山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・291例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) »

2010/06/18

口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/18(金)

自衛隊他派遣

自衛隊1130人増派へ 北沢防衛相、川南町など訪問
(宮日 2010年6月18日付)

 自衛隊員が従事する口蹄疫対策の現場を視察するため、北沢俊美防衛相が17日、来県した。発生地域の新富、川南町、西都市を訪問し、首長らと会談。自衛隊員をさらに1130人増派する準備があることを伝えた。

 自衛隊員の増派については、12日に来県した菅直人首相が関係市町長らの要望に対し、「前向きに検討する」と表明。北沢防衛相は「防衛省もできる限り協力してほしいという総理の指示に基づいて訪問した」とした上で、「県内の基地から230人、九州一円の基地から900人の自衛隊員を増派する態勢を整えた」と説明した。

 北沢防衛相は川南町の農場などを視察した後、県庁で東国原知事や発生地域の首長らと会談。会談後の記者会見で北沢防衛相は、政府の現地対策チームに感染経路の分析を行う疫学の専門家と、政務官を19日まで駐在させることを明らかにし、「要望があれば、その後も常駐することを検討したい」と述べた。

 川南町の内野宮正英町長は「埋却後の畜舎の清掃、消毒の作業がまだ残っており、自衛隊員の増員はぜひ受け入れたい」と話した。


北沢防衛相、宮崎入り 増派に「遅すぎる」 自衛隊の消毒作業視察 
/宮崎 毎日jp

 17日宮崎入りした北沢俊美防衛相は、自衛隊員の増派を明言し、防護服を着て被害農家の畜舎の消毒作業を視察した。県庁では関係自治体との意見交換会に出席。既に地域の畜産が壊滅状態の自治体もあり、増派を評価する一方で「遅すぎる」とため息も漏れた。

 内野宮正英・川南町長は「事業再開に向けた畜舎の清掃や消毒には人的な力が必要で、助かっている。現地を見ていただき、実態を分かってもらえたのでは」と評価した。

 一方、河野正和・都農町長は、早い時期から自衛隊の派遣を求めてきたが今も、支援はない。町は独自に雇用した人員で消毒ポイントを運営しており「もっと早かったら、まん延はなかったのでは」と指摘した。

 牛と豚約1万6000頭の処分を残す高鍋町。自衛隊の協力を得て3日以内で感染疑いの家畜の処分終了を目指す。小沢浩一町長は協議の場ではあえて発言しなかったという。「本当ならもっと早く来て、自然災害と同じようにやってほしかった。口蹄疫は国の法定伝染病だ」と淡々と語った。

 自衛隊の活動内容は、埋却地の掘削や殺処分後の埋却支援などに限定されている。「あらかじめ命令された以外の作業はしない」と一部関係者には不満もあるが、県危機管理課は「現場での対応は柔軟になりつつある」との認識だ。【石田宗久、桐山友一】


中部管区機動隊防疫活動支援へ 110人本県入り
(宮日 2010年6月18日付)

 口蹄疫の防疫活動支援で中部管区機動隊(愛知県警)110人が17日、本県入りした。

 隊員は同日から当面の間、川南町や都城市など発生地域で24時間態勢の消毒作業支援、交通整理を行う。口蹄疫での警察の特別派遣は今回で3回目。


選挙関係記事
県選管「握手の自粛お願い」

今月24日に公示され、来月11日に投票が行われる参議院選挙で、宮崎県選挙管理委員会は、選挙運動を通じて口てい疫が拡大するのを防ごうと立候補を表明している陣営に対して、候補者と有権者の握手の自粛や、移動制限区域内では車から降りないことなど、選挙運動に配慮を求める異例の文書を送りました。

この文書は、参議院選挙の宮崎選挙区に立候補を表明している3人の陣営に対して、宮崎県選挙管理委員会が17日付けで送ったものです。

文書では、口てい疫の感染拡大を防ぐため、個人演説会や街頭演説などは、「可能な限り自粛が望ましい」としたうえで、
▼畜産農家に出席の要請を行わないことや、
▼候補者と有権者の握手を自粛することなどを求めています。
また、家畜の移動制限と搬出制限の区域内ではなるべく車から降りないことや、名前の連呼は、地域住民の心情に配慮して行うことなども求めています。
宮崎県選挙管理委員会は、「あくまで『お願い』の文書で、選挙運動は公職選挙法に抵触しない限りは自由に行われるべきものだ」と話しています。
06月18日 20時21分 NHKローカル


口蹄疫で握手自粛など要請=宮崎県選管、立候補予定者らに

 宮崎県選挙管理委員会は18日、参院選の選挙活動で口蹄(こうてい)疫が拡大する事態を防ぐため、発生地域などでの有権者との握手の自粛、選挙カーの消毒徹底などを立候補予定者らに文書で要請した。
 これに対し、民主党から出馬する渡辺創氏は「(活動が)感染拡大の一因とならないよう配慮したい」と語った。自民党県連は「選挙カーに消毒車を随行させることなどを検討中」とし、共産党県委員会も「被害が出ている地域での演説や集会は控えたい」としている。
 (2010/06/18-20:53)時事通信


握手自粛・車から降りない…口蹄疫対策、選挙戦に波及
2010年6月18日22時16分 asahi.com

 家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)被害が広がる宮崎県が、異常な形で参院選を迎えようとしている。感染拡大防止のため、県選挙管理委員会が立候補予定者や各政党に「握手の自粛」や「選挙カーからなるべく降りないこと」などを要請。一方、陣営の中には、感染自治体での候補者ポスターの張り出しを県選管がするように申し入れたところも。選挙カーによる呼びかけを自粛する陣営もあり、異例の静かな選挙戦に突入しそうな様相だ。


今後の対応
口蹄疫:ワクチン接種家畜の殺処分、7月上旬までに
2010年6月18日 20時33分 毎日jp

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で山田正彦農相は18日、ワクチンを接種した家畜(18日朝現在で約5万7000頭)の殺処分を7月上旬までに終えたいとの意向を示した。政府の口蹄疫対策本部会合の後、記者団に「ワクチン接種家畜の埋却地をほぼ確保できた。順調にいけば7月上旬までには終わらせたい」と語った。また山田農相は、ワクチン接種地域外で感染疑いの家畜が出た事例に関して、周辺農家の家畜に抗体検査などを実施する方針を明らかにした。

 対策本部会合では、18日朝現在で未処分の感染疑いの家畜が約1万5000頭に減ったことが報告された。天候にもよるが目標の20日には殺処分が終わる見通し。仙谷由人官房長官は、ワクチン接種家畜も早急に処分するため計画的な要員派遣などの対応を関係各省に要請した。

 また農水省は、ウイルス発散量が多いとされる、ワクチン未接種の感染疑いの豚について殺処分が終わったことを明らかにした。【佐藤浩】


農相「家畜処分、7月上旬までに終えたい」
2010/06/18 19:29  日経

新たに感染が確認された地域でも検査を強化するよう指示。
これまで発生農場の半径1キロ圏内で実施していた採血による抗体検査を3キロメートルまで広げる方針


国、県、疫学チームが意見交換
 (06/18 19:10)MRT

口蹄疫の感染拡大が止まらない中、18日、県庁で、国や県の関係者と疫学調査チームなどの専門家による意見交換会が開かれました
この意見交換会は、疫学的な視点から情報を共有化し、口蹄疫の感染拡大防止につなげようと初めて開かれました。
会合には、国の現地対策本部と県の関係者のほか、疫学調査チームのメンバーや、防衛省から、感染症の専門家などが参加。

まず、篠原農林水産副大臣が、「感染ルートが分かればまん延防止につながる。
今分かったことだけでも公表してまん延防止に役立てたい」
と挨拶しました。

この後、意見交換が行なわれ、出席者からは、これまでの対応状況などが報告されたということです。
国の現地対策本部では、今後も意見交換を行い、口蹄疫がまん延した原因究明と感染拡大の防止に役立てたいとしています。


都城、22日から清浄性確認検査  
(06/18 19:06) MRT

都城市では、口蹄疫ウィルスが残っていないことを確認する清浄性確認検査が、今月22日から行われることになりました。
都城市では、今月9日に口蹄疫に感染した牛が確認されたものの、18日までの8日間、新たな発生はありません。
また、国と県が、発生農場から1キロ圏内の牛、97頭を対象に実施した遺伝子検査と抗体検査も「陰性」でした。

このため、県などでは、このまま新たな感染がなければ、今月22日からウイルスが残っていないことを確認する清浄性確認検査を行うことを決めました。

(長峯誠都城市長)「油断するのが、一番危険だと思いますので、清浄化を目指していきますが、やはり変わらぬ緊張感でしっかりと防疫体制を構築していきたい」清浄性確認検査は、口蹄疫が発生した農場から半径10キロ圏内にある全ての農場、約1300か所が対象で、このうち、半径3キロ圏内では、血液を採取して、口蹄疫感染の有無が調べられるほか、3キロから10キロ圏内では、目視による確認検査が行われることになっています。


その他
幅広い産業に打撃 生活衛生組合連が調査
(宮日 2010年6月18日付)

 東国原知事の非常事態宣言以降も感染地域が広がり、大小さまざまなイベントの中止・延期が相次ぐなど人の動きが大きく鈍った。このうち、県生活衛生同業組合連合会(12組合)が17日公表した調査結果から、5月の前年同月比の売上高が映画館でつくる興行協会以外の全組合で10%以上減ったことが分かった。減少率が30%を超える組合もあり、都城、宮崎市に飛び火した6月はさらに落ち込んでいるという。感染・感染疑いが集中する西都・児湯地区だけでなく、県内全域の幅広い産業で影響が深刻化している実態が明らかになった。


口蹄疫:国が全額補償 閣議決定  毎日jp

口蹄疫、全額国費負担を閣議決定 予備費227億円追加支出 
2010/06/18 13:28 【共同通信】

※山崎メモ
・野尻町では月に一回「リサイクルの日」(ペットボトル、アルミ缶などの回収)があるのだが、これも今月は中止。我家にも ものすごい数の缶などがあるが、人が集まる所に行きたくないので素直に感謝。

・22日からの清浄性確認検査では、我家も対象。

« 口蹄疫・291例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

ということは家も立ち入り検査をするんですね(-_-;)


昨日から牛舎への立ち入りをひかえました。


高原の隠居に1人住まいになります

 すこし気が早いかもしれませんが我が家での清浄性確認検査の

 様子を参考までに。

 午前中に着ますと電話連絡ありましたが当日はすこし遅くなって獣医師3名が来場。 入る前に白装束に着替えていたので着替えた後にはクエン酸を沢山浴びてもらいました。
 目視とありましたがよく見たい牛を補ていして口の中を開けて見せないといけないので獣医師一人につき2人で対応しました。
 獣医師は牛に絶対に触らない様に(沢山の牧場を回る為)と指示を受けて派遣されていますとの事でした。
 
 最後に集合し気になる牛を再度獣医師3人での目視でした。

 うちの場合は上唇から出血している牛と口の中に傷がある牛そして口内炎の牛そして鼻水の牛さんがいて最後の目視で念の為に家保に連絡しますとの事で、その後家保の獣医師2名が到着し再度牛を見てもらい口蹄疫の症状とは違うとの事で一頭は経過観察にて終了でした。

 経過観察の牛については後日数回の電話での問診と検温で問題は無かったようです。

 当日は非常に緊張しピリピリムードでしたが思った以上にしっかり牛を見てもらい安心しました。 頭数にもよりますが我が家では5時間程かかりました。 獣医師さんに聞いたところ一日で何件も回るのでやはり時間通りにはこれない事が多いですとの事でした。

 ちなみに治療中の牛は前もって獣医師さんに申告しました。牛の治療履歴や導入元を聞かれる事があるので10桁番号と治療歴や導入元の資料などがあるなら準備されていた方がいいかと思います。
 

 なにかしら参考になると幸いです。

 あ!体温計!検温する事があるので体温計の準備も必要です!

 

 
 

しんさん

しんさんの所も目視でOKなのかな?
牛から離れて一人暮らしってことは、お仕事に復活したのでしょうか。
酢ニッカーズ(笑)食べてストレス貯めないようにしてね!

うしかいさん

ものすご~~~~く参考になりました。
ありがとうございます。

目視検査って言うから、もっと簡単なものかと思っていました。
結構時間もかかりそうだし。

そうだよねぇ、しっかり診てもらわなきゃ安心できないわ。うん。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/18(金):

« 口蹄疫・291例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/19(土) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング