山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・17例目 マスコミ報道他 5/3 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬(改訂版) »

2010/05/04

口蹄疫・18、19例目 5/4

農水省 プレスリリース 17:00

宮崎県における口蹄疫の疑い事例の18例目及び19例目について

○本日、家畜伝染病である口蹄疫の18例目及び19例目の疑似患畜を確認しました。
○口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
○現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
 
1  農場の概要

・18例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(16例目の農場から北東約600m)
養豚経営 15,747 頭(繁殖母豚1,308頭、哺乳豚2,098頭、肥育豚8,073頭、子豚4,248頭、種豚20頭)

・19例目
宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(10例目の農場から西約1km)
養豚経営 3,010 頭(繁殖母豚400頭、育成豚60頭、肥育豚2,000頭、子豚500頭、種豚50頭)

2  経緯

・18例目
(1)5 月3 日(月曜日)朝、宮崎県に対し、飼養豚1 頭に水疱等を確認したとの届出がありました。
(2)同日午前、宮崎県が当該農場に立入検査を実施し、検体を(独)農研機構動物衛生研究所に持ち込みました。
(3)PCR 検査の結果、本日、3頭で陽性を確認し、口蹄疫の疑似患畜と判断しました。

・19例目
(1)5 月3 日(月曜日)夕方、宮崎県に対し、飼養豚1 頭に発熱等を確認したとの届出がありました。
(2)同日夜、宮崎県が当該農場に立入検査を実施し、本日、検体を(独)農研機構動物衛生研究所に持ち込みました。
(3)PCR 検査の結果、本日、3頭で陽性を確認し、口蹄疫の疑似患畜と判断しました。

3  今後の対応

当該農場の飼養豚の殺処分等の必要な防疫措置について、宮崎県とともに迅速かつ的確に実施します。

4  その他

(1)本日までに、(独)農研機構動物衛生研究所における抗原検出検査の結果、5,7,8例目について、1~4例目と同様、口蹄疫(O型)の患畜と確定しました。
(2)口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありませ
ん。また、感染牛の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、感染牛の肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。
(3)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう
御協力をお願いします。

宮崎県 口蹄疫に関する情報提供

口蹄疫の疑似患畜の確認(18例目、19例目)について

1 口蹄疫の疑似患畜の確認(18例目)について

(1)確認場所

  • 児湯郡川南町大字川南に所在する養豚経営
    (母豚1,308頭、種豚20頭、肥育豚8,073頭、子豚4,248頭、哺乳豚2,098頭  合計 15,747頭)
  • 当該農場は、直線距離にして1例目の農場から南東約6Kmに位置

(2)確認の経過

  • 5月3日、農場主から宮崎家畜保健衛生所に、口蹄疫様症状を示す豚がいるとの通報があった。
  • 同日午前10時に立入検査を実施したところ、鼻や舌の水疱、蹄部のび爛等口蹄疫様症状を示す豚が確認されたため、3頭から採取した検査材料3検体を動物衛生研究所 海外病研究施設(東京都小平市)に送付した。
  • 本例においては、昨日、家畜防疫員の所見を基に、口蹄疫の疑似患畜と確定し、当該農場において殺処分等防疫措置を開始している。
  • 5月4日午後、農林水産省からPCR検査(遺伝子検査)で3検体中3検体(3頭分)で陽性との連絡を受けた。

2 口蹄疫の疑似患畜の確認(19例目)について

(1)確認場所

  • 児湯郡川南町大字川南に所在する養豚経営
    (母豚400頭、種豚50頭、肥育豚2,000頭、育成豚60頭、子豚500頭  合計 3,010頭)
  • 当該農場は、直線距離にして1例目の農場から南東約4Kmに位置

(2)確認の経過

  • 5月3日、農場主から宮崎家畜保健衛生所に、口蹄疫様症状を示す豚がいるとの通報があった。
  • 同日午後6時に立入検査を実施したところ、鼻及び蹄部の水疱等口蹄疫様症状を示す豚が確認されたため、3頭から採取した検査材料3検体を動物衛生研究所 海外病研究施設(東京都小平市)に送付した。
  • 5月4日午後、農林水産省からPCR検査(遺伝子検査)で3検体中3検体(3頭分)で陽性との連絡を受けた。

3 当面の措置

確認農場においては、飼養家畜全頭の殺処分、汚染物品の埋却、畜舎の消毒等を実施予定。

その他  アンダーラインは山崎

宮崎で豚1万8700匹処分へ 口蹄疫感染疑いの豚発見で

 宮崎県は4日、新たに同県川南町の養豚農場2カ所で、口蹄疫に感染した疑いがある豚計6匹が見つかったと発表した。感染疑いが出た農家や施設は計19カ所となった。県は18カ所目の農場が飼育する豚約1万5750匹と、19カ所目の約3010匹の計約1万8760匹を殺処分する。

 既に処分されたものも含め、これまでに処分対象となった牛や水牛、豚は計約2万7770匹。

 県によると、3日に両農場から口蹄疫の症状を示す豚がいると、宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)に連絡があった。家畜防疫員が立ち入り検査し、各3匹に鼻の水疱(すいほう)などの症状を確認。動物衛生研究所の関連施設(東京都小平市)による遺伝子検査で、陽性反応が出た。

 また県は、同県えびの市の養豚農家1カ所で、口蹄疫の症状を示す豚3匹を確認したことを明らかにした。遺伝子検査での陽性反応の有無は5日にも判明する予定。

2010/05/04 19:23 【共同通信】

« 口蹄疫・17例目 マスコミ報道他 5/3 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬(改訂版) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

静観するしかないですね(-_-;)

消毒しかすることがないのはつらいですが(-_-;)

今日も発情を発見してちょっと悲しくなりました(-_-;)

絶対、安重守つけてやるとやる気をだすだけです(*^_^*)

頑張ろう宮崎!!

しんさん

この時間になっても発表が無いという事は
検体が「シロ」だった可能性もありますね。

まだ安心は出来ませんが・・・
シロであることを祈っています。

安重守

MRTの5/4のニュースクリップ見たんですが…
コスモス牧場って営業やっていたんですか(-_-メ)
いくらふれあいコーナーを閉鎖したからって…何を考えているのだかorz

すいません上の書き込み思いっきり間違っていましたm(__)m
MRTではなくUMKのニュースクリップです。
お詫びして訂正致します。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・18、19例目 5/4:

« 口蹄疫・17例目 マスコミ報道他 5/3 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬(改訂版) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング