山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・233~238例目 | トップページ | 口蹄疫農相来県関係記事 »

2010/05/31

口蹄疫・種牛49頭の殺処分

種牛49頭の殺処分に着手

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫」問題で、県は31日午前、同県高鍋町の県家畜改良事業団で管理している種牛49頭の殺処分を始めた。

 同日中に事業団近くの県有地に埋却する。これで県が管理する種牛は、同県西都市に避難させている主力級5頭だけになる。

 49頭は次世代を担う若い種牛が中心。最高品質の子牛約22万頭を生み出し、現在は引退している全国屈指の種牛「安平やすひら」もいた。

 事業団は主力級を含む55頭の種牛を一括管理していた。今月13日、主力級6頭(1頭は感染後に殺処分)を西都市に避難させた後、事業団内で別の肥育牛の感染が判明し、残っていた49頭は家畜伝染病予防法上の殺処分対象になった。

 県は「貴重な種牛が絶えてしまう」として、49頭の殺処分回避を検討していたが、28日、うち1頭が口蹄疫の症状を発症し、急きょ方針を転換した。

 主力級5頭については、県が毎日、ウイルス検査を行って経過観察している。29日に採取した検体は陰性だった。検査は、6月4日採取の検体まで毎日続ける。

(2010年5月31日10時20分  読売新聞)

Photo

上の写真は2007年県共進会でグランドチャンピオンになった高鍋農業高校の牛です。(写真提供:月野さん)
この子も、この子の子供達も殺処分されました。

関連記事はこちら
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=26726&catid=74

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=26778&catid=74

種雄牛ばかりでなく、これからを担う多くのお母さん牛達も犠牲になっています。

残された5頭を、これらのお父さん、お兄さん、お母さん牛達がずっと見守っていてくれますように・・・・

« 口蹄疫・233~238例目 | トップページ | 口蹄疫農相来県関係記事 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

センム毎日ブログ更新お疲れ様です
今日は、とうとう49頭殺処分されましたね
仕方ないと思いますが、悔しいです。
全部で50頭、畜産王国の礎
先ほど馬頭神に行って手を合わせて50頭の冥福を祈って来ました。
残された5頭の無事祈りつつ
来月4日までは長いですね

今日一日落ち着きませんでした

知事の無念の涙を思い出し、絶対にやってやると思いました。

種牛達の生産者の方々は本当に無念のことと思います。

今晩は静かに冥福を祈りながら杯を傾けることにします。

どうか残された種牛達をお守りください

名無しさん・ブンリン君

絶対に5頭は、今まで犠牲になってくれた牛さんたちが守ってくれると信じています。
うん、ぜったい。

なんというか(-_-;)


わかっていた結果とは言え、凄く落ち込みました


殺処分せねばならない理由もわかります

法律を少しだけかじった身分からも規則を守らなければならない理由もわかります


感情抜きには語れないのです


間違いなく彼らは救えたはずです


今日という日を忘れることはないでしょう

農家として、一人の人間として、彼らの冥福を祈りましょう

そして、これから産まれてくる候補生たちを見守っていきましょう。

昨日、殺処分の報を聞いてから、
ため息しか出ません。
5頭に奇跡を信じています。

しんさん

確かに彼らを助けられる手段はあったはずです。
(助命嘆願とかでは無くて)
すごくすごく辛い経験だけど、他県が早々と種牛の避難や分散しての飼育などリスク管理をしてくれた事で、彼らの死も無駄では無かったと思いたいです。

名無しの方へ

本来、名前を書かれない方にはお返事は差し上げない事にしているのですが・・・・繁殖農家の方でしょうか?

繁殖農家の方々の種雄牛に対する思いは、私たちのような肥育専門の者には、とうてい及ばないくらいに強いものでしょう。

おそらくあなたの様に、ため息ばかりついたり、涙が止まらなかったり・・・そんな人が大勢いらっしゃるはずです。

彼らがいなくなってしまったのは本当に辛くて、悲しくて、そして宮崎の和牛の世界にとって、ものすごい痛手です。

何度でも書きます。
私は宮崎の底力を信じています。
時間はかかるかもしれないけど、新しい、すばらしい種牛や繁殖牛や素牛を作ってくれると信じています。

今は彼らの冥福を祈り、5頭の無事を祈りつつ防疫に励みましょう。
いつまでも泣いていては、落ち込んでいては犠牲になってくれた牛さんや豚さん、その飼い主だった人達にも、50頭の種牛達にも合わせる顔がありませんから。

でも・・・時々は愚痴を言ったり弱音を吐くのも必要ですよね。
いつもいつも気を張り詰めてばかりはいられませんから。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・種牛49頭の殺処分:

« 口蹄疫・233~238例目 | トップページ | 口蹄疫農相来県関係記事 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング