山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 5/26(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道 3 5/26 »

2010/05/26

口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/26(水)

・食肉工場関連記事

食肉処理26日再開 ミヤチク都農工場 (2010年5月25日付)

 農林水産省は24日、口蹄疫発生により設定された移動制限区域(半径10キロ)内にあり、先月下旬から食肉処理を停止している「ミヤチク」都農工場(都農町)を再開させる方針を決めた。川南町を中心に発生農場から半径10〜20キロ圏内の牛や豚をすべて食肉処理し「緩衝地帯」をつくる政府対策に基づく特例措置。同工場は消毒などを徹底した上で、26日から牛の受け入れを再開する。

 ミヤチクやJA宮崎経済連によると、24日、県を通じて国から食肉処理再開の要請があり、26日から1日当たり牛60頭の受け入れを行うことを決めた。

 国は10〜20キロ圏内で飼育される全頭の早期出荷と食肉処理を目指している。農水省によると、対象となるのは牛約1万6500頭、豚約3万1800頭。ただ、国の補償内容が不明確なことから、同工場では、まず搬出制限で出荷できずにいた肥育牛を優先して受け入れる。

 同工場は、4月20日、都農町での感染疑い1例目の確認に伴う移動制限区域に含まれたことから食肉処理を停止していた。

食肉処理再開見送り  ミヤチク都農工場  (宮日 5/26)

農林水産省の要請に基づき、発生農場から半径10~20キロ圏内の牛の食肉処理を26日から再開する予定だった「ミヤチク」都農工場(都農町)は25日、再開を見送る方針を決めた。

 処理の際に発生する牛の内臓や皮など(残渣=ざんさ)の廃棄方法のめどが立たなかったため。

 JA宮崎経済連によると、同工場の残渣は、都城市の肥料生産業者で処理しており、同市の農家などが「感染が拡大する可能性がある」と残渣を運搬するトラックの受け入れに難色を示したため。同経済連は「処理を再開するため、これまでと違った残渣の処理方法を考えないといけない」としている。

新聞から補足(要約:山崎)

農水省によると、10~20キロ圏内の対象は
牛・・・約1万6500頭
豚・・・約3万1800頭
(26日から一日あたり牛60頭の受入れを決めていた)

現地対策チームの話
「26日からの作業開始は難しいだろう」
(理由について)
「10~20キロの圏内でどういう順番で出荷するのか段取りできていない」

・10~20キロの「早期出荷」関連記事

ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」 毎日jp

 宮崎県で感染拡大が続く家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)。国内で初めて実施したワクチン接種は25日までにほぼ終了したが、終息の見通しは立っていない。赤松広隆農相は同日の衆院農林水産委員会で「これだけ広がったことは、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べ、初めて結果責任を認めて陳謝した。政府は対策を進めるが、家畜をすべて失う農家からは将来への不安の声が上がり、地域経済への影響も広がり始めている。

 ◇「早期出荷」「再建」農家に不安
 「早期出荷の手順、時期がどうなるか分からない」。政府がワクチン接種と並ぶ対策の柱とする「早期出荷」の対象になった国富町の「宮崎牛」肥育農家、山元正人さん(57)は不安な日々を過ごす。

 早期出荷の対象は、県央部の発生地から半径10~20キロに設定された搬出制限区域の全家畜。牛と豚をゼロにして「緩衝地帯」を作り、感染拡大を防ぐ狙いがある。だが、食肉処理場の確保や輸送方法などを国と県が協議中で、まだ始まっていない。

 国は適期前の早期出荷を巡り、適期まで生育した場合に想定される販売時価との差額を補てんするとした。

 だが、約40頭を育てる山元さんは「2カ月前に50万円で買ったばかりの肥育素(もと)牛(うし)はまだ体が小さく、枝肉にしても買いたたかれるのが落ち。本当にきちんと評価してもらえるのか」と不安は尽きない。

 7年前に脱サラして始めた肥育。牛舎の建設費の借金が残り、飼料価格の高騰などにも悩む。09年度は約2000万円を売り上げたが、利益は25万円。「素牛を買い入れ、肥育して出荷できるまで2年間は必要。その間の収入はまったくない。ゼロからの再建ができるようにしてもらいたい」と訴える。

 再建への不安は、殺処分対象となった農家も同様だ。

 県内のJA13組合を束ねるJA宮崎中央会の羽田正治会長は21日、畜産農家約1400戸の経営再開に必要な費用は約800億円に上るとの試算を示し、「補償が農家の安心につながる」と十分な支援を求めた。

 長引く口蹄疫が経済にも大きな影響を与えるのは確実な情勢だ。

 JA宮崎信連によると、県内13JAへの緊急融資申し込みは21日までで316件。うち100件に計約2億6900万円を融資した。宮崎銀行にも二十数件、計約3億円の申し込みがある。相談は農家だけでなく、家畜の運送会社や食肉関連の卸、小売業者などから寄せられている。

 甲斐諭・中村学園大教授(食品流通学)は「畜産は多くの関連産業から成り立つが、すべてストップした状態だ。宮崎産の子牛は、各地の高級ブランド牛産地にも出荷されている。口蹄疫の経済的影響は計り知れず、長期化すればBSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザよりも深刻で、未曽有の被害となるだろう」と指摘する。【石田宗久】

 ◇九州・沖縄、家畜取引を停止
 口蹄疫発生を受け、九州・沖縄地方では54カ所ある家畜市場のうち、福岡県内の1カ所以外は牛や豚の取引を停止している。畜産関係者や家畜を介した感染拡大を防ぐためだが、同地方は肉用子牛の取引頭数が約23万頭(09年度)で全国の約6割を占めており、影響が広がっている。

 「佐賀牛」の生産者で農林水産大臣賞などの受賞歴もある佐賀県伊万里市の古竹隆幸さん(47)は昨年、飼育頭数を140頭から200頭に増やしたばかり。子牛が調達できなくなり「タイミングが悪過ぎた」と嘆く。

 長崎県などで子牛を買い付け、20カ月ほど育てて毎月10頭ぐらいずつ出荷してきたが、子牛が買えなければ売り上げ減も必至だ。

 不況による牛肉の消費減退で、成牛の値段も以前の1頭100万~105万円から85万円程度に下がっており、口蹄疫発生は「泣き面に蜂」となった。

 窮状は繁殖農家も同じだ。佐賀県唐津市の担当者は「農家は出荷適齢期を過ぎた子牛を抱え、牛舎は満杯。餌代もかさむ」と話す。

 市場での競りが開かれないため、相対取引で子牛を売る農家も出始めたという。

 九州・沖縄の取引停止が長期化すれば、影響は全国に及ぶ。独立行政法人農畜産業振興機構によると、全国で4月に取引された黒毛和種の子牛は前年同月比13%減の2万7559頭で、平均価格は38万2776円と7%上昇した。

 同機構は「模様眺めの畜産農家も多いと思うが、取引停止が続けば子牛価格が更に高騰し、農家経営を圧迫する可能性がある」と話している。【行友弥】

 ◇殺処分の確実な遂行を
 県央部と県西部の2地域で発生した今回の感染。県央部では拡大が続く一方、県西部では13日を最後に感染疑い例は出ていない。

 両地域の違いは殺処分までの時間だ。県西部では、排せつ物などに含まれるウイルスが牛の約1000倍とされる豚は感染疑いを確認した日に処分し、牛も3日以内に終えた。県央部では埋却地の確保が難航し、処分待ちの家畜が多数に上る。

 今後の見通しについて、東京大の明石博臣教授(獣医微生物学)は「現時点ではいつ終息するか分からない。ただし、典型的な流行なので、教科書通り殺処分を確実に遂行することが重要」と語る。

 風による広範囲なウイルス拡散への対策を求める声も。真木太一・九州大名誉教授(農業気象環境学)は「ウイルスは砂ぼこりや土ぼこりに付着し、風で飛ばされる。ヘリコプターなどを使って大がかりな薬剤散布をすべきだ」と話す。他地域への飛び火については、明石教授は「可能性を否定できない。従来通り消毒を徹底するしかない」と指摘している。【佐藤浩、福永方人】

関連記事
クローズアップ2010:宮崎・口蹄疫、ワクチン接種ほぼ終了


ぶれる政府方針 「早期出荷」に地元困惑
(日本経済新聞)

 宮崎県で被害が広がる家畜伝染病の口蹄疫問題で、政府が感染拡大防止策の柱の一つに据える「早期出荷」を巡る方針のぶれに、地元関係者が困惑している。手続きや補償の詳細も「詰め切れていない」(県関係者)状態。
 畜産農家からは「感染の危険が迫るのに、何をすればいいのか分からない」との声も上がるなど、政府の対応に批判が強まっている。

 (上は原文ママ。以下、要約:山崎)

口蹄疫発生地域から半径10~30キロ圏内には牛約1万5千頭、豚約3万頭。
「早期出荷」は、この範囲内の全頭を早期に食肉加工して出荷、感染の恐れがある家畜のがいない緩衝地帯を設けるのが目的。

・肉の買い取りさきがいるのかを疑問視する声も少なくない。

山田副大臣「市場にでまわることはしない。保管して出荷はしばらくひかえたい」(24日:記者会見)
(風評被害によって買い手が付かない事態を想定)

赤松農相「安全だから(肉を)出す。基本的な考え方は間違っていない」
(25日:会見)(副大臣発言を否定)

地元農協関係者「いったい何を信じればいいのか」

ミヤチク(食肉処理場・ミヤチク都農工場を持つ食肉加工会社)担当者
「食肉処理しても、売れるかどうかわからない」
担当者によると
 政府からは食肉の買取には応じないとの説明を受けた。
「せめて売れない肉を冷凍保存する費用を補償してほしい」と要望したが、「検討する」と答えるにとどまる。


・食肉処理に対する準備でも戸惑いが広がっている。

ミヤチクの都農工場は10キロ圏内の家畜の移動制限区域内。
本来なら牛や豚の搬入は出来ないが、政府や県は消毒など防疫対策を徹底する事により、特例で搬入を可能にする方針。

ミヤチクは防疫対策を了承し26日からの処理場再開に備えるが、食肉についての政府方針が「一時保管」から「予定通り早期出荷」へと一転。
「先が見えず、対応しにくい」

南日本ハム(日向市:10~20キロ圏内に豚の食品加工場を持つ)担当者
「国から処理受入れの依頼はあったが、詳しい条件が提示されておらず、様子見の状態」

畜産農家(国富町で牛を育てる男性)
「何度も早く方針を詰めるように倹約に荷要望しているのに反応がない」
「どう補償されるのか。感染の危険は迫り、将来の生活の見通しもつかない」

養豚場を営む男性(宮崎市)
「(感染拡大を防ぐには)早期出荷はやむを得ないと思うが、早期出荷に生じる損失の補てんはきちんとやってもらいたい」


山崎メモ
10~20キロ圏内の牛の処理を仮にミヤチク都農工場のみで行った場合
全頭を処理し終わるのに275日間かかるわけだけど・・・
妊娠牛の肉処理はできるのか? 
生まれたばかりの子牛は? などなど疑問

« 口蹄疫・マスコミ報道他 5/26(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道 3 5/26 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 2 5/26(水):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 5/26(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道 3 5/26 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング