山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/20(日) »

2010/06/20

口蹄疫 主な出来事 (宮日6/20記事より)

口蹄疫 主な出来事 (宮日6/20記事より)

5/19  政府は川南町を中心とする発生農場から半径10㌔圏内の
           全ての牛や豚にワクチンを接種し殺処分、
           10~20㌔圏内の牛や豚はすべて出荷し「緩衝地帯」をつくると発表。
      殺処分される家畜に対し一律の奨励金などを支払う支援策を発表

5/20  西都市で初の感染疑いを確認

5/21  ワクチン接種受け入れ。
      政府は殺処分する家畜の補償を時価評価すると発表
      西都市に非難させていた種雄牛6頭のうち「忠富士」の
           感染疑いを確認

5/22  ワクチン接種開始

5/24  政府が種雄牛49頭の特例救済認めず。
      えびの市で清浄性確認検査を開始

5/25  県は、県農業振興公社による埋却地買い上げを決定。
      赤松農相(当時)が衆院農林水産委で感染拡大を謝罪

5/28  口蹄疫対策特別措置法が成立。
      種雄牛49頭のうち1頭で感染疑いを確認

5/30  農水省がえびの市の清浄性検査、
           血液採取した155戸すべてで陰性確認したと発表    
      赤松農相が2度目の来県。
      「結果的に感染が拡大した」と陳謝。

5/31  種雄牛49頭を殺処分
       都農町のミヤチク工場が特例で食肉処理再開
       搬出制限区域内の牛の受け入れ開始
       えびの市で清浄性確認のための目視検査を開始

6/01  鳩山首相(当時)が来県
       東国原知事や畜産農家と会談し対策に「万全を期す。」と表明

6/02  県が殺処分される家畜に対する時価評価の選定基準公表
      鳩山首相が辞任

6/04  えびの市の清浄性が確認され、37日ぶりに制限区域を解除
       予防的殺処分などを盛り込んだ特措法が施行

6/05  西都市に非難している種雄牛5頭の遺伝子検査で陰性確認

6/06  種雄牛5頭が抗体検査でも陰性

6/07  政府現地対策チーム本部長・山田正彦農水副大臣(当時)が、
            ワクチン接種などの対策費の国全額負担を明言
      農水省の疫学調査チームがえびの市で感染経路の調査を実施
      川南町と同市を行き来した車両による感染拡大の可能性を示す

6/08  山田副大臣が農相に昇格

6/09  都城市高崎町の和牛肥育農場で感染疑いを確認
       政府の現地対策チーム本部長に篠原孝農水副大臣就任が決定

6/10  移動制限区域に入ったミヤチク高崎工場が操業停止
       宮崎、日向、西都市のワクチン接種区域外で感染疑いを確認

6/12  菅直人首相が来県、農家や知事と会談
      西都市尾八重に避難させていた種雄牛5頭の抗体検査で陰性を確認

6/15  農水省は搬出制限区域内で家畜の早期出荷を促す支援金
            などからなる追加支援対策を発表

6/16  国富町で初の感染疑いを確認

6/17  非常事態宣言1ヶ月を前に、県が「消毒徹底緊急アピール」
      北沢俊美防衛相が来県
      自衛隊員1130人の増派準備を明らかに

6/18  口蹄疫対策費の全額国費負担を閣議決定
    (感染・感染疑いによる殺処分対象頭数は19万9284頭=18日現在
     ワクチン接種家畜約7万6000頭)

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/20(日) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫 主な出来事 (宮日6/20記事より):

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/20(日) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング