山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・えびの制限区域解除 | トップページ | 口蹄疫・272~274例目  疫学調査チーム現地調査(えびの) »

2010/06/04

口蹄疫・270例目、271例目  特措法に基づく地域指定

農水省 プレスリリース 21:00
アンダーライン:山崎

宮崎県における口蹄疫の疑い事例の270例目、271例目についておよび口蹄疫対策特別措置法に基づく地域指定について

本日、家畜伝染病である口蹄疫の270例目、271例目の疑似患畜を確認しました。
本日、口蹄疫対策特別措置法が施行されました。宮崎県知事からの申請に基づき、車両消毒等の防疫措置を実施する地域を指定しました。
口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
1 疑い事例の概要について

本日、宮崎県児湯(こゆ)郡川南町の農場1件(276頭)において、農研機構動物衛生研究所が実施したPCR検査(遺伝子検査)により、口蹄疫の疑似患畜を確認しました。 また、宮崎県児湯(こゆ)郡新富町の農場1件(43頭)において、飼養牛が、口蹄疫特有の臨床症状を示していると届出があったため、本日、宮崎県の家畜防疫員が、臨床所見から、口蹄疫の疑似患畜と判定しました。
(各事例の詳細については、別添資料をご参照ください。)
2 口蹄疫対策特別措置法に基づく地域指定について

本日、口蹄疫対策特別措置法が公布・施行されました。
本日、宮崎県知事からの申請を受け、口蹄疫対策特別措置法に基づき、
車両等の消毒の義務を課す必要がある地域として、宮崎県全域
患畜又は疑似患畜の死体の焼却又は埋却の支援を行う必要がある地域として、同県の移動制限区域(6月4日時点)を
患畜等以外の家畜の殺処分を行う必要がある地域として、同県のワクチン接種地域を
指定
しました。

3 今後の対応

当該農場の飼養牛・豚の殺処分等の必要な防疫措置について、宮崎県とともに迅速かつ的確に実施します。
従来までの対策に引き続き、今後も、農林水産省職員や都道府県の獣医師等の発生農場や消毒ポイントへの派遣(6月4日までに延べ11,692名を派遣)等を行ってまいります。
防疫措置の詳細については、「宮崎県の口蹄疫に対する防疫措置について(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/syh_soti.html)」をご参照ください。
4 その他

(1) 口蹄疫発生に伴う関連対策の一つとして、殺処分家畜等に対する家畜伝染病予防法に基づく手当金の概算払を実施しており、申請のあったものから迅速に支払いを行っております。
(2)西都市で死亡していた野生のシカについて、念のためPCR検査(遺伝子検査)を行ったところ、陰性を確認しました。
(3)口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。また、感染畜の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、感染畜の肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。
(4)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
(5)本日判明分を含めた合計頭数は、180,323頭(牛32,269頭、豚148,037頭、山羊9頭、羊8頭)です。
(6)過去に発表した各事例の頭数等については、「口蹄疫に関する情報(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html)」内、「発生状況等」で公開しております、「発生事例のリスト」及び各プレスリリースをご参照ください。また、口蹄疫発生に伴う経済的支援の詳細については、「口蹄疫に関する情報(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html)」内、「口蹄疫発生に伴う経済的支援(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/taisaku.html)」等をご参照ください。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
各事例の詳細について(PDF:99KB)


※山崎メモ
「患畜又は疑似患畜の死体の焼却又は埋却の支援」って書かれているのだが・・・
ひょっとして焼却OK?

6/6追記
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/tokusoho_hou.pdf
第五条
農林水産大臣が口蹄疫のまん延を防止するために患畜又は疑似患畜の死体の焼却又は埋却の支援を行う必要がある地域として指定する地域内に存する患畜又は疑似患畜の死体の所有者は、家畜伝染病予防法(昭和二十六年法律第百六十六号。以下「法」という。)第二十一条第一項の規定にかかわらず、当該死体を焼却し、又は埋却することが困難な場合には、家畜防疫員に対し、これらの死体の焼却又は埋却を求めることができる
2 家畜防疫員は、前項の規定による求めがあったときは、当該求めのあった死体を焼却し、又は埋却するものとする。

なんてわざわざ書いてあったので、ひょっとして国は焼却での処理も考えているのか?と考えたのだが・・・・
家伝法にも「焼却・埋却」と書かれているから、単に条文に沿って書いてあるだけみたい。
焼却すれば埋却地も少なくて済むと思うのだが。

« 口蹄疫・えびの制限区域解除 | トップページ | 口蹄疫・272~274例目  疫学調査チーム現地調査(えびの) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・270例目、271例目  特措法に基づく地域指定:

« 口蹄疫・えびの制限区域解除 | トップページ | 口蹄疫・272~274例目  疫学調査チーム現地調査(えびの) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング