山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬 »

2010/05/01

口蹄疫・マスコミ報道他 13例目

農水省 プレスリリース  17:00

宮崎県における口蹄疫の疑い事例の13例目について

○本日、宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町において、家畜伝染病である口蹄疫の13例目の疑似患畜を確認しました。
○口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
○現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
1 農場の概要

宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町(10例目の農場から北約200m)
養豚経営 3,882頭(繁殖371頭、育成41頭、子豚897頭、種豚28頭、交雑種繁殖候補豚1,063頭、肥育豚1,482頭)
2 経緯

(1)4月30日(金曜日)朝、獣医師から、宮崎県に対し飼養豚の乳房の水泡及び蹄のびらんを確認したとの届出があったことから、同日宮崎県が当該農場に立入検査を実施し、検体を(独)農研機構動物衛生研究所に持ち込みました。
(2)本日、PCR 検査の結果、1 頭で陽性を確認し、口蹄疫の疑似患畜と判断しました。
(3)なお、感染拡大防止のため、発生豚舎内の豚については動物衛生研究所へ検体を送付した段階で、疑似患畜として殺処分しました。
3 今後の対応

当該農場の飼養豚の殺処分等の必要な防疫措置について、宮崎県とともに迅速かつ的確に実施します。

宮崎県 口蹄疫に関する情報提供

口蹄疫の疑似患畜の確認(13例目)について

1 口蹄疫の疑似患畜の確認(13例目)について

昨日、13例目の口蹄疫の疑似患畜が確認された。

(1)確認場所

  • 児湯郡川南町大字豊原に所在する養豚経営
    (母豚371頭、種雄豚28頭、育成豚41頭、肥育豚1,482頭、子豚897頭、交雑種繁殖候補豚1,063頭 合計 3,882頭)
  • 当該農場は、直線距離にして1例目の農場から南東約6Kmに位置

(2)確認の経過

  • 4月30日、農場関係者から宮崎家畜保健衛生所に、口蹄疫様症状を示す豚がいるとの通報があった。
  • 同日午前10時に立入検査を実施したところ、乳房の水疱や脚部の潰瘍等口蹄疫様症状を示す豚が確認されたため、2頭から採取した検査材料2検体を動物衛生研究所 海外病研究施設(東京都小平市)に送付した。
  • 本例においては、家畜防疫員の所見を基に、口蹄疫の疑似患畜と確定し、当該農場において殺処分等防疫措置を開始している。
  • 5月1日昼、農林水産省からPCR検査(遺伝子検査)で2検体中1検体(1頭分)で陽性との連絡を受けた。

(3)当面の措置

確認農場においては、飼養家畜全頭の殺処分、汚染物品の埋却、畜舎の消毒等を実施予定

その他マスコミ報道(アンダーラインは山崎)

川南町で口蹄疫13例目の疑い  (05/01 19:14) MRT NEWS BOX

川南町の養豚農家で、新たに口蹄疫に感染した疑いのある豚が確認されました。
口蹄疫の疑いのある豚が見つかったのは、県畜産試験場川南支場の北側に隣接する養豚農家で、豚1頭に口蹄疫の陽性反応が確認されました。
この養豚農家では、豚3882頭を飼育していて、すべてが殺処分されます。
また、被害の拡大を受け、県は、5月1日、自衛隊に対し、災害派遣要請を行いました。
これを受けて、陸上自衛隊第8師団では、第43普通科連隊など、約100人の隊員を川南町に派遣。
部隊は、2日から本格的に、殺処分された家畜の運搬や消毒作業にあたります。

口てい疫で自衛隊に派遣要請 NHK 宮崎県のニュース

宮崎県内で家畜の伝染病の口てい疫の疑いがある牛や豚が相次いで見つかっている問題で、宮崎県は、自衛隊に隊員の派遣を要請し、自衛隊は、およそ100人の隊員を派遣して処分した牛や豚の運搬などを行うことになりました。
宮崎県は、口てい疫の問題で、殺処分の対象となる牛や豚が30日までに、あわせて4369頭にのぼり、対応にあたる人が不足しているなどとして、1日正午、自衛隊法に基づいて陸上自衛隊に災害派遣を要請しました。
これを受けて、都城市の陸上自衛隊・都城駐屯地の第43普通科連隊などからおよそ100人が、口てい疫の疑いがある牛や豚が見つかっている川南町に向けて出動しました。
自衛隊は、今後、処分した牛や豚の運搬作業や地面に埋める作業、それに消毒作業などを行うということです。
05月01日 16時59分

« 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

宮崎県が都城の自衛隊に出動を要請したとの新聞情報がありましたが、13例目の頭数をみれば、むべなるかなとも思いました。

4月の初旬に宮崎大学の末吉先生に面談したときは発生してなかったのですが・・・。前の農業新聞の記事は示唆に富んでいますね。

GO GO おじさん

豚での感染は、きついですね・・・・
ウィルスの増加の度合いを考えると・・・

農水省のプレスリリースが出る度に機械的にブログに記事を貼っている状態が自分でも怖いです。
最初は10年前のように、封鎖に成功するものと思っていました。

なんか牧場日記が口蹄疫日記になってしまってるし。
とりあえず、何があったか記録しておこうと口蹄疫のニュースなどを集めていたのですが、こうも犠牲になる家畜が増えていくと気がめいるいっぽうです。

農業新聞は購読している方が少ないと思い、抜粋して載せました。
こういう内容のものを、もっと全国の畜産関係者に知って欲しいです。

はじめまして。
いつも、口蹄疫情報ありがとうございます。
助かります。

えびのに飛び火し、次にどこで出るか・・・。
こちら肝属でも、イロイロと恐ろしい うわさが出回っています。
うわさに惑わされないようにしたいと思います。

今は自分達に出来ること、しっかりと消毒するのみです。


はじめまして、コメントありがとうございます。

鹿児島・熊本にも移動・搬出制限が出されてしまいました。
ぼーねんぼーさんも気が休まる暇がないと思います。

防疫のお役にたてればと消毒薬の情報を載せてみました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 13例目:

« 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 | トップページ | 口蹄疫ウィルスに有効とされる消毒薬 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング