山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・消毒ポイント一覧及び地図(移動制限区域等含む) | トップページ | 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 »

2010/04/30

農水省疫学調査チーム現地視察 4/30

以下 4/30付宮崎日日新聞より抜粋(文章・アンダーラインは山崎)

口蹄疫感染・感染疑いの原因を探るために農水省の疫学調査チームが29日、1例目となった都農町の農場で現場視察を行った。

今後の調査方針を決めるためのもの
・農地の立地条件
・人の出入り
・飼料の保管場所   などを視察

農政事務所(宮崎市)で第1回検討会を開き、現在の防疫作業が落ち着くのを待って、さらに情報収集を進めることなどを申し合わせ


終了後に会見した津田チーム長の話

「1例目の農場は奥まった場所にあり、道路も狭く、ウィルスが大型の飼料運搬車に付着して持ち込まれたとは考えにくい。しかし、他にも可能性はたくさん残っており、まずは裏付けする為の情報収集が必要」

また、えびの市の事例についても言及。
牛や飼料の動きを尾う疫学調査により、1例目が確認された20日以前に児湯地域とえびの市の農場間で人や家畜の行き来があった可能性を明らかにした。

その他報道

口蹄疫:調査チーム、宮崎入り 1例目農家視察、感染経路の究明へ /宮崎
          毎日JP

 県内の畜産農家で相次いで確認されている家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題を受け、農林水産省の口蹄疫疫学調査チームが29日、感染経路の究明のため宮崎県入りした。

 調査チームのメンバーは、明石博臣・東京大大学院農学生命科学研究科教授▽黒木昭浩・県延岡家畜保健衛生所衛生課主幹▽末吉益雄・宮崎大農学部獣医学科准教授▽同畜産草地科学科・森田哲夫准教授▽津田知幸・農業食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所企画管理部長▽筒井俊之・同疫学研究チーム長--の6人。このうち津田氏を調査チームのチーム長に選んだ。

 この日は、都農町の1例目の農家を視察し、周辺の道路や飼育状況などを調査・確認した。この後、今後の調査の進め方などについて検討した。

 会議後、会見した津田チーム長は「感染経路の特定については、なかなか一つに絞り込むことは難しい。予断を持たずに動物、飼料、人、車両、農機具などすべてを対象に、ウイルスの侵入経路を調べたい」と語った。

 また、現在の防疫体制については「機能している。ウイルスが動かないようにしており、これが一番有効だ」と説明した。


宮崎の口蹄疫を現地調査 農水省疫学調査チーム
          共同通信

 宮崎県で家畜の感染症の口蹄疫が発生した問題で、農水省の疫学調査チームは29日、現地調査を実施。最初に感染の疑いがある牛3頭が見つかった同県都農町の農家で、飼料の保管場所や放牧地の状態などを約1時間にわたって調べた。

 調査チームの津田知幸・動物衛生研究所企画管理部長は記者会見で「感染源がどういうものか、病気がどのように広がったかを調べることが目的。正確な情報の収集に努める」と述べた。

 宮崎県は29日、同県川南町の酪農家で新たに感染の疑いがある牛2頭が見つかったと発表。疑い例が出た農家や施設は都農町と川南町、えびの市で計11カ所となった。

 農水省の山田正彦副大臣は29日、宮崎県庁で東国原英夫知事と意見交換。東国原知事が「飼料高騰などで生産者の体力が衰える中での口蹄疫発生で、ショックは計り知れない」と話すと、山田副大臣は「安心して畜産業を再開できるよう国も総力を挙げる」と応じた。

2010/04/29 21:06 【共同通信】


関連:口蹄疫・調査チーム現地調査 4/29

« 口蹄疫・消毒ポイント一覧及び地図(移動制限区域等含む) | トップページ | 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。コメントありがとうございます!
口蹄疫とGWでバタバタでした。
消費者の方から聞かれることはBSEの時よりは少ないです。

宮崎牛を販売してる店としては重要な案件ですね。
小売りとしては仕入れ産地を変えるという事で
対応できますが、生産者さんは一番の打撃ですね。

実際は宮崎牛の味が気に入ってくださってる方も
いらっしゃるので、単に産地を変えればいいと
いいきれませんが。。。。
口蹄疫に関してブログでまとめてくださってありがとうございます。
私自身も勉強になりますし、
生産者の皆さんが実際にどのように対応されているのか
がよく分かり、お客様への対応もしやすく助かっています。
早期収束と復活を願ってやみません。

なんとお声掛けすればいいのか言葉に困りますが、
乗り切って頂きたいです。

今日…農水省に電話しました。そもそも口蹄疫の原因は中国産輸入藁の輸入を許可した農水省のせいだろ?→まだ輸入藁が原因という証拠は見つかってませんから…。農家が口蹄疫でどれだけ苦労してるのかわかってんのか?→農家の方々の苦労は充分承知しております。→いや、あんたら全然解ってない!→いや、充分承知しております。……………………………………、30分くらい文句を言いつづけ→貴重なご意見ありがとうございました。だって…。

なんか…話しててアホらしくなりました。

こんなアホが日本の畜産業の未来を担っていくのかと思うと情けなくなりました。

話してて全てが人事のような印象!がっかりです。

今度の件は全て○○○のせいと今まで思っていましたが、農水省に電話して、むしろ、○○○が被害者のように感じました。

変な書き込みばかりしてすみません。

ポンさん

先ず最初にポンさんのコメントの一部を勝手に伏字にさせて貰った事を
謝っておきますね。
やはり特定業者の名前を書かれるのは、どうかな?と思いましたので。
匿名の掲示板ならともかく、一応会社のブログも兼ねておりますので・・・
どうか御理解下さい。

農水省も29日に調査会を開いたばかりですし(もちろん、県と連携して調査会以前にも色々調べられているとは思います)、問い合わせてもそう軽々しく返事はできないのではないでしょうか。

あくまで私の個人的な意見ですが、輸入藁からの感染はないのではと思っています。
燻煙処理がしてあることはもちろんですが、同じ会社が取り扱った同じロットの藁は全国各地に出回っているはずであり、もし今回の口蹄疫騒ぎが藁によるものなら、もっと散発的に出ていると思います。
全国各地とは言わないまでも、川南だけではなく、例えば県南や県西に同時期に発生していてもおかしくないわけですから。

今回2000頭にも及ぶ牛を殺処分せねばならない事からいっても某牧場も間違いなく被害者なのです。
軽々しく○○○のせいといった事は今は慎むべきではないでしょうか。
犯人探しは何の利益にも繋がらないと思いますし。

それよりも今は当該牧場間の家畜・人・車などの移動が20日以前に行われている可能性に調査チームが言及されており、えびのの他の地域への移動が行われていたのかどうかが気になります。
もうとっくに調べてはいるのでしょうがけど。

センムさんのご配慮に賛同いたします。

宮崎から移動された牛については、他の県の家畜保健所にも情報は入っていると思いますし、既に調査され新聞記事(調査時点で問題ない)になっている県もあります。

冷静にかつ慎重に見守っていくことでしょうか。

ビーフな生活@和島さん

肉屋さんが忙しいと聞くとニンマリしてしまう生産者です(笑)

BSEの時ほどの消費者からの問い合わせがないというだけで
救われる気がします。
牛肉消費の落ち込みが一番キツイですから。

30日に神戸市場で枝肉のセリがありました。
安かったです・・・
まぁ、GW前の手当ても過ぎていますし、安かったのは神戸だけでは
なかったようで、宮崎産だからとは言い切れないのですけど。

生産者とお肉屋さん、飲食店、みんなで消費拡大につなげていければ
ホントにステキなことだと思います。

終息までには時間がかかりそうですが、がんばります!
ええ、ウチだけじゃなく、みんながんばってます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農水省疫学調査チーム現地視察 4/30:

« 口蹄疫・消毒ポイント一覧及び地図(移動制限区域等含む) | トップページ | 口蹄疫・日本農業新聞「防疫対策について」 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング