山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・225~232例目(5/29 土) | トップページ | 肉の日なので焼肉 »

2010/05/30

口蹄疫・種牛関連記事

アンダーライン:山崎

生産者団体、種牛5頭処分求める 口蹄疫で避難のエース級
2010/05/29 17:34 【共同通信】

 全国肉牛事業協同組合と日本養豚協会は29日、都内で記者会見し、口蹄疫問題で宮崎県に対し、現在特例措置で避難させているエース級種牛5頭の殺処分を求める意向を明らかにした

 5頭にも感染の疑いが否定できないためで、日本養豚協会の志沢勝会長は「種の保存よりも(確実な封じ込めで)日本の畜産業界を守ることの方が大事だ」と訴えた。

 避難しなかった49頭の種牛について、同じ農場から感染牛が出たのに宮崎県が延命を求めたり、その後の発症を国に報告しなかったりしたことも批判。「犠牲を強いられた生産者及び全国の生産者に対する裏切りで、疫学上あり得ない言語道断の行為」と非難した。

 県が保有する宮崎牛の種牛が全滅した場合の影響に関しては、全国肉牛事業協同組合の山氏徹理事長は「種牛は民間にも国にもいる。(感染の疑いがある牛がいる)今の状態では宮崎に牛を買いに行けないという声も寄せられており、残すことは長い目で見て宮崎の畜産のためにならない」と強調した。


生産者団体 報告遅れに抗議文
NHK 5月29日 19時23分

宮崎県で「口てい疫」の感染が広がっている問題で、全国の牛や豚の飼育農家などでつくる団体は、県が処分を見送っていた49頭の種牛の一部に発熱などの症状が見られたのに農林水産省への報告が遅れたことについて、感染の拡大につながりかねない行為だとして宮崎県に抗議文を送りました。

抗議文を出したのは、肉用牛の生産者団体で作る「全国肉牛事業協同組合」と養豚業者でつくる「日本養豚協会」です。2つの団体は、29日に東京都内で記者会見を開き、口てい疫の問題について、「感染が広がったのは、宮崎県が発生当初に消毒を徹底するなどの対応を迅速にとらなかったためだ」と指摘しました。そのうえで、抗議文では、処分されることになっている49頭の種牛のほか、特に価値が高いとしてほかの家畜と離れたところに隔離されている種牛5頭も感染しているおそれがあり速やかに処分するよう求めています。また、処分を見送っていた49頭の種牛の一部に発熱などの症状が見られたのに農林水産省への報告が遅れたことについては、感染の拡大につながりかねない行為で、飼育している家畜を処分せざるをえなくなっている現地の生産者などへの裏切りだとして、宮崎県に対し断固抗議するとしています。2つの団体では抗議文を宮崎県に送るとともに、感染したおそれのある種牛の処分を急ぐよう農林水産省にも要請しました。


「全種牛 迅速処分を」畜産3団体、宮崎県に抗議

 宮崎県の口蹄疫問題で、「全国肉牛事業協同組合」と「日本養豚協会」、「みやざき養豚生産者協議会」の3生産者団体が29日、同県が主力級の5頭など種牛54頭をいまだに殺処分しないのは、感染を拡大させる恐れがあるとして、同県に抗議文を、農林水産省に要請文を提出した。速やかな全種牛の殺処分を求めている。

 全国肉牛事業協同組合は大規模農家を中心に約700業者が加盟し、頭数では全国の3割近くを占めるという。日本養豚協会には約2000業者が加盟している。記者会見した全国肉牛事業協同組合の山氏徹理事長は「宮崎の種牛がいなくなっても全国の畜産は成り立つ。殺処分されている畜産農家と同じ対応をとるべきだ」と述べた。

 東国原英夫知事あての文書では、主力級種牛を特例避難させたことや、49頭の一部が発症したことを速やかに国に報告していなかったことを批判。「国に報告しなかったことは、殺処分などの犠牲を強いられた生産者への裏切りで、疫学上あり得ない行為」としている。

 主力級5頭は殺処分対象だが、特例で経過観察している。

口蹄疫問題で避難の種牛5頭、農家無事を祈る  日経 2010/5/29 11:54

 口蹄疫問題で、宮崎県が避難させたエース級の種牛5頭を関係者がじっと見守っている。同じ場所に避難した忠富士が処分され、28日には県が特例救済を求めていた種牛49頭に感染疑いが発覚。”育ての親”の農家は「何とか助かって」と、宮崎牛ブランドを守る「最後のとりで」の無事を祈った。

 県が6月上旬まで経過観察としているのは美穂国、秀菊安、勝平正、安重守、福之国の5頭。忠富士も含め、宮崎県の年間の精液提供約15万本の9割を担い、畜産王国の屋台骨を支えてきた。

 「とにかく無地を祈るしかない」。美穂国を育てた宮崎市の穂並典行さん(73)は、悲痛な声を漏らす。育てるのに5~7年かかり、8歳ぐらいで最盛期を迎える種牛。6歳の美穂国は「まさにこれからという時」だ。

「わたしは年だからもう畜産をやめてもいい。でも、これからをになう種牛は何とか生き残って欲しい」

 伝説の種牛として名高い安平の精液を使って2003年に生まれた秀菊安。育ての親、鎌田秀利さん(46)=串間市=が、安平と自分の名前から一字ずつ取って名付けた。小さい頃から端正な顔立ちが印象的。「顔のバランスが良い牛は、体のバランスもよくなる」と将来を期待した。

 昨年、秀菊安の精液で産まれた子牛が、JA宮崎経済連の品評会で高い評価を受けた。「これからの宮崎牛のけん引役になると思っているのだが・・・」と無事を願う。

 勝平正を育てた永田清香さん(74)=都城=は「避難先へのトラックの移動では、忠富士の隣にいたと聞いた。勝平正も(口蹄疫に)かかっているんじゃないかと思う」と声を落とす。

 生まれた時から体が大きく、いい種牛になるとの予感があった。最近、精液の供給を受けた肥育農家から「生まれた子牛は体が大きく、肉がたくさん取れる」と聞かされ、喜んだばかりだ。

 「どこからウイルスがクル化わからない。もはや止めようがない。」永田さんは覚悟したようにつぶやいた。{共同}
(2010年5月30日 読売新聞)


優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察

 宮崎県と農水省は28日、口蹄(こうてい)疫の感染防止のため、特例的に避難させていた優良種牛5頭に対する遺伝子検査期間を、6月4日まで延長すると発表した。県は引き続き毎日検査を実施、経過観察することになった。当初、期間は28日までと設定していた
 避難していた優良種牛は6頭だったが、その中で最優秀とされた「忠富士」1頭に感染の疑いが出て殺処分された。緊急事態に、県は残りの5頭について毎日遺伝子検査を実施。最新では27日の検体で異常がないことが確認されている。
 また県は、家畜改良事業団の別の種牛49頭のうち2頭に口蹄疫に似た症状が出たことについて、1頭は風邪だったことを明らかにした。2~3日前からの発熱症状に関して28日まで報告がなかったことに、農水省内には「異常があればすぐに報告してもらいたかった」(消費・安全局)との声があったが、県側は法令上は問題ないと説明した。東国原英夫知事は28日、早急に49頭を殺処分すると表明している。県は殺処分の回避を一時模索し、処置が遅れていた経緯がある。(時事通信 2010/05/28-21:45)


10万頭を殺処分、ワクチン完了…宮崎副知事

 宮崎県の口蹄疫問題で、河野俊嗣副知事は29日、発生農場で行っている殺処分の1日当たりの頭数が、これまでの3000~4000頭から8000頭に増え、対象の約15万5000頭のうち、10万頭の処分が終わったことを明らかにした。

 種牛について県は29日、経過観察中の主力級5頭から28日に採取した検体は、ウイルス検査で陰性だったことを明らかにした。

 県家畜改良事業団に残っている種牛49頭については、29日中に殺処分する予定だったが、着手できなかった。県関係者によると、埋却地を検討しているが、一般農家の埋却を優先すべきだとの反発が起き、周辺自治体との調整が難航。同日夜になって、事業団近くの県有地に埋却することで周辺住民の合意が得られたという。30日にも処分する予定。

(2010年5月30日01時57分 読売新聞)

« 口蹄疫・225~232例目(5/29 土) | トップページ | 肉の日なので焼肉 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

今日31日の知事ブログに知事は本音を言ってます。

自分も「なぜ全肉協の山氏理事長がこんな発言と行動をとったのか?」疑問です。

種雄牛の発症についても熱を出して経過観察だったと思います。

政府も殺処分すべきとの見解を出していて、報告がない、というのは確かにおかしい。
発症しても、しなくても殺処分でしょう?
発症しなかったら助けてくれたんでしょうか?

みんななんだかおかしくなってませんか?
やっぱり宇宙人なんかなぁ・・・。

ブンリン君

ごめん、返事を書くのに時間がかかった。
ブンリン君には誤解されたくなくって、一生懸命考えたから。

6頭の移動についても反対する方がいるのはブンリン君も知ってるよね。私も以前「口蹄疫が他所の県で発生して、感染しているかもしれない種牛を県境に持って来られたら同じ事を言う」という様な事を書きました。
協会にもそういう人がいるって事だと。
もちろん、色んな意見の人がいるわけで。

大まかに分けると・・・

①6頭の移動が何が何でも許せない。
②6頭の移動は許せないけど、種牛がいないと困るのはわかる。
 だから取りあえず、経過を見よう。
③6頭の移動は法律上は許せないけど、生産者の気持ちはわかる。
 良いじゃないか、特例があっても。
④よくぞ6頭を守ってくれた。種牛は宝だ。

こんな考えがあると思うのよ。

6頭の内の忠富士が感染疑いで殺処分された時
①の人は「そら、見たことか」「残りも早く処分しろ」と思ったと思う。
②の人は「やっぱり出たか、残りは処分」という人と
    「国が経過観察を許してるんなら残りの牛の経過を見よう」
    という人がいたと思う。
③④の人は「何としても残りを守って欲しい」と。

ところが事業団の牛にも感染疑いが出たわけで・・・・。

①の人は「事業団の牛も残り5頭も殺処分!」
    「事業団に出たのなら、残り5頭位は残さないと大変」
    この二つに分かれたかもしれないなと思う。
②の人も同じような考えに分かれたのではないかな?

ここでまた「ところが」!
処分されていたはずの49頭が生きていました。
さらに県は「49頭にも特例を認めて!」

①②の中の「残り5頭位は残さないと大変」と思っていた人も
③の「いいじゃないか特例があっても」と思っていた人も
「何、やってたんだ?何考えてるんだ、宮崎は?!」ってなるのは当然だと思うわけです。

これじゃ宮崎の和牛業界の復活を望んでいた人達が「裏切られた」と思っても仕方がないと思うわけです。

宮崎の防疫に対する不信感が生まれても仕方が無い事を県(事業団?)は、してしまったと思うのです。

そういう人達の意見や宮崎に対する不信感を肉牛事業協同組合にしても、何らかの形で表明せねばならなかったのではないでしょうか?

知事のブログも読みましたが、冷たい言い方をすれば「県の事しか考えてない」とも取れます。
彼が和牛の農家のために49頭を守ろうとしてくれた事は嬉しいけれど、そのせいで他県の信用も失いかねない事に気が付かなかったのかとも思いました。

49頭に関しては、ブンリン君もすでに処分されていたものと考えていませんでしたか?
私は、そう思っていましたから残り5頭を何としても守って欲しいと、守らねばならないと思っていました。

49頭について、殺処分が遅れた理由は色々あると思います。
豚の処理を先にせねばならなかった、
埋却するのに近隣の住人の理解が得られなかった、などなど。

遅れたのは仕方がないにせよ、もう一度「特例」を願い出るのは間違いだったと、私は思っています。

センム、アホな自分に分かりやすい説明、ありがとです。
よく理解できました!

自分も49頭について、最初から殺処分は仕方ないと思ってました。

同じ敷地内にいるんだから、感染防止はどうあがいてもムリって思いましたもん。

殺処分の時期についてはギリギリまで粘るのはありかな?って思ってました。
(精液採取を陰でやっていて欲しいんですけど・・・。)
安平じいちゃんと福桜じいちゃんを一日でも長く生かして欲しかったのもありました。

知事、県の再度特例ってのは農家補償のイニシアチブを握られている以上、絶対やってはいけなかった、と強く思います。

ってことでセンムと同じ考えですよ。

ん〜このコメント「思」って字ばっかですね。

ブンリンさん、センム様のおっしゃる通りかもしれませんね


僕も既に安平、福桜が亡くなっているものとばかり思っていて、ブログに感傷的に書いてしまったもので(-_-;)


感情的な問題として知事は県の畜産農家を最優先したのだと思います


嬉しいことではあるのです

豚の殺処分を優先したというのもあるのかもしれません


協会のかたも騙されたと感じた方もいらっしゃったでしょうし(-_-;)


でも残りの五頭はなんとしても守ってほしいという気持ちも強く(-_-;)

うーん(-_-;)

難しいですね(-_-;)

でもこれで要請はしやすくなったのかなと感じてはいます

今日は馬頭観音にいってきます

彼らの冥福を祈っても罰は当たらない

ブンリン君、しんさん

まとめてお返事です。ごめんね。

まぁ書いたのは私の想像に過ぎないのだけれど。
やはり協会に対して色々言って来た人がいたのでは?と思います。
(ホント「思」って字が多いね)
協会にしても普通なら見過ごしてはいけない事例でしょうし。
豚の人も良い気持ちはしないでしょうし・・・。

今回は県への抗議と、国への要請で、あとは農水省の判断に任されるわけですが。
何とか5頭の無事でありますように!

うん。彼らの冥福は祈らねばなりません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・種牛関連記事:

« 口蹄疫・225~232例目(5/29 土) | トップページ | 肉の日なので焼肉 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング