山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・277~279例目 6/8(火) | トップページ | 口蹄疫・種牛関係記事 »

2010/06/08

口蹄疫・えびの口蹄疫終息 検証37日間(宮日より)

宮日で6月6日から8日まで
えびの口蹄疫終息 検証37日間
ってのが書かれていた。

http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=30&paging=2

http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=12&paging=1

http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=0&paging=1

以下、私的 要約まとめ

6月6日記事より

4月20日の口蹄疫感染疑い1例目が確認され、えびの市は21日には防疫対策本部を立ち上げていた。

27日朝都城家畜保健衛生所から市に「えびのの肥育農家に口蹄疫らしき牛の診断に行く」との連絡が入り28日に市内1例目(県内9例目)を確認。

市畜産農林課 吉留伸也課長の話
「緊急的な対応で始まったが、順調に清浄化できたのは殺処分がうまくいったからではないか。」

●迅速な初動防衛

1例目・・・埋却地選定と掘削に手間取り、遺伝子検査により感染疑いを
      確認した翌日に殺処分(29日18:15に殺処分終了)

2例目・・・5月4日午後3時45分、写真判定で擬似患畜と診断
      直後に現地に市職員11人を派遣。
      建設業界と連携し、同日中に全320頭の処分を終えた。
      (その間約8時間)

4例目・・・通常、感染疑い確認後に行う畜舎周辺の消毒作業を前倒し。
      家畜の検体を送付した段階で畜舎周辺に石灰、
      屋根や外壁に消毒薬を散布して、現場封鎖。

●初動が早かった訳

・農家でなく、対策本部が中心となり埋却地選定に当たった。

・役割を分担化した。
  市畜産農林課内で「埋却地掘削は土木技師のいる畑かん係」など
  係ごとに役割を明確にした。 
  消毒薬や資材の調達は蓄積のあるJAが担当。

●市民との情報の共有

・2例目発生時には県発表前に概要を防災無線で放送。
・他の発生例でも無線やチラシで情報を提供。

 市民を発生現場に近づけない措置だったが、不安に駆られた市民からの膨大な電話を減らし、防疫作業に集中する狙いもあった。

●防疫がうまくいった側面として

・畜産農家の集中地で発生せず、
・発生にも十分な間隔があり
・1件の処分頭数が29~320頭と少なかった

201006071_rensai_map

6月7日記事より

市道や農道の通行止め、市内63路線
無線操縦ヘリを使った希釈酢の空中散布
全車両消毒のために県内でいち早く消毒マットを設置
散水車を使った道路の消毒・・・

えびの市は自らの判断で、発生地の自治体としてノウハウ・マニュアルさえ無い中、試行錯誤しながら柔軟な発想と行動力でウイルスの封じ込めにあらゆる手立てを講じた。

●封じ込めの手段

・感染疑いが出た当初、県が設置した消毒ポイントは市東部の3ヶ所。
 防疫指針に基づいた措置だったが不十分と感じ、西諸県農林振興局を窓口に県と連携。
 「発生農場から半径1キロで封じ込める」という防疫の方向性を掲げる

・市内2例目(県内22例目)感染疑い確認した二日後5月7日、発生農家の半径約1キロを「移動制限強化区域」に設定。

 多数の通行止め
 周辺の自主消毒ポイントを計5ヶ所にふやす
 立入りを規制する一方、域内住民が域外に出る際は必ず消毒ポイントを
 通る仕組みとし、全車両の消毒を求めた

●組織的な防疫活動

 ・畜産農家の自発的、組織的防疫

  地域が自主的に運営する消毒ポイントの開設
  農薬散布用トラクターなどを使った希釈酢の域内散布

(山崎記:NHKローカルでは、ある地域では全家が新聞の配達を断り、必要があれば公民館に取りに行く、地域内の郵便ポストを一時的に封鎖、などの措置まで行ったとのニュースがあった)
  

市の防疫対策本部には、道路に設置した消毒マットは事故の危険性を伴い、警察の協力が欠かせないため、えびの署も途中参加した。

不特定多数の集まる事業所は駐車場の入口に石灰を撒くなど協力。

市をはじめ多くの組織、個人が同じ方向を向き、それぞれの立場で行動した。その積み重ねなくして、終息を語ることはできない。201006071_rennsai_photo

6月8日記事より

感染力が強く感染経路も謎の多い口蹄疫。
スピード勝負の防疫対策は国や県の指示待ちでは手遅れになりかねない。
市の対策費用は1億2千万に上ったが、封じ込めには成功した。

えびの市が開設した自主消毒ポイントは13ヶ所
車両用消毒マットは4ヶ所

吉留伸也課長の話
「発生地にならないと分からないことは多い。
 全車消毒のノウハウも無かった。
 10キロ制限も必要だが、より狭い範囲での対応も必要」

「理想は発生農場周辺の皆が1週間くらい動かないことだろう」

市全体の危機意識の醸成も課題に残る。

外出を控えるなどの当事者意識は
「県が非常事態宣言を出すまで薄かった」(吉留課長)

現在、市は関係者の気の緩みを最も警戒。

広報車や臨時広報で農家と市民に消毒継続を求める。

  
関連:2010/06/04口蹄疫・えびの制限区域解除

« 口蹄疫・277~279例目 6/8(火) | トップページ | 口蹄疫・種牛関係記事 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

一億二千万ですか、どこも財政難ですが、その後の経済的打撃を考えると、改めて初期対応の重要性を感じました。まだ口蹄疫は、終わってません。
今一度、確実な消毒方法を確認、実行して、口蹄疫終息へ、国民一丸となってすすみましょう(^O^)/、アジテーションじみた、言い方になってしまった。でも、終息には皆の協力が必要です。新聞等報道機関においても、今一度、正しい知識と実行を呼びかけて欲しいです。
現場の方の健康と、1日も早い終息を祈っています。

最近思うのはお金の問題じゃないです。

お金があっても失われた血は戻らないんです。

似たような遺伝情報の牛は作れても同じものは作れないんです。

その辺の重要性が政府関係者はわかってるんでしょうか。

繁殖・さま

以前、繁殖・さんへのコメントの返事に「えびのには時間と心構えがあった点が川南とは違った」「えびのは川南の様な畜産密集地ではなかった」という様な事を書きました。
しかし記事を読むと、それ以外にも防疫の為の色々な工夫があったのがわかりました。
多分、川南の役場の人達も時間があれば色々と工夫する事もできたのでしょうが、あまりにも続けさまに、爆発的に発生したため、とても手が回らなかったのだろうと思います。
それほど恐ろしいものだとも・・・。

まだまだ安心できません。気を抜かずにがんばりましょう。

お返事ありがとうございます。この時期に不適切かとも思ったのですが。
海外での前例が、あったのですから、私たち畜産業にかかわるものは、口蹄疫に対して、もっと事前の準備をしておかねば、ならなかった。それが、私たちの義務、責任である。
無知や経験不足から、無為にしてしまった命のことを思い起こして、家族である牛たちの命を守ること意外に、私自身の生活を守るすべは、ない。と至って身勝手な視点から、牛さんの安全を確保せねばいけない、と考えてます。
国が県が、足かせになりうることはあります。でも、まず、わたしから!
絶対終息します!させます!長引くと緊張で疲れますよね~。息するみたいに、歯磨きみたいに、消毒を習慣にするぞ!!
一般の方も、協力よろしくお願いします。周りの口蹄疫は自分には関係ないと思ってる人にも、消毒の重要性を語って下さい!

名無しの方へ

ごめんなさい、なんとお返事を差し上げて良いのか・・・
私は5頭の命が救われるのを心から祈っていましたが、事業団に残された49頭については助命嘆願の署名もしませんでした。
優秀な流れを持つ母牛達が殺されていくのに涙しましたが、それでも「仕方がないことだ」と、どこかで何とか割り切るようにしています。

失われたものは大きいけれど、わたしは次を信じます。
宮崎の繁殖農家の力を信じています。
そして彼らが力を出し切るためには、お金が必要だと思ってます。
お金に代えられないものはたくさんあるけど、失ってしまった物の代わりになるのは、今はお金だと思います。

多分、貴方のおっしゃる重要性について政府の方々はわかっていなかったのに違いありません。でも、今回の事で十分に認識してくれたと信じています。いえ、信じたいです。
そして、今はそれを糾弾するより前を見て進むべきだと思っています。
お返事になっていないかもしれませんが・・・・

都城で感染疑いが出ました。(シロの可能性も残されていますが)
まだ終わっていない事を痛感させられました。
とにかく今はできる事をやっていきましょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・えびの口蹄疫終息 検証37日間(宮日より):

« 口蹄疫・277~279例目 6/8(火) | トップページ | 口蹄疫・種牛関係記事 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング