山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・種牛49頭の殺処分 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 5/31(月) »

2010/05/31

口蹄疫農相来県関係記事

アンダーラインは山崎

農相、東国原知事に陳謝「感染拡大 申し訳ない」

 赤松農相は30日、口蹄疫の感染が拡大している宮崎県を訪問し、県庁で東国原英夫知事と会談した。知事は、移動制限区域内(半径10キロ)の家畜の移動を特例として認めるよう農相に要請した。知事は「農家ごとに殺処分を行うより、家畜を一括処理した方が効率的」と説明。農相は検討に前向きな姿勢を示した

 会談で農相は「感染を広げてしまい申し訳ない」と陳謝。感染疑いの家畜については、「1日1万頭を目標に、今週中に処分を完了してもらいたい」と要望した。

 知事は、埋却地不足に悩んできた川南、高鍋町などで用地確保のめどが立ってきたと説明、「埋却候補地に家畜を集め、まとめて処分した方が早い」と特例適用を求めた。農林水産省は、ワクチン接種後の殺処分について特例を認めるかどうか検討する。

 家畜伝染病予防法によると、感染拡大防止のため、同区域内の家畜は畜舎から出すことができない。このため獣医師らが各農家を回って処分している。一括処分は、西都市が独自に検討。生きたまま運べることで運搬の労力が軽減でき、獣医師の作業効率向上などのメリットもあるという。

 また、知事は会談で、処分家畜に対する補償の評価基準を近くまとめることも伝えた。肥育牛や豚は市場相場で、繁殖用の雌牛や酪農牛、母豚は血統や購入価格、月齢などから算定する。県は補償を含む新たな支援事業費を約400億円と見込み、6月議会に補正予算案として提案する予定。

(2010年5月31日 読売新聞)


赤松農水相が宮崎入り 「感染拡大、申し訳ない」
2010年5月30日20時8分 asahi.com

 赤松広隆農林水産相は30日、家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の被害が広がる宮崎県を訪問し、県庁で東国原英夫知事と意見交換した。冒頭、赤松農水相は「残念ながら(感染や感染疑いの家畜の)数そのものは抑え込むことができず、その点は本当に申し訳なく思っている」と謝罪。その上で感染拡大や流行を防ぐため、1日1万頭をめどに1週間以内に殺処分を終えるよう求めた。

 意見交換は約20分間で冒頭のみ公開された。感染拡大について、赤松農水相は「私どもの力不足があったと思う」と語った。一方で、これまでの対策については「間違っていない。むしろ徹底してやれるかどうかだ」と強調した。

 会談後、赤松農水相は、殺処分を終えていない牛や豚が5万5千頭いるとし、「今日の一番の主眼。やろうと思えば1日1万~1万2千頭は処理できる。今週中に終わらせてほしい」と県に急ぐよう求めたことを明らかにした。

 一方、東国原知事は謝罪について「真摯(しんし)に受けとめていただいた」。また、1日1万頭ペースの殺処分については「ワクチンがほぼ打ち終わった。その人員や資材を殺処分や埋却の作業に充てられる。スピードはこれから増すと思う」との見通しを示した。

 その後、赤松農水相は口蹄疫発生地域の一つ、同県新富町を訪問。土屋良文町長は声を震わせて、「(日本の畜産を守るためワクチン接種が必要だと)農家は涙を流して注射を打っている。その思いをしっかり受け止めてください」と訴えた。

 赤松農水相は「農家が安心できるよう、農家の立場に立った人が家畜の補償評価をするようにしたい」と応じた。

似患畜、週内処分を 農相来県し知事に要請 (宮日 2010年5月31日付)

 赤松広隆農相は30日、口蹄疫対策で来県し、東国原知事と会談した。この中で、赤松農相は殺処分、埋却を終えていない疑似患畜が約5万5千頭に上ることに懸念を示し、週内に作業を終えるよう要請した。また、「結果的に感染が拡大したことをおわび申しあげたい」と陳謝した。

 会談後、赤松農相は難航している殺処分、埋却作業について「疑似患畜の殺処分を終えないと、ワクチンを接種した家畜の殺処分に入れない。獣医師や自衛隊は十分いるので、最低でも1日1万頭の殺処分を目標にしてほしい」と、県に週内の作業完了を求めたことを明らかにした。

 東国原知事は記者団に対し「作業の効率化のため、生きている家畜を埋却地へ移動させて殺処分できるように移動制限の緩和措置を大臣に要望した」と述べた。埋却地については、川南、都農、新富町などである程度の目安がついたと説明した。

 また、赤松農相は28日に成立した口蹄疫特別措置法は6月4日に公布され、即日施行されるとの見通しも示した。

 その後、赤松農相は宮崎市佐土原町にあるワクチン接種農家を視察し、新富町役場で土屋良文町長と意見交換した。土屋町長は家畜の時価評価について具体的内容を示すことを求めた。赤松農相の来県は10日に続き2回目。


現場農家、職員ら不信感 赤松農相来県
(宮日 2010年5月31日付)

 口蹄疫発生から20日後に本県を訪れ、批判を浴びた赤松広隆農相が30日、2回目の来県を果たした。

 農相はワクチンの接種農家を訪れ、再開までの支援を約束したが、これまで農家への配慮を欠いた言動を重ねてきただけに、不信感をぬぐえない関係者も残る。県に対し、1週間以内に疑似患畜の殺処分と埋却を終えるよう求めたが、作業現場からは「これ以上のペースアップは不可能」と憤る声も聞かれた

 赤松農相は殺処分される種雄牛「安平」の生みの親でもある宮崎市佐土原町の繁殖農家永野正純さん(61)宅を訪問。JA宮崎中央佐土原支店、繁殖牛部会の役員ら7人も同席し、「私たちは(発生地域とは)一ツ瀬川を挟んでおり、1頭の疑似患畜も出していない。感染拡大を防ぐため、補償金額の提示もないままワクチン接種を受け入れた。埋却地の確保や再建までの生活費、経費は国の責任で十分な支援を」と求めた。西都市に避難している種雄牛5頭に関しても「5頭がいなくなると経営を再建する意欲がなくなる」と訴えた。

 赤松農相は「全力で対応に当たる」と応じたが、口蹄疫対策について「反省するところはまったくない」、県家畜改良事業団の種雄牛49頭の1頭に感染疑いが出た際には「だから早く殺せって言ってるのに」と述べるなど、農家の感情を逆なでしてきた経緯がある。出席した男性は「今回の訪問で私たちの気持ちを理解し、本当に頑張ってくれるのか分からない」と信じ切れない様子だった。

 また、東国原知事との会談で、週内に疑似患畜の殺処分、埋却を終えるよう求めたことに反発の声が上がる。連日、埋却作業に従事する川南町職員は「暴れる牛と豚を追いやって殺処分するのがどれほど大変なことか大臣はまったく分かっていない。経験とコツが必要で誰でもできる作業ではない」と憤る。

 新富町役場での意見交換で土屋良文町長は赤松農相に対し、「農家は涙を流し(ワクチン)注射をするんです。農家の訴え、この思いをしっかり受け止めてください」と涙ながらに農家の思いを代弁した。


農相 宮崎入り 口蹄疫 駆け足訪問 地元不満

 「何のために来たのか」。宮崎県の「口蹄疫(こうていえき)」問題で、30日に宮崎入りした赤松広隆農相に対し、現場は冷ややかな視線を送った。滞在わずか6時間の“駆け足訪問”被害が集中している川南(かわみなみ)町長には、面談の要請さえなかった。県庁では被害拡大への謝罪の言葉を述べ、全面支援を約束した農相だが、地元からは「もっと現場の声を聞いてほしかった」と憤りの声が相次いだ。

 「農家は涙を流して(牛、豚にワクチンを)注射している。この思いを受け止めてやってください。それだけです。大臣、お願いします」

 県庁で東国原英夫知事らと会談後、赤松農相が訪れた新富町役場。土屋良文町長は、農相が「ここが南の防波堤。何とか(感染を)止めてほしい」と話す言葉をさえぎるように、声を詰まらせながら訴えた。

 赤松農相は2回目の宮崎入りだが、2市5町の感染発生地訪問は初めて。その唯一訪れた新富町でも、町長と15分程度意見交換しただけで引き揚げた。

 「せっかく来るなら関係する首長を集めて、特措法を直接説明してほしかった」。面談の打診もなかったという川南町の内野宮正英町長は憤る。県庁で農相は「与野党一致して特措法を成立させた」と胸を張ったが、連日対策に追われる内野宮町長は「法律はできても、実務は市町村。物事を進めるには農家の理解が必要なのに、痛みが分かっているのか」と突き放した。

 赤松農相は新富町入りする前に、ワクチン接種を終えた宮崎市の畜産農家に立ち寄り、現状や要望を聞いたという。

 高鍋町の畜産農家の男性(57)は「いまさら来て何になるのか」と痛烈に批判。「農家は無念でならないんだ。現地に入るなら、一人一人に声を掛けてくれないと心は通じない。たくさん言いたいことがあったのに…」と悔しさをにじませた。

=2010/05/31付 西日本新聞朝刊=


赤松農相、来県 畜産農家「再建支援を」 感染拡大に厳しい声も /宮崎
(毎日jp)

 口蹄疫(こうていえき)問題で、赤松広隆農相が30日、宮崎入りし、県の対策本部やワクチン接種を受け入れた農家などを激励した。赤松農相の来県は10日以来2回目。しかし、昼過ぎに来て、夜には東京にとんぼ返りという慌ただしいスケジュールに、最大の感染地・川南町の畜産農家からは「現場に来て、被害の実態を知ってほしかった」と不満の声も上がった。【蒔田備憲、小原擁】

 赤松農相は県庁で東国原英夫知事らと会談の後、宮崎市佐土原町に足を運び、ワクチン接種をした農家の人たち約15人と意見交換をした。「何でここまで感染が広がったのか」と詰め寄る農家もあったという。

 川南町で殺処分された豚の埋却作業をしている養豚業、遠藤威宣さん(56)は「現場でしか分からないこともある。被害が大きい川南まで来て、声を聴いてほしかった」と憤った。遠藤さんは埋却後のにおいに悩んでいるという。現場に足を運ぶことでこうした事実を知ってほしかったと残念がった。

 赤松農相はこの後、新富町役場で土屋良文町長と会談。土屋町長は「農家は精いっぱい育ててきた牛、豚を失った。ワクチンも、涙を流して受け入れた。国が(再建支援すると)メッセージを送ってほしい」と声を詰まらせながら要望した。赤松農相は「農家の再建については、ちゃんとした対応をしたい」と応じたという。

 また、知事とともに会談したJA宮崎中央会の羽田正治会長は「おおむね(課題を)網羅している」と近く施行される口蹄疫対策特別措置法を評価した。一方、農場で働いていた従業員約150人が職を失う恐れがあることを明らかにし、「一般企業と同じように、雇用を守ってほしい」と生活再建の必要性を強調した。

 ◇農相に「悔しさ受け止めて」--「安平」育てた永野さん
 赤松農相の訪問を受けた宮崎市佐土原町の永野正純さん(61)は、伝説の種牛「安平」を送り出した農家として知られる。

 18歳の時から畜産に打ち込んできた。永野さんは安平の母「きよふく」が産んだ福桜など種牛7頭を県家畜改良事業団(高鍋町)に送り出した。きよふくは昨秋死に、安平も殺処分に。

 「安平には線香をあげたよ。種牛は地域経済を大きく変える。後に続く種牛もいたが、全部だめになった……。牛のいない人生は考えられない。農家の悔しい思いを受け止めてもらい、補償を考えてほしい」と話した。

 永野さん方には近所の農家からも十数人集まったという。赤松農相は、農家から「宮崎の畜産業を守るためにあえて犠牲になった。ぜひ再建の対応を」などと求められたことを明かし「つらく悲しい思いの中でワクチン接種を決断したことに、心からお礼を申し上げたい」と述べた。【石田宗久】

« 口蹄疫・種牛49頭の殺処分 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 5/31(月) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫農相来県関係記事:

« 口蹄疫・種牛49頭の殺処分 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 5/31(月) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング