山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・102~111例目 5/16(日) | トップページ | 口蹄疫・112~126例目 5/18(火) »

2010/05/17

口蹄疫・対策本部関係報道 5/17

アンダーラインは山崎

読売新聞

政府が口蹄疫対策チーム、現地に常駐へ

 平野官房長官は17日午前、宮崎県で感染が拡大している口蹄疫の対策強化のため、農林水産省の副大臣を長とする対策チームを編成し、現地に常駐するよう指示した。


 同日中に設置されるチームは、〈1〉防疫体制の強化〈2〉農家への経済支援対策〈3〉連絡調整――の3グループで構成される。首相補佐官もチームに加わる方針だ。

 政府は17日午前、関係省庁の局長会議を首相官邸で開き、「生活道、集落内の消毒ポイントの設置」「高速道路周辺の消毒強化」「農家への手当金支払いの迅速化と書類手続きの簡素化、特別交付税支払いの迅速化」などの対策をとることを決めた。平野氏はこの後の記者会見で、「現地の要望に沿った対策に、政府と地元とが一体となって取り組む」と述べた。

(2010年5月17日12時25分 読売新聞)

産経新聞

宮崎の口蹄疫感染 現地常駐の政府対策チーム発足へ 2010.5.17 12:56

 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、宮崎県で拡大する家畜感染症の口蹄(こうてい)疫対策として、現地に山田正彦農水副大臣や小川勝也首相補佐官らを常駐させる政府の対策チームを同日中に発足させる方針を明らかにした。
 対策チームは防疫強化、経済支援、調整連絡の3班で構成。現地の要望に応えながら、適切な消毒態勢や、被害を受けた畜産農家への経営支援、手当金支払いの迅速化に取り組む。
 平野氏は、小川補佐官派遣について鳩山由紀夫首相の強い意向と説明し「政府と地元とが一体となって取り組む考えだ」と述べた。首相は同日昼、首相官邸に赤松広隆農水相を呼び、対策を協議した。

毎日jp

口蹄疫:対応強化の体制、早期整備を指示--鳩山首相

 鳩山由紀夫首相は16日午後、口蹄疫対策に関し、平野博文官房長官と首相公邸で協議した。この日、宮崎県を訪問した平野氏が現地の状況を説明したのに対し、首相は関係各省の政務三役らを現地に常駐させて対応を強化する体制を早期に整備するよう指示した。

 農林水産省や、家畜の死体処理を自衛隊に要請する関係から防衛省などが対象となる。

日本経済新聞

政府、口蹄疫で現地対策チーム設置へ  2010/5/17 13:15

 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、宮崎県で広がる家畜伝染病の口蹄疫について、同日中に現地に対策チームを発足させることを明らかにした。防疫対策、経済支援、関係省庁との連絡調整などにあたる。

 チームは山田正彦農林水産副大臣をトップとし、小川勝也首相補佐官も加わる。追加の対策として、消毒の対象を畜産車両だけでなく一般車両にも広げる他、手当金や特別交付税の支払い迅速化書類手続きの簡素化などを実施する方向だ。
 これに先立ち、政府は17日、関係省庁の局長会議を首相官邸で開いた他、首相は赤松広隆農相と協議した。

 同日には民主党の筒井信隆衆議院議員や全国肉牛事業共同組合など畜産関係の団体が鳩山由紀夫首相を訪れ、口蹄疫対策の強化を求めた。筒井氏によると、首相は宮崎県訪問について「早急に検討し決定する」との考えを示した。

 鳩山首相は16日、宮崎県を視察した平野長官の報告を受け、追加対策を急ぐよう支持していた。

13:34 続報  
政府、口蹄疫で現地対策チーム設置へ きょう発足 首相自ら本部長に

 鳩山由紀夫首相は17日午前、民主党の筒井信隆衆議院議員や畜産関係の団体関係者と会い、同日中にも自らを本部長とする対策本部を設置する方針を伝えた。宮崎県の訪問についても「早急に検討し決定する」との考えを示した。筒井氏が記者団に明らかにした。

以下、上の記事と同内容。

読売新聞

口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示

 鳩山首相は17日昼、赤松農相と首相官邸で会談し、宮崎県で感染が拡大している口蹄疫被害への対応として、2010年度予算の予備費から1000億円を充てるよう指示した。


 「口蹄疫防疫対策本部」の本部長も農相から首相に格上げし同日夕に会合を開く予定だ。

 首相はこれに先立ち、筒井信隆衆院農林水産委員長(民主)らと会い、家畜伝染病予防法の改正か特別措置法の制定を早期に検討する考えを明らかにした。また、自らの宮崎訪問も検討する意向を示した。

 平野官房長官は17日午前、農林水産省の山田正彦副大臣を長とする対策チームを編成、現地に常駐するよう指示した。

(2010年5月17日14時10分 読売新聞)

« 口蹄疫・102~111例目 5/16(日) | トップページ | 口蹄疫・112~126例目 5/18(火) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。西諸で牛飼いしている半人前の男です!いつも貴重な情報や牛に関しての疑問について分かり易く解説しているベブログ。ありがとうございます勉強にさせていただいてます!
ただ、今回の口蹄疫…底なしの広がり、感染力の強さ、農家としても気が狂いそうで…毎日怖いっす!
朝、ベブログさんの情報チェックが消毒と共に日課になってきました。

農大は自分の母校でしたが、もう牛いなくなるんですね。川南にいる友人、先輩、後輩心配なのに連絡すらできません。

もう、被害にあっているのかすら…

でも山崎さんのベブログ、前向きで見てると何とかなりそうな気もしてきます。長々となりましたが、これからもお身体壊さずに、べブログ応援してます!

すべてが遅すぎ、ここまでメチャクチャにならないと動いてくれないのかと思うと...犠牲になった彼らの代償はあまりにも大きすぎる。

確かに遅い対応です。ただ、まだ、終わった訳ではありません。九州の畜産農家全てが、影響を受け、少なからず経済的被害を被っていると思います。一日も早い終息に向け、一致団結して頑張りましょう!

政府は今、普天間問題で頭の中はいっぱいいっぱいなんだろうなぁ


でも、だいぶ遅ればせながら動きだしましたねぇ。


早く畜産農家の方々を安心させたい

ようやく具体的な金額の提示がありましたね
足りるのか心配ですが・・・

全肉協理事長が自衛隊派遣の要請をしたはずですが、具体的な動きが見えないのがちょっと、う〜ん
調整した後、動きがあるんでしょうね。

うちの前の道路にも消毒マットが設置されました。
注意看板がないと事故の危険があるので、自主設置は見合わせてました。
なんとかうちの地区を守ることが出来るかもです。


100,000HITおめでとうございます 

早く楽しい話題が出来ますように

梅6ちゃんのお肉食べたいで〜す

今日、岩本肉吾さんと電話で盛り上がりました

事態が終息へ、いい方向へ向かうのを祈るのみです


しかしいや、ここでは言いません(-_-;)

悲しくなるから(-_-;)

西諸の小さな牛飼いさん

べぶろぐが少しでもお役に立てているのなら、嬉しいです。
口蹄疫、本当に怖いです・・・
農大出身との事で、たいそう気持ちが落ち込んでいるのでは?
何ヶ月か前のローカル番組で農大が取り上げられていました。
産まれてきた子に「うどん」などと名前をつけて可愛がっていました。
あの子達も殺処分されたのか・・・と思うと辛いです。

川南にも知り合いの方がいれば、思いはいっそう強いものがあると
想像します。落ち着いたら、是非電話でもしてあげてください。

ここにコメント下さる方は前向きな人が多くて、こちらも元気を頂きます。
今は辛い日々ですが、いつか「こんな事もあったねぇ」と笑い話にできるよう、踏ん張っていきましょう!


西諸牛さん

4週間です・・・長かったです・・・。
貴重な種雄牛も失われたあとに、やっとです。
腹がたちます。

けれど・・・ようやく動いてくれた、とホッとしています・・・。
バカ松が対策本部長でなかった事に安堵感さえ感じています。
「あいつが来たら生卵投げてやる」と言って、またもやシャチョーに
止められました。冷静な伴侶を持って幸せです。

何にせよ、これで進展があれば良いのですが。

繁殖・さんが書かれているように「終わったわけではありません」

私は、たとえ最悪残された6頭が感染しており殺処分になったとしても、宮崎には元気な若手農家がいる、彼らが次の安平を作り上げてくれると信じています。

繁殖・さん

上にも書きましたが、あなたの言うとおり、まだ終わっていません!
何としても踏ん張りましょう!
そして何より、早い終息を迎えられるように!
なんか!!!ばかりが多くなってしまいました

ブンリンくん

金額に対して政府内から不満の声も出ているみたいで。
「あんたたちが、素早く対応していればもっと少ない金額で済んだかもしれないんだよ!」って言ってやりたい。

国が動いた事で、ようやく国道での一般車両の消毒についても検討されたようです。

100,000越しました。複雑な心境です・・・・。
112929(いい肉肉)になったら、何かイベントやりたいねって
シャチョーと話していたのですが、とてもそんな状況じゃないです。

梅6のお肉、ステーキ用をマイナス60度の冷凍庫で保存しています。
終息して、みんなで集まる機会に是非食べて欲しいです。
みんなで、梅6の冥福を祈ると共に感謝していただきましょう。

しんさん

あたしは、あなたの血統についての知識や、お肉になっての評価を信用しているよ。
あなたの様な人達が、最悪の場合を迎えても次世代の種雄牛を作ってくれると信じてる。
だから・・・「がんばろう」って言葉が白々しく聞こえる時もあるかもしれないけど、ともかく前を向いていきましょう!

東国原峠さん

どういった経緯があったにせよ、国による対策ができるようになったことは嬉しいです。

何より、一刻も早い終息を!

普天間で四苦八苦してるのは鳩山だけだし、自業自得ですよ。

赤松は、ただの馬鹿です。4/20の被害発生を知ってたのに、呑気に外遊なぞ出かけ、司令官不在で被害を拡大させた。帰ってきても反省の色もない。友人は、目の前にいたらタコ殴りにしてやる、と息巻いてます。

いかりんです。

口蹄疫が発生してからというもの日々の報道で心を痛めております。
私たち消費者の立場では何もできないのが歯がゆいばかりです。
畜産農家の皆さんは、この苦難なんとか乗り越えてください。
負けないでください。
心からはやく終息することを祈っております。

■口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など―統治能力がないことが明白となった民主党政権!

ブログ名:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理

こんにちは。民主党の口蹄疫対策本部が、昨日設置されました。自民党のそれは、先月30日の時点で設置されていました。この一つをもってしても、民主党には統治能力が欠けることが明らかになったと思います。昨年の新型インフルエンザでは、当時の麻生政権は、国内で感染が発見されていないうちから対策本部を設置していました。他の普天間基地の問題などのことからも民主党の幹部には、残念ながら、重要なことや危険なことを知覚する能力そのものに欠けているのだと思います。民主党にはもともと、統治能力はなく、国政など担うなどというだいそれたことは無理だったのだと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

PATRICさま

なんか今日も「やるこたぁ、やってる!」って言ってましたね
腹は立つけど、暴力はいけません!
石を投げちゃいけないけど、生卵なら許されると思ってるワタクシです。
いや、投げませんよ。ワタクシも大人ですから(笑)

いかりん

ありがとうございます。
消費者ができることは・・・・
ひたすらお肉を食べて下さることです。
ぜひお願いします。

宮崎の畜産農家は負けませんから!

yutakarlsonさま

ごめんなさい。
自民がどうとか民主だからとか、どうでもいいんです。
党派を超えて少しでも早い終息を目指してくれれば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・対策本部関係報道 5/17:

« 口蹄疫・102~111例目 5/16(日) | トップページ | 口蹄疫・112~126例目 5/18(火) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング