らざるおえなかったプロセスを感じ取ってもらえない悲しさでいっぱいです。

畜産業界人のコメントよりも、2CHやYAHOOニュースへコメント
されてる方のほうが、今回の口蹄疫の全体像をよく掴んでおられると
思うのは僕だけでしょうか。。
いろいろ思うところはありますが、それ以上はいいません(笑)

生きていると、難しいことばかりですが、
人の揚げ足をとるような生き方はしたくないと思っております。

重くなってしまいましたね(笑)
またお会いしましょう!

社長さまにもよろしくお伝えください。
がんばってください!

民間種牛の件は、清浄確認の段階で出なくて
尚且つ抗体検査や遺伝子検査でも陰性だったら
そのまま継続して飼養する訳にはいかないのでしょうか…
少しでも多くの種雄牛がいたほうが良いと思うのですよ。


まあ、この件は同級生の所って事もあるのですけどね…

山田大臣、「終息に向けて見通しが立ったとは思っていない」
えらいぞw道は九分九厘進んだところで、まだなかば!と思う心がけが大事ですからね(/ ^^)/ヨイショ

で~~~も、初動で県に責任って言うのは少しなっとくいかないぞ
最初に消毒液調達したのは国じゃなかったぞ!!
&国の最高責任者は外遊行ってたぞ!!
初動の遅れが一番悪かったんは、国だと思うんですけどo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
おまけに、自民党より対策本部立ち上げ遅かった上に、要望書は無視した上に、江藤さんの国会質問では、ひどい野次で現場の声に対して、「そんなに金が欲しいのか!」とか、補償に対しても無責任だったんですけど( ゚皿゚)キーッ!!
国の遅れを、埋設地などを含めた県の責任にするのはいかがなものでしょう?もちろん、発生した場所の密集性もあったでしょう。
が・・
散々知事が自衛隊派遣や、獣医師の派遣を要望したのに、赤松はいつも、けちけちしとったやないですかい凸(`Д´メ)
処分が間に合わないと散々いっとったのに・・
ま、山田さんは、赤松さんと比べたら(この人と比べたら誰でもそうでしょうが^^;)、まだ理解者だと思うんで、あんまし追求せんどこ( ^ω^ )
で、篠原さんにすこーし期待しよwほんとにすこーしι(´Д`υ)

nagata様

コメントありがとうございます。
掲示板ではnagataさんやHさんの気持ちを、自分の怒りや思いを表現するために引き合いに出してしまった事を申し訳なく思っておりました。
nagata様からコメントを頂いた事で、少し気が楽になりました。
本当にありがとうございます。

そして掲示板におけるnagata様の「大人の対応」には感服しています。
いい年なんだから、いいかげん私も大人になれよって感じなんですが(笑)

おっしゃるように、畜産関係者以外の人の方が冷静に事の流れを見てくれているような気がします。
どうしても「何時、自分の身に降りかかるかもしれない」と思うと冷静さを欠くのは仕方が無い事かもしれませんが、例えば「今回の口蹄疫が自分の住む地域で起こっていたら」という点においては、全く想像すらされていないのでは・・・と思うこともあります。


>今までの政府の対応が、そんなことですから自己責任=自己保守と成らざるおえなかったプロセスを感じ取ってもらえない悲しさでいっぱいです。

全くもって同意です。他見からの批判は尤もですし、県の対応についても非難されて当然の所があると私は思っています。
が、例えば、これが赤松さんや小沢さんのお膝元で起こった事であれば、政府の対応はもっと早かったであろうし、もうとっくに終息していたのではと思う事があります。(尤も畜産農家の密度が違いすぎる点はありますが)

自分を守ろうとしたことが、せねばならなかった事が理解して貰えないことは悲しいですが、50頭もの種雄牛が犠牲になった事が悲しいですが、私は勝平正が、今、無事でいる事で未来に希望が持てます。

(ウチでも勝平正を数頭出荷しています。私は実際に枝は見ておりませんがシャチョーが言うには、少々小ぶりながらもコザシでモモ抜けも良く、神戸の買参人の評価も高かったようです。)

清浄性検査が終わっても気が抜けませんが、終息までがんばりましょう!

YOSHIさん

民間種牛の件は、もう、難しくてわかんない。
どっちにしても非難の対象になる事だけはわかります。

ほかぞのさん

なんか、ほかぞのさんが全部書いてくれてスッキリ!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・山田農相来県関係記事 6/23~6/24:

« 口蹄疫・マスコミ報道 6/24(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25(金) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング