山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 牛さんの写真を送ってください | トップページ | 口蹄疫・えびの清浄性確認検査 »

2010/05/25

口蹄疫・マスコミ報道他 5/25(火)

49頭の種牛関係ニュース

49頭の種牛を処分、主力級の種牛は5頭だけ、口蹄疫の封じ込めを優先

 宮崎県で急速に広がっている口蹄疫問題で、政府の現地対策本部長を務める山田正彦農水副大臣が記者会見し、焦点となっている宮崎県の家畜改良事業団が飼育していた種牛49頭の処分について、早急に殺処分する旨を鳩山由紀夫首相や赤松 広隆らと確認し、了承を得たことを明らかにし、農水省での記者会見で発表した。

 山田農林水産副大臣は「家畜伝染病予防法にしたがって、直ちに殺処分49頭が今でも生き残っていて、ウイルスをまき散らすのは許せない。口蹄疫は恐ろしい病気で、直ちに処分することになっている」と述べた。ただ「地元には理解をしていただかないといけない」と述べ理解を求めた。

 山田副大臣は、避難中の種牛5頭については「殺処分の対象と考えているわけではない」と述べ、「経過観察で毎日、検査しているので、その結果を待ちたい」と述べた。ワクチン接種については、25日中にほぼ終えるとの見通しを示した。
(財経新聞 5/24 00:38)

宮崎の口蹄疫問題、種牛49頭の殺処分正式決定

 宮崎県の口蹄疫問題で、農林水産省は24日、県が殺処分回避を要望している種牛49頭について、処分回避を認めず、県に殺処分するよう求める方針を正式に決めた。

 現地対策本部長を務める山田正彦・農林水産副大臣が記者会見で明らかにした。山田副大臣が同日、鳩山首相や赤松農相らに「仮に49頭が感染していた場合、ウイルスを拡散させることになり問題が大きい」との考えを伝え、了承されたという。副大臣は会見で、殺処分の時期については「ただちに」と述べ、県側に処分を急ぐよう求める考えも示した。

 同県では今月13日、種牛55頭を一元管理していた県家畜改良事業団(高鍋町)から主力級の6頭を西都市に避難させたが、22日にこのうち1頭の感染が判明、殺処分された。副大臣は、6頭が同じ畜舎内で飼育されていたことから、「残る5頭も感染の可能性が高い」との認識を示した。49頭の殺処分が回避されない場合、宮崎県はすべての種牛を失う可能性もあり、東国原英夫県知事は「種牛という特殊性を考慮してほしい」と話し、殺処分回避を要望していく考えを明らかにした。

 一方、政府の総合対策で示された発生地から10~20キロ圏の「搬出制限区域」で、「全頭出荷」が進んでいない問題で、同省は10キロ圏内の「移動制限区域」にある食肉加工場を特例で再開させる方針を決めた。再開予定の加工場は1例目の感染が確認された4月20日、家畜伝染病予防法に基づき、稼働を停止している。

 搬出制限区域では、圏内の牛や豚すべての食肉処理を早期に実施し、その後一定期間畜産を行わないようにすることで「空白地帯」を作る計画だったが、区域内にある加工場が豚を扱う1軒しかないため、牛の処理が全く進んでいなかった。

 ◆種牛=肉質の良い子牛を得るため、雌牛に精液を提供する雄牛。優秀な雄牛の精液を多くの雌牛に提供し、生まれた子牛を育て、さらにその子牛の肉質などを調べることによって種牛を開発していく。宮崎県の種牛は評価が高く、その子牛は全国に出荷され、ブランド牛として育てられる。

(2010年5月25日03時07分  読売新聞)

埋却地について

口蹄疫:埋却地、補償案を説明 山田副農相、県内4市町を訪問 /宮崎

 ◇費用負担など異論、さらに協議続ける
 口蹄疫(こうていえき)問題で、山田正彦副農相は23日、川南、都農、新富、西都の4市町を訪問し、県立農業大学校(高鍋町)の敷地を殺処分後の牛や豚の埋却地に充てる案や補償などについて説明した。首長からは、自前で埋却を進める農家との公平性や費用負担などの点で異論が出て、さらに協議を続ける。【澤本麻里子】

 山田副農相は川南町で約1時間、内野宮正英町長と会談。終了後「埋める場所がないから殺処分が遅れていると聞いている。(私有地に埋めたり土地を購入した人との)公平性は補償するから、一刻も早くやろうとお願いした」と語った。

 内野宮町長は「早く埋却しなければというのは共通の認識」とした上で「どうしても土地が見つからない方はやむを得ないにしても、最初から大学校を使うのは今までの努力を否定することになる」と難色を示した。

 一方、西都市では橋田和実市長やJA西都の役員らと会談。橋田市長は「自分の土地に埋めるのは農家にとって不利になり、補償も安価」などと、埋却の点でも十分な補償を求めた。

 さらに、国の生活支援金や補償の前提となる家畜の評価に関し、山田副農相は概算払いし、差額を後から支給する方針を示したという。しかし具体策は未定で、JA西都の壱岐定憲組合長(63)は「今後も市などを通じて交渉したい」と話した。
(毎日jp)

埋却地注文相次ぐ 口蹄疫緊急対策会議

県口蹄疫(こうていえき)緊急対策会議が24日、県庁で開かれ、殺処分した家畜の埋却地について議論が集中した。2時間以上にわたった会議の席上、参加した首長やJA関係者からは、県や国への注文や批判が相次いだ。

 県総合政策課によると、感染地域やその周辺の自治体の首長、JA関係者、県の担当者ら約30人が出席。首長らからは、家畜伝染病予防法に基づく埋却地の確保の現状について、「処分の数が多すぎて、不足している」「公用地を使わせてほしい」という声が複数上がったという。現在、県立農業大学校(高鍋町)を埋却地として使うことが決まっているものの、時期などは未定となっている。

 川南町の内野宮正英町長によると、参加者からは国や県が土地を買い取ってほしいとの意見が多く出たという。内野宮町長は取材陣の質問に答え、「ワクチン接種後の埋却地を準備しなければならないのが最大の課題。国の対応が遅く、危機管理的な意味合いで認識されていない」と批判した。

 西都市の橋田和実市長も、記者団に対し、埋却地の早期確保を最大の課題として、「優良農地をつぶして埋却地にすることがいかに将来に差し障るか。山手のほうに埋却し、あとで使えるようにできないか考えるべき」と訴えた。さらに、国の動向を見るだけでなく、「県としてしっかりとした決断を持ってやってもらわねば」と注文を付けた。

 一方、JA宮崎経済連の羽田正治会長は「ここに来て埋却地の問題を協議すること自体が問題。行政全体に課題がある」と切り捨てた。

(2010年5月25日  読売新聞)

その他

口蹄疫:赤松農相が初めて陳謝

 赤松広隆農相は25日午前の衆院農林水産委員会で、宮崎県で感染が広がっている家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に関し「反省していないとは言っていない。結果としてこれだけ広がったことは申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べ、初めて自らの結果責任を認め陳謝した。自民党の谷公一議員の質問に答えた。

 半面、感染の拡大を防げなかったことについては「(殺処分した牛や豚の)埋却地についても、こちらは『早く埋めさせて』と求めたが(県などは)『(土地使用の対価となる)金の問題が片づくまで』と、少し認識が違っていた」と指摘。地方にも原因があるとの見方を示した。【行友弥】(読売)

「埋却進まず感染蔓延」口蹄疫で農水副大臣

 口蹄疫問題を巡り、政府の現地対策本部長を務める山田正彦・農林水産副大臣は25日、衆院の農水委員会で「処分の対象となった豚の埋却が進まなかったことが、(口蹄疫を)蔓延させた」と述べ、埋却地の確保が遅れ、豚の処理が進まなかったことが感染拡大を招いたとの認識を示した。

 豚はいったん感染すると体内でウイルスを増殖しやすく、拡散させるウイルス量は牛の100倍~1000倍とされる。同副大臣は「感染した豚が数万頭と放置され、危機的な状況」として、今後も感染拡大の恐れがあるとの見通しも示した。

 また、3月中に症状を出している牛がいたにもかかわらず口蹄疫を見逃したことについて、同副大臣は「初動の遅れになると思う」と話し、行政側の初動対応の遅れを認めた。

(2010年5月25日14時23分  読売新聞)

アンダーラインは山崎

« 牛さんの写真を送ってください | トップページ | 口蹄疫・えびの清浄性確認検査 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

行政のトップが、感染してない牛がウイルスを撒き散らしてるだなんて、馬鹿っぷりに、言葉も出ません。
埋却地がなく、順番通りには処分はされていない現状はほったらかし、発症していない種牛を速やかに処分せよだなんて・・・

種牛という特殊な事例だから、厳重に観察し、発症しない限り、処分に関しては一番最後まで待つ余裕があっても、いいと思います。
現場の消毒は、みなさん必死にしてるわけだし、発症しないで、終息する可能性はゼロではないと思います。
種牛がいなくなった後、生産農家は、どうやって再開するか?って、ことは考えていないのでしょう・・

各県のエース級の精液の援助の確約が取れるまでは、絶対に処分してはなりません。
たぶん、何処も言葉を濁すでしょう・・
それほど、種牛は大切な財産です。
我が県を含め、どの県も、人事のように思って、飛び火したら、たまったもんじゃないって感じで、宮崎の方々の、他県に迷惑をかけたくないって、思いを理解する心が感じられません。
制限地域の方々が、どのような思いでワクチン接種を認めたかと思うと、心が痛みます。
種牛には、そんな農家さんたちの思いが、詰まってると思いますから。

ほんと、その通りだと思います。
「宮崎県の対応が遅いから拡大しているんだ。うちの県まで飛び火したらどう責任を取るんだ!」などの罵声は浴びせても、「うちの県有牛のストローを援助しますから、なんとか早く処分してほしい」という声はまったく聞こえてきません。非常に残念です。

鹿児島のほかぞのさん、西諸県牛命さん

まとめてお返事でごめんなさい。
や~まだ君にも腹が立ちますが、30日はバカ松君が宮崎に来られる様で。
今回はきちんと被害農家の方と向き合って頂きたいです。

近隣の県を中心とした人たちの厳しい言葉も、やはり受け止めていかねばならないと思っています。
それだけの「特例」であったと。
ただ、ちょっとあまりにも過敏になってる方もいますよね。
高原にいた候補を高千穂に移したのさえ非難されると・・・もう・・

あ、書かずに送信ボタンを押してしまった

ほかぞのさん、いつもお心遣い嬉しいです。ありがとうございます。
西諸牛命さん、えびのが治まっても気を抜かずに お互いがんばりましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 5/25(火):

« 牛さんの写真を送ってください | トップページ | 口蹄疫・えびの清浄性確認検査 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング