山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・201~209例目 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/26(水) »

2010/05/26

口蹄疫・マスコミ報道他 5/26(水)

・ワクチン接種関係記事

口蹄疫ワクチン接種ほぼ終了  宮日

川南町を中心とする発生農場から半径10キロ圏内の牛・豚全頭を対象にしたワクチン接種で、政府の口蹄疫現地対策チーム(本部長・山田正彦農林水産副大臣)は25日、対象約14万5千頭のうち98%でワクチン接種を終えたとの概算を明らかにした。

 県によると、24日までの累計でワクチン接種農家は358戸(牛302戸、豚56戸)。接種頭数は計約9万4587頭(牛2万8460頭、豚6万6103頭、ヤギ24頭)。

 25日は、獣医師を中心とする71チームが午前8時から宮崎、西都市、川南町など2市5町で作業を行った。

新聞から補足(要約:山崎)

24日までの累計でワクチン接種農家は358戸
(牛 302戸、豚 56戸)

接種頭数は計9万4587頭
(牛 2万8460頭、豚 6万6103頭、ヤギ 24頭)

25日は、獣医師を中心とする71チームが午前8時から宮崎、西都市、川南町など2市5町で作業。

現地対策チームによると98%のワクチン接種が終わったと概算。
接種を拒んでいる脳かもあるとされ、「自治体や関係団体を通じて説得していく」と述べた。


・種牛関係記事

宮日より(原文ママ)

県家畜改良事業団で飼育し、国が殺処分回避の特例を認めなかった種雄牛49頭について、県は25日の会見で49頭に感染疑いは確認されていないと発表。

現時点で殺処分を行っていない理由として「殺処分対象となっているのは分かっているが、感染が確認された(ほかの)農場から優先的に殺処分を行っている」と説明した。


「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設 毎日jp

 宮崎県は、口蹄疫(こうていえき)の感染を避けるため国の特例で同県高鍋町の県家畜改良事業団から同県西都(さいと)市に移したスーパー種牛5頭を入れる新たな畜舎を建設した。5頭は24日に新畜舎に入った。ともに移動したスーパー種牛「忠富士(ただふじ)」の感染が判明して殺処分されたため、簡易型畜舎だったのを本格的な鉄骨造りとして、何とか5頭を守り抜きたい考えだ。

 忠富士など6頭は16日、事業団で肥育牛に感染疑いが判明する直前に緊急避難的に移動したため、プレハブ造りの簡易畜舎しか用意できていなかった。簡易畜舎は1部屋が幅2メートル、高さ4メートル、奥行き4メートルで、部屋の間を高さ3メートルの板で仕切っていた。

 新畜舎は、旧畜舎と同じ敷地内に建設。1部屋の広さを約2倍にして、牛がストレスをためないよう自由に動けるようにした。また、新畜舎から約500メートル離れた場所に別の簡易畜舎を建設。危険分散のため、新畜舎に3頭、この簡易畜舎に2頭を入れる。1週間経過観察を続け、その後、遺伝子検査などで問題がなければ、新畜舎で5頭を飼育する。県農政水産部幹部は「何とか宮崎ブランドの希望をつなげたい」と話している。【古田健治】


・清浄性検査関係

清浄性検査 順調にすすむ  えびの、きょうまで
  宮日(新聞より要約:山崎)

清浄性検査は25日、二日目の作業が行われた
牛の生産農家69戸で採血と臨床検査を実施
これまで異常などの報告はなく、当初の計画通り順調に進んでいる

26日は豚の生産農家7戸を含む、29個を回る予定

同検査は市内1例目農場の半径3キロ圏内を中心にした160戸が対象
牛・・・1農家最大30頭、計1340頭分の抗体検査
豚・・・獣医師の目視で臨床検査

結果の判明には7~10日かかる見込み

3~10キロ圏内の牛、豚の臨床検査も今月末頃から始める方針で調整

« 口蹄疫・201~209例目 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/26(水) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 5/26(水):

« 口蹄疫・201~209例目 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/26(水) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング