山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・酢を使った消毒について | トップページ | 口蹄疫・「緩衝地帯」関連記事 »

2010/05/28

口蹄疫・特措法関連記事

予算規模1000億円 特措法28日成立
(宮日2010年5月27日付)

 本県の口蹄疫問題で、衆院農林水産委員会は26日、ワクチン接種後などの家畜の殺処分を国や都道府県が強制的に行えることを柱とした「口蹄疫対策特別措置法案」を全会一致で可決した。27日に衆院本会議、28日に参院本会議で可決し、成立する見通し。即日発効する。初動の遅れが感染拡大につながったとの批判がある中、国が主導して防疫措置を講じられるようにするのが狙い。法案は民主、自民、公明3党の合意を基に委員長提案として提出された。

 法案は、殺処分した家畜は生産に要した費用も含めて国が補償することや、これまで各農家が確保することと規定されていた殺処分後の埋却用地を、国や自治体が用意することも盛り込んだ。  関連する予算規模は約1千億円に上るとした。  農相が指定する地域内では一般車両にも消毒を義務付けるほか、感染家畜の判定を当該地域内で行えるようにするなど、防疫措置の強化も規定。

 被害を受けた畜産農家に対し、必要な税制措置を講じることや、家畜の移動禁止措置などで生じた損失を国が補償することも定めた。地域全体の経済再建に充てる基金の設置など、地域経済への支援策も盛り込んだ。

 2012年3月末までの時限立法。今国会での家畜伝染病予防法改正は見送り、12年の期限までに同法を抜本的に見直すとした。

 今回の口蹄疫で政府は、感染の広がりに歯止めがかからないため、国内で初めて健康な家畜にもワクチンを接種し、感染拡大を抑える方針を決定。接種後の家畜は埋却の準備が整い次第、殺処分する。

 家畜伝染病予防法はワクチン接種を義務付けているが、その後の殺処分は規定がなく、実効性が問題視されていた。

 赤松広隆農相は、口蹄疫問題の現状を把握するため、30日に宮崎県を再び訪れる方向で調整している。

【口蹄疫】種牛49頭殺処分に知事が理解 特措法が衆院可決
 産経  2010.5.27 23:31

記者会見でワクチン接種開始を発表し、うつむいて唇をかむ宮崎県の東国原知事=21日午後9時、宮崎県庁 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、ワクチン接種後の家畜の殺処分を国や都道府県が強制的に実施できるようにする口蹄疫対策特別措置法案が27日、衆院本会議で可決された。28日にも参院本会議で可決され成立する見通し。

 特措法では、感染疑いがなくても感染を広げないために一定地域で強制的に殺処分ができる。これまでは強制力がないために、殺処分が前提のワクチン接種には農家の同意が必要で、27日までに同意しない農家21件が残っていた。

 特措法が施行されれば、国が指定した地域で都道府県知事が家畜の所有者に殺処分を命令。従わない場合は、所有者に代わり殺処分することもできる。 成立を前に、現行の家畜伝染病予防法でもすぐに殺処分すべき県の種牛49頭について“助命”を訴えていた東国原英夫・宮崎県知事は27日夜、「当然、手順を追ってやらねばならない」と述べ、殺処分にも理解を示した。

 ワクチン接種に同意していない農家への今後の対応について、県畜産課は「強制すれば今後の防疫に支障をきたす」として、同意を取り付ける努力を続ける方針だという。


口蹄疫対策特措法案の要旨   

口蹄疫対策特別措置法案の要旨は次の通り。

一、口蹄疫がまん延している指定地域内で、一般車両などに消毒を義務付ける。

 一、口蹄疫に感染または感染したとみられる牛、豚を殺処分した場合、所有者は家畜防疫員に死骸の焼却、埋却を要請できる。

一、国は殺処分した牛、豚の埋却に必要な土地を確保する。  

一、口蹄疫のまん延を防止するために、都道府県知事は、感染していない牛、豚でも期限内に殺処分するよう、所有者に勧告することができる。  

一、所有者が殺処分の勧告に従わない場合、都道府県知事は家畜防疫員に牛、豚を殺処分させることができる。  

一、感染していない牛、豚を殺処分された所有者に対し、都道府県知事は損失を補てんする。  

一、都道府県知事は殺処分した牛、豚の死骸を焼却または埋却した費用を負担する。  

一、都道府県知事が牛、豚の殺処分やワクチン接種に従わない場合、国が直接実施できる。  一、都道府県知事は口蹄疫のまん延を防止するため、イベントなどの中止を主催者に求めることができる。  

一、国は当該地域の専門家が感染の有無を迅速に判定するため必要な措置を講ずる。  

一、国は口蹄疫に感染または感染したとみられる牛、豚の所有者に対し、手当金のほか経済支援を実施する。  

一、家畜の移動禁止による所有者の損失は、国が負担する。  

一、口蹄疫の被害で経営が不安定になった農家や食品加工業者、飼料会社などに対し、国は資金の無利子貸し付けや再建費用の助成を実施する。  

一、国や地方自治体は、地域経済の再建と再生に必要な基金を設置する。

2010/05/26 23:17 【共同通信】

« 口蹄疫・酢を使った消毒について | トップページ | 口蹄疫・「緩衝地帯」関連記事 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

気になった報道。今回の蔓延は、殺処分が進まないため、ウイルスの飛散が止まらない、といった印象を受ける、テレビ報道があった。私個人が考えるに、殺処分が間に合わなくなるほど、患畜が増える前に、徹底した防除がおこなわなければ、今後起こった際、犠牲にされる命が減ることはないように思います。具体的には、疑似がでた時点での情報開示(あったのかな?】現場道路のもれのない通行車の消毒。農家個人の防除、それらに対する、人員、物資、経済的支援。現場の状況が分からないので、勝手言ってるかもしれません。だだ、なんか、国に強制権がないから、現場にゴネられて、終息が遅れてる、みたいな感じを受けた報道だったので、まー個人の感想以上の物では、ないですけど。返す返すも、こんなに飛散したのは初期対応の遅れでしょ!(-_-#)。という事を改めて、言いたかった~m(u_u)m

繁殖・さん

お返事を考えるのに時間がかかってしまったです。
以下、あくまで私の個人的な考えですが・・・・

>今回の蔓延は、殺処分が進まないため、ウイルスの飛散が止まらない、>といった印象を受ける、テレビ報道があった。

これに関しては、その通りだと思うのです。

>殺処分が間に合わなくなるほど、患畜が増える前に、徹底した防除がお>こなわなければ

そして、これに関してもその通りだと思うのです。

農水省の「宮崎県における口蹄疫の発生事例の防疫措置の状況」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/boueki141.pdf
を見ればわかるのですが、4月21日~23日の2~6例目の時点で、本当なら72時間以内に埋却まで済ませれねばならなかった物の処分が全て終わったのが29日なのです。

18例目の豚(15747頭)については5月4日に確認された物が、やっとここ数日で埋却処分まで終わった状態です。

ごく初期で、埋却地が決まらず殺処分が行えない状態だったようです。

そして、その間の消毒作業に関してですが、農家は必死でやっていたはずです。ですが、近隣の一般の方にはそれが伝わらなかったのではないでしょうか?

川南は町の中心を国道10号線が走っています。
この国道での消毒ができなかった(国の管轄なので勝手に消毒ができませんでした。)のが大きいと思うのですが、ならばせめて県道での一般車両の消毒はできなかったのか?などとも思ってしまいます。

知事が「非常事態が起こっている」と言ったのが8日。実際に「非常事態宣言」が出されたのが18日。
これも「え?まだ出てなかったの?」って感じでした。

実際に川南の状況が、その時どんな状況だったのかはニュースなどでしか知る事ができませんが、現場(役所を含めて)が混乱しきっていたのだけは想像できます。

この前、えびのの状況の事を書きましたが、えびのでは十分な土地と準備する時間があったのが大きいと思います。
時間があり余裕があった事で、防疫に関する色々なアイデアも出す事ができ冷静に対処する事ができたのではないでしょうか。

この先研究機関がきちんと精査してくれるでしょうから、現状で「県が、国が」と私などが語るのは、どうかなぁって気もするのですが・・・。

それでも、早い時点で人員(獣医や防疫作業に携わる自衛隊員など)の確保は出来なかったのか?もっと狭い地域でのリングワクチネーションは出来なかったのか?などなど、国に対する不満は大いにあります。

お返事ありがとうございます。携帯とテレビが、主な私の情報源です。切り貼りの情報でなく、もっと、しっかりと現実を確認しなければなりませんね。しっかりと特措法を読み込んで、安易に殺処分行使がなされる内容で無いことを確認したいです。
それにしても、殺処分て言葉、馴染めません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・特措法関連記事:

« 口蹄疫・酢を使った消毒について | トップページ | 口蹄疫・「緩衝地帯」関連記事 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング