山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/2(水) | トップページ | 口蹄疫・254~264例目 »

2010/06/02

口蹄疫・マスコミ報道他2 6/2 

口蹄疫 感染家畜の週内全頭処分 「極めて高いハードル」と知事 2010年6月1日 21:37  西日本新聞

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、国が県に対して求めている「今週内の全頭殺処分」「1日1万頭処分」について、東国原英夫知事は1日の記者会見で、人員、埋却地不足などから「極めて高いハードル」と述べ、実現が難しいとの認識を示した。

 県によると、感染疑い判明による殺処分対象の家畜は、5月31日現在で豚13万3千頭、牛3万1千頭の計約16万4千頭。うち同日までに殺処分されたのは約11万6千頭と全体の7割超に達した。

 しかしウイルス排出量の多い豚の殺処分を優先しており、豚が約8割を終える一方、牛は約4割にとどまっている。

 今後の処分がスムーズにいかない恐れがあることについて県は、体重800キロ近くある牛は、埋却地として豚より広い敷地が必要となるほか、殺処分後も1頭ずつロープで重機に結び付けて埋却地に運ぶなど、作業に時間がかかることが背景にあると説明する。

 「1日1万頭の殺処分」などは、赤松広隆農相が5月30日に宮崎入りした際に、東国原知事に求めた。県によると、獣医師の増員などにより同月27日以降の殺処分は、1日当たり5千―8千頭と増加していた。

 一方、県は約2週間で全国から寄せられた義援金総額が5月31日までで、約6億3千万円に達したと発表した。今後、発生農家とワクチン接種農家計約1200戸を対象に、1戸当たり20万円の1次配分を行う。

=2010/06/01 西日本新聞=


口てい疫家畜の処分状況

口てい疫の問題で、感染の疑いがある牛や豚の処分は、1日はピーク時の半分程度にとどまり、作業は停滞しています。
宮崎県では、昨夜も、新たに、都農町で3か所、川南町で1か所など、4つの市と町のあわせて6か所の農場で、口てい疫に感染の疑いがある牛や豚があわせて13頭見つかり、現在も、感染の勢いは衰えていません。
口てい疫の疑いがある家畜が見つかった農場などは253か所で、ただちに処分が必要な牛や豚は5800頭あまり増えて、16万9800頭余りとなりました。
これに対しきのう処分した牛や豚は雨の影響などでピーク時の半分程度の3800頭余りにとどまり、また新たに感染の疑いが出た家畜の数を下回ったことから、処分が済んだ割合は前の日とほとんど変わらず、70点7パーセントで作業は停滞しています。
ここ数日、新たな感染が確認されている牛や豚は、いずれも1週間ほど前にワクチンを接種されていますが、宮崎県は十分な抗体ができるまでには接種から2週間ほどかかるとしています。
06月02日 13時07分 NHKローカル


宮崎・口蹄疫 知事「結果責任ある」 完全防御「困難」と釈明
2010年6月2日 00:58 カテゴリー:九州 > 宮崎

 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の感染が拡大した問題で、東国原英夫知事は1日、定例会見で「結果責任はある」と述べた。4月20日に1例目となる感染疑いの牛が見つかって以来、同問題で自身の責任について言及するのは初めて。ただ、知事は感染経路が不明なことなどに触れ、「完全な防御は極めて困難だった」と釈明した。

 東国原知事は「ウイルスの増殖器といわれる豚に感染し、大規模農家での発生も多かった」と、感染が牛だけだった10年前との違いを指摘、「対応が後手に回った部分もあった。結果責任については真摯(しんし)に受け止める」とした。

 一方、えびの市で5月14日以降、新たな感染疑い例が出ておらず、川南町などの児湯地域外で感染疑い例がないことから、「防疫対策に全力を尽くしており、一定の封じ込め効果はあった」との見方を示した。

 同問題をめぐっては1日、宮崎県入りした鳩山由紀夫首相も国の結果責任を認める発言をしている。

=2010/06/02付 西日本新聞朝刊=

※山崎メモ

20:45からのNHKローカルニュースでは、新潟からの応援獣医が牛に目を蹴られて入院のニュース。
防疫作業などにあたる職員などの怪我は今までに35人。入院に至ったのは今回が初めてとのこと。

殺処分前の家畜の埋却地への移動が容認されたが、「ワクチン接種後の家畜に限り」。
ワクチンの効果が表れる接種後1~2週間以降の移動を認めるということ。
その間に埋却地の確保はできるのか?

10~20キロ圏内の早期出荷に対しても疑問は、まだまだ残る。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/2(水) | トップページ | 口蹄疫・254~264例目 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

20km圏内の肉は政府買い上げ焼却処分が理想なんでしょうね

松本先生のサイトでもあれだけ問題視してますから・・
たぶん、予算がないとかで、官僚の意見を無視してるんでしょうね;;
でも、正直今度は本当の風評被害がでると思います。
勉強してる方方は、食肉から、発生が拡大する可能性を示唆してますから・・。。
どこの屠場で処理された肉かわからなければ、畜産農家やその親族、関係者は、正直な所宮崎産に対して疑問視すると思います。
また、外食産業、特にミンチ肉等は、本当に出所不明なので、外食自体が減る可能性もあります。
今現在出回ってる宮崎産の肉は安心して頂けますが、今後は正直同業者であるだけに・・・。(ごめんなさい><

ほかぞのさん

最初は政府買い上げのはずだったのですけどねぇ。
肉がキャリアになる可能性はもちろんあるわけで、それも心配しなきゃいけないんでしょうけど・・・・

私が心配しているのは、10~20キロ圏内の早期出荷が本当に正しい方法なのか?って事なのです。

全部の牛・豚を出荷するのにかかる時間は約8ヶ月ですよ?
そんな長い時間をかけて、母牛や子牛まで全部をいなくするのが本当に正しいのかなぁ?って疑問なのです。

マスコミ報道6月1日の記事 
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2010/06/61-4a2d.html
食肉処理関係記事を読んでみてくれればわかるのだけど、白井教授も時間がかかりすぎ、現実的な方法に切り替える事も必要、って言ってるのですよ。
専門家を交えて、もう一度きちんと検討して欲しいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他2 6/2 :

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/2(水) | トップページ | 口蹄疫・254~264例目 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング