山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 宮崎牛の種牛、制限区域外に移動 | トップページ | 口蹄疫・77~86例目 5/13 »

2010/05/13

口蹄疫・5/13 宮崎日日新聞 一面

宮崎日日新聞

11

是非、読んで頂きたく、書き起こしました。

宮崎日日新聞5/13 一面記事 (原文ママ一部改行に手を加えました)

「今は生き地獄」
激震口蹄疫 川南町の叫び 1

「ウイルスは、いつ来るか分からない。感染したら地獄だろうが、今は生き地獄」。川南町で肉用牛を生産する40代男性は、口蹄疫の脅威にさらされている現在の心境を苦しげに語る。百数十頭を養う広大な牛舎に1日2回、消毒液を600㍑ずつまく。自分と同じように、消石灰を散布し、消毒マットを敷き、懸命に防疫していた隣の農家にも感染疑いが出た。「半分は腹をくくった。気が狂いそう」と吐露する。登校前に「学校に行っていいと?」帰ってくると「大丈夫やった?」。中学生の次女が自分と家業を案じる言葉が胸を貫く。

情報不足にいら立つ
  ウイルスとの戦い

 繁殖牛農家の50代男性は朝晩、症状が出ていないか30頭の顔を一頭ずつ確認する。眠れない夜が続き、胃薬と精神安定剤が手放せない。感染拡大を恐れて自宅に閉じこもる毎日。「農家は無人島にいるような状態。隣で発生しても教えてもらえないから、どの道を避ければいいか分からない」と情報不足にいら立ちを隠せない。

「川南はもう手遅れ。犠牲は自分たちで十分。私たちにとって牛や豚は家族だけど、川南の家畜全頭を殺処分してでも感染拡大を食い止めて」。せめてもの願いだ。

乳牛、肉用牛約500頭を飼う吉松孝一さん(53)も朝起きたら、まず牛の顔を確認する日々に疲れ切った様子。「発生農場に行かなくても、周りを一般車両が行き来すれば一緒」と思い切った防疫を行政に迫る。

「また畜産の町を盛り上げる方法を考えないといけないが、今は自分の農場を守るので精いっぱい」と香川雅彦さん(52)。みやざき養豚生産者協議会の副会長を務め、本来は仲間を励ます立場だが、言葉には悲壮感が漂う。「もう、川南は見捨てられているのでは」。国や県への不信感が頭をよぎる。
  
   ■   ■

「消毒に最大限の努力をしていれば、感染しても牛や豚は納得してくれる」。情報に飢え、苦悩する仲間を電話で慰め、励ますのは発生5例目となった森木清美さん(61)。多い時は1日20~30も電話が鳴る。
「手塩にかけた75頭の牛に申し訳ない気持ちは残したくない。できるだけ初期で発見すれば、隣家に感染が広がる可能性を減らせる」。その思いで自身も夜の11時、12時まで牛舎を見回った。先月下旬、自らの農場の感染疑いを知らされた森木さんは「これで解放された」と奇妙な気分を味わった。

 感染疑いが確認されていない農家が「いつ来るか」と恐怖に神経をすり減らす一方、発生農家は張りつめた糸が切れたように安堵する。皮肉な構図が県内有数の畜産地帯を覆っている。

« 宮崎牛の種牛、制限区域外に移動 | トップページ | 口蹄疫・77~86例目 5/13 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・5/13 宮崎日日新聞 一面:

« 宮崎牛の種牛、制限区域外に移動 | トップページ | 口蹄疫・77~86例目 5/13 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング