山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・127~131例目 5/18 | トップページ | 口蹄疫・10㌔圏内全頭殺処分 »

2010/05/19

口蹄疫・宮崎大 後藤義孝教授に聞く(宮日)

宮崎日日新聞 5/19 (全文・但し山崎が改行を加えた部分あり)

感染スピード想定以上
 防疫体勢見直す時期

 感染拡大に歯止めがかからない口蹄疫。感染が広がった原因や今後の防疫体勢について、家畜の伝染病に詳しい宮崎大学農学部獣医学科の後藤義孝教授(獣医微生物学)に聞いた。(聞き手 報道部 新坂英伸)


 ―感染はなぜここまで拡大したのか

後藤:川南町は牛や豚の飼育農家数が多い。ウイルスが想定以上のスピードで広がり、初期段階で抑えこむ事ができなかった。10年まえに宮崎市で発生したケースは、家畜の飼育農家が密集していなかった点やウイルスの感染力などで、今回とは発生した環境や条件などが異なる。

 豚が口蹄疫に感染したのも、急速に広がった原因の一つ。豚は農場での飼育数が牛に比べてけた違いに多く、感染の広がりも早い。殺処分の対象になっても埋却地が見つからず、生きている豚がいることも問題。豚が感染した場合、「牛よりもウイルスを外部へまき散らす恐れがある」という研究結果も出ている。


 ―これまでの防疫体勢を振り返って。

後藤:発生から1ヶ月しても感染の拡大が止まらないため、これまでの防疫体勢を見直す必要がある。豚が口蹄疫に感染するのは全国で始めて。殺処分の対象となる頭数が多いため、牛と同じように殺処分して埋却する方法が適切なのかなど、国や県、専門家を交えて見直す時期に来ている。


 ―今後、感染を防ぐための方策は。

後藤:殺処分に当たる獣医師や消毒作業に当たる行政関係者、ボランティアなどさらに多くの人数が投入されていく。こうした人員に適切に指示を出し、作業効率を上げていかないと感染を食い止められない。

 殺処分が終わった農場でも、ウイルスがなくなるまで消毒を続けるなど、農家の役割は大きい。殺処分の対象になった農家は、精神的に追い詰められている。専門家によるカウンセリングなど、農家の心のケアも重要だ。 

« 口蹄疫・127~131例目 5/18 | トップページ | 口蹄疫・10㌔圏内全頭殺処分 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

 報道規制がされ、正確な情報が流れなかったのが、家畜改良事業団の種牛感染辺りから、急に報道され始めました。
 口蹄疫の発生源は水牛に濡れ衣をかぶせている様に思えます。
 ある牧場で、3月中旬から感染していたとネット上にもありましたが、真相はこのまま、闇に葬られるのではないでしょうか?

自分もある牧場が3月中旬に感染していたと聞きました。真実ではないのですか!?

差し出がましいようですが・・・

こちらのブログは会社名も出していらっしゃるし、不確定情報についてのコメントはされないほうが良いのでは?

見る人が見ればどの牧場の事を言っているか想像がつくわけですよね?
コメントを見た方たちはこちらのブログでの情報(こちらのブログがコメントを容認しているかのように)と捉える可能性があります。

ネットでは・・・とか 真実は・・・とか

これから分かることじゃないんでしょうか?

ワクチン接種が決まったことご存知ですよね?
今の宮崎の牛飼いの気持ち、分かってくださいませんか。

ド素人が失礼いたしました。

牛飼いの嫁さん

そういうことです。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・宮崎大 後藤義孝教授に聞く(宮日):

« 口蹄疫・127~131例目 5/18 | トップページ | 口蹄疫・10㌔圏内全頭殺処分 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング