山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« チャリティーTシャツのご案内 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/29(土) »

2010/05/29

口蹄疫・マスコミ報道他 5/29(土)

アンダーラインは山崎

種牛関係報道

種雄牛1頭に症状 知事49頭殺処分の方針
(宮日 2010年5月29日付)

 東国原知事は28日、国に殺処分を回避するよう求めていた県家畜改良事業団(高鍋町)の種雄牛49頭の中に感染症状が見つかったことを県議会全員協議会で明らかにした。その上で49頭について「近日中に速やかに殺処分する」との方針を示した。

 知事は「緊急に入った情報を報告させていただく」と状況を説明。「多くの、残してほしいとの強い要望を受けている中、極めて残念だが、法に従って処理させていただく」と沈痛な表情で語った。

 県口蹄疫防疫対策本部によると、症状が出たのは1頭。水疱(すいほう)ができるなど口蹄疫の典型的な症状が確認されたという。

 同事業団では14日に肥育牛の感染疑いが判明。同じ敷地内で飼育されていた種雄牛49頭について、県は肥育牛とは管理者が異なるため殺処分対象に当たらないとの考えを持っていたが、国は認めず、殺処分を決定した。県はその後も殺処分せず、特例による救済措置を求めていたが、国は早期処分を促し、東国原知事も27日、「順番がくれば49頭も殺処分することになるだろう」と述べていた。


26日に感染疑い兆候 報告届かず副大臣不快感
(宮日 2010年5月29日付)

 県は28日、県家畜改良事業団(高鍋町)の種雄牛49頭のうち口蹄疫の感染疑いが確認された1頭は26日に兆候を示す症状が出ていたことを明らかにした。兆候を国には報告しておらず、政府の現地対策チーム本部長・山田正彦農水副大臣は「非常に残念だ」と不快感を示した。しかし、県によると、農水省から49頭の健康状態について報告を求められたことはないという。

 県口蹄疫防疫対策本部によると、種雄牛「雅福勝」が26日に発熱。同日午前、東国原知事に報告し、28日朝、鼻の中に口蹄疫の典型的な症状である水疱(すいほう)があったため、感染疑いを確認した。

 22日にも別の1頭が発熱したが、抗生剤を投与し、沈静化したため東国原知事には報告しなかった。現在も口蹄疫の症状はみられないという。


国「報告遅い」県「義務ない」種牛症状めぐり応酬

宮崎県の「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県が殺処分回避を求めていた種牛から口蹄疫とみられる症状が現れたと28日午前に明らかにしたことについて、農林水産省は知らされていなかったとした上で「発熱などの症状が出た時点で報告すべきだ」と批判した。県側は記者会見を開き「(家畜伝染病予防法では)発熱だけで報告する義務はない」と反論。情報の伝達をめぐり国と県が批判の応酬をする事態になっている。

 一方、同日午前の県議会で東国原英夫知事は、口蹄疫の症状が現れた種牛は49頭のうち2頭としていたが、県は同日夜、1頭だったと訂正した。

 農水省によると、担当者が同日昼の報道で種牛の感染疑いを知り、県に連絡して事実を確認。未報告について県に再発防止を求めると「県側は口頭で謝罪した」という。これに対し、県幹部は同日夜の会見で、49頭が既に殺処分対象になっていたため「経過を逐一報告する必要はない」と反論。謝罪についても「していません」と農水省の対応に不満を示した。

 県によると、22日に49頭のうち1頭に発熱の症状が現れ、翌日に回復した。別の1頭も26日に発熱し、28日朝には水疱(すいほう)やよだれが出て、口蹄疫と判断した。2頭とも、発熱の段階では農水省に報告しなかった。
   ×   ×
 宮崎県は28日、新たに感染の疑いがある牛、豚を川南(かわみなみ)町2カ所、高鍋町1カ所で確認したと発表した。累計は224カ所、約15万5千頭。

=2010/05/29付 西日本新聞朝刊=


県「報告求められていない」  05月29日 09時28分 NHKローカル

口てい疫の問題で、宮崎県が、処分を見送っていた宮崎牛の種牛49頭のうちの一部に、口てい疫とみられる症状が出たことを農林水産省に報告しなかったことについて、宮崎県の担当者が、28日夜、記者会見し、「農林水産省からは報告を求められていなかったので、報告しなかった。問題はないと考えている」と述べました。
宮崎県は、28日、県議会の全員協議会で、県の家畜改良事業団で飼育されている宮崎牛の種牛49頭のうちの一部に、発熱や水ぶくれなど、口てい疫と見られる症状が出たと報告しました。
27日には、すでに種牛に発熱がありましたが、農林水産省には、報告していませんでした。
これについて、28日夜、宮崎県畜産課の岩崎充祐家畜防疫対策監らが記者会見し、49頭のうち、1頭については、22日の夕方に、発熱がありましたが、翌朝には熱が下がったため、口てい疫ではないと判断したと説明しました。
そして、別の1頭については、26日発熱し、28日の午前中に、口の中に水ぶくれができるなど口てい疫と見られる症状が出ていることが分かったと説明しました。宮崎県は、こうした経緯を農林水産省に報告していませんでしたが、その理由について、岩サキ家畜防疫対策監は、「もともと処分の対象となっていた49頭で、農林水産省からは、報告を求められていなかったので、報告しなかった。問題はないと考えている」と述べました。

« チャリティーTシャツのご案内 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/29(土) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 5/29(土):

« チャリティーTシャツのご案内 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/29(土) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング