山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・160~171例目 5/22  | トップページ | 口蹄疫・ワクチン接種関係ニュース »

2010/05/22

口蹄疫・忠富士感染疑い関連ニュース

宮崎日日新聞

忠富士に感染疑い 残る5頭は経過観察

 県は22日、口蹄疫の感染拡大を受け特例で西都市に避難させた種雄牛6頭のうち「忠富士」の感染疑いを確認したと発表した。

 6頭は県家畜改良事業団(高鍋町)が県内一円に供給している和牛の人工授精用精液ストローの9割を占める本県和牛ブランドの屋台骨。種雄牛49頭はすでに殺処分の対象となっており、県内関係者にとって6頭は「希望の光」だった。

 県は同日、忠富士を殺処分し、農水省と協議の上残る5頭を1週間の経過観察とする方針。また、同日中に仮設牛舎を中心とした家畜の移動制限区域(半径10キロ)を設定する。

asahi.com

口蹄疫感染疑いの忠富士、働き盛り 子牛仕入れ先も打撃 2010年5月22日19時9分

 家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の流行で、特例措置で避難していた宮崎県家畜改良事業団(高鍋町)のエース級種牛1頭に感染の疑いが出て、殺処分が決まった。宮崎から子牛の提供を受けるブランド牛の地元には動揺が広がった。

 口蹄疫の発生を受け、九州・沖縄を中心に子牛の競りが中止延期され、現在ブランド牛の産地への供給が滞っている。しかし、今回感染の疑いが発覚した種牛が処分され、残る5頭にも疑いが出ると、宮崎で子牛の生産そのものが困難になる。宮崎の子牛を仕入れて肥育してきた各地のブランド牛の産地への影響は大きく、高級牛肉の生産システムが変わる可能性もある。

 遺伝子検査で陽性となった「忠富士(ただふじ)」は、働き盛りとされる7歳。5~13歳のエース級6頭のなかでも今年、最も多くの精液の採取が計画されていた種牛だ。

 農林水産省と同県によると、忠富士を含む6頭は同じ牛舎にいたが、それぞれ約2メートルの間隔をあけたうえ、高さ約3メートルの板で壁をつくって隔離していた。管理する担当者は1頭につき1人に限定させていた。

 忠富士については、19日に採取した検体での遺伝子検査で陽性が出たが、発熱や口内のただれなどの症状が見られないとして、翌20日に再度検査を実施。再び陽性となった。現在も目立った症状はないが、食欲がないという。

 6頭が現在いる同県西都市の畜舎は周囲にほとんど農場がない環境のため、忠富士は事業団にいる間に感染した疑いが強いとみられている。

忠富士を含む6頭は避難のため13~14日、トラックで約20キロ運ばれた。特例措置として移動が検討された当時から「万一感染していたら移動によってウイルスを周囲にまき散らすことになる」という懸念が出ていたが、同県は「移動直後の遺伝子検査では陰性で、現在も症状がなく、ウイルスはほとんど排出していなかったとみられる」と説明している。

 忠富士を特例で避難させたことで、移動先の畜舎の半径10キロ圏内にある2農場が今回、移動制限範囲に入り、ワクチン接種・殺処分となる可能性がある。同県は「大変申し訳ない」としている。(大谷聡)
http://www.asahi.com/national/update/0522/TKY201005220122.html
http://www.asahi.com/national/update/0522/TKY201005220122_01.html

産経

【口蹄疫】種牛感染疑い「日本の畜産だめになる」…全国のブランド牛に打撃 
2010.5.22 20:29
 口蹄(こうてい)疫の感染拡大は、全国的に評価の高い宮崎の子牛を生み出してきた種牛にもおよんでいる。子牛は全国で肥育され、三重「松阪牛」など各地のブランドを背負って流通している。仮に血統が絶えることになれば、県内だけでなく全国のブランド牛に与える影響は大きい。
(高橋裕子)
 宮崎県では、県家畜改良事業団で「宮崎牛」の種牛を管理し、県内の生産農家のみに試験管入りの冷凍精液を販売している。農家は人工授精でできた子牛を全国に出荷し、飼育期間が最も長い地域が産地となる。
 ブランド牛はそれぞれに条件があるが、松阪牛の場合、松阪市など指定地域での飼育が最終、最長であること。松阪牛の子牛のルーツの4割は宮崎産だ。
 冷凍精液は1年分の在庫があり、誕生から出荷までは2年以上かかることから、すぐに松阪牛が品薄になったり、価格が高騰することはない。だが、競りの中止で宮崎県から新たな子牛が入らなくなっているため、将来的には価格に影響してくる可能性がある。
 感染の疑いが判明した「忠(ただ)富士」を惜しむ声も多い。三重県松阪市の瀬古食品の社長、瀬古清史さん(61)は「忠富士の子牛は肉質が良く、健康で育てやすい。3拍子も4拍子もそろっていた」と嘆く。飼育する松阪牛約500頭のうち200頭ほどの父親が忠富士だ。
 宮崎県畜産課によると、忠富士は事業団の冷凍精液のうち2割の3万本を担い、人気も高いが値段も1本4千~5千円と高値。単純計算で年間1億以上を稼ぐ上に、子牛がブランド牛に育つとなると「値段が付けられないほど価値が高い」という。
 種牛は長い年月をかけ、良い血統同士をかけあわせてつくられた特別な牛だ。種牛だけでなくその子牛の質を見極めた上で種牛と認定されるため、新しい種牛をつくるには少なくとも7年はかかる。事業団が育成中だった次世代を担う種牛候補もすべて殺処分対象となっている。瀬古さんは「早く終息しないと日本の畜産がだめになってしまう」と話している。

読売新聞

残る種牛5頭も感染可能性、10日間経過観察

 宮崎県の口蹄疫問題で、県は22日未明、西都市に避難させていた主力級の種牛6頭のうち、遺伝子検査でこれまで陰性だった5頭についても感染の可能性が高いとして、検査を続けながら10日間の経過観察を行うと発表した。

 5頭は、すでに感染が判明した1頭と同じ畜舎で飼育されてきた。松阪牛といった全国の高級ブランド牛を支えてきた宮崎の種牛が絶える恐れが出てきた。

 記者会見した県農政水産部の高島俊一部長らによると、感染が判明した「忠富士
ただふじ
」には、すでによだれが出るなどの症状が出ているという。22日中に殺処分される見込み。残る5頭はこれまで4回の遺伝子検査を受けており、直近の20日に採取した検体は陰性だった。

 家畜伝染病予防法では、忠富士と同じ畜舎にいる5頭は本来、殺処分の対象になるが、処分すれば宮崎のブランド種牛がいなくなることから、県は特例として21日から10日間の観察期間を設けた。経過観察期間の初めの1週間は、毎日、遺伝子検査を実施する。

 今後の見通しについて、記者会見に同席した同部の押川延夫次長は「(忠富士以外の)ほかの種牛も厳しい。感染していれば宮崎牛は壊滅だ。深刻な事態になった」と説明。山田正彦・農林水産副大臣は22日朝、読売新聞の取材に対し「赤松農相や知事と協議するが、殺処分もあり得ないわけではない」としている。

(2010年5月22日 読売新聞)

MRT

東国原知事が種牛の処分取消求める  (05/22 21:26)

口蹄疫問題で、東国原知事は、症状の出ていない種牛49頭について処分方針を見直すよう国に求める考えを示しました。
(東国原知事)「種雄牛が1頭もいなくなるという状況は、日本の畜産の壊滅的な打撃、被害は甚大なんです。
県としては、この財産は残したいという思いはある。」
東国原知事が処分の対象から外すよう求めているのは、家畜改良事業団で管理している種牛49頭で、処分対象に決まっていながら、口蹄疫の症状は出ていません。
東国原知事は、処分の取り消しを求めて国と協議を進めていく考えです。
これに対し、現地対策チームの山田農林水産副大臣は、「特例を認めてよいとは思っていない。
大臣と相談したい」としています。


なお、NHKの夜のニュースによると
忠富士は本日殺処分

本日NHKより取材希望の電話。
マスコミの取材は電話以外はどんな形であれ断る。
なお、NHKニュースでの忠富士に関する情報(増体・肉質の安定など)は当方が提供。

« 口蹄疫・160~171例目 5/22  | トップページ | 口蹄疫・ワクチン接種関係ニュース »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・忠富士感染疑い関連ニュース:

« 口蹄疫・160~171例目 5/22  | トップページ | 口蹄疫・ワクチン接種関係ニュース »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング