山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫1週間ドキュメント(宮日) | トップページ | 平成22年 4月期西諸子牛せり »

2010/04/27

口蹄疫・マスコミ報道他 4/27

口蹄疫封じ込めに町職員総動員/宮崎県川南町ルポ
南日本新聞 (2010 04/27 11:28)


 国道や県道沿いで何カ所も、白い防護服の関係者が畜産施設へ出入りする車に消毒液を散布する。役場や農協など町中心部は消毒用の石灰で真っ白に-。20日に宮崎県都農町でウイルス性感染症口蹄(こうてい)疫に感染した牛が発覚して1週間。その後の感染疑い6例のうち、5例が集中した川南町へ26日入った。町は職員を総動員して封じ込めに懸命だった。
 役場北西約4キロの県道。両側に感染が疑われる農場5軒が並び立つ。手前の消毒地点で記者の車もタイヤ回りに散布され、多発地の中へ。北側の消毒地点まで約1.5キロ。牛などの畜舎のほか民家も見える。畜舎へ通じる脇道は警備員らが厳重に警戒している。
 殺処分した牛の埋却用だろうか、畜舎前に青いビニールシートを敷いた大きな穴があり、石灰で白く染まっている。県道北側で消毒しUターン後、もう一度南側地点で消毒し多発地の外へ出た。
 ウイルスを媒介する恐れがあるため、多発地内での取材はもちろん、車から降りるのもご法度だ。南側の消毒地点に接する養豚場の場長(32)に敷地の外から話を聞いた。
 多発地から数百メートルしか離れていない畜舎には豚600頭と子豚が約300頭。「感染しないよう目いっぱい消毒するだけ。子豚が出荷できないので、畜舎内でスペースを確保している。できるだけ早く収まってほしい」
 役場では園芸農家が、殺処分された家畜の埋却場所をめぐり職員に説明を求めていた。「埋却に理解はもらっているが、やはり自分の畑の近くはいやだろうし…」。職員は苦悩の表情を浮かべた。
 川南町で肉牛や乳牛、豚を飼育する農家は338戸で飼育頭数は計約14万4000頭。うち5戸で、感染疑いの牛16頭が確認された。殺処分は5戸の全家畜1048頭に及ぶ。
 町は都農町での初例確認を受け、同じ20日に対策本部を設置。多発地や付近の道路のほか、町道3カ所でも車を消毒している。殺処分する家畜の埋却地の確保にも奔走。家畜の異常の聞き取りも県などと進めている。
 一方、25日に予定された軽トラックによる朝市「トロントロン軽トラ市」は商工会員らの実行委員会が中止した。4年近く毎月第4日曜日に開催。毎回7、8000人を集める名物イベントだが、感染拡大を恐れて自粛した。
 蓑原敏朗副町長は「軽トラ市中止は町民の理解のおかげ。4例までは家畜の埋却が終わった。残り725頭の殺処分と埋却を進め、口蹄疫を封じ込めたい」と力を込めた。

宮崎県知事が口蹄疫で対策要望 農水省、専門家派遣へ

 宮崎県でウイルス性感染症の口蹄(こうてい)疫に感染した牛が見つかった問題で、東国原英夫知事は27日、東京都内で感染拡大の封じ込めや農家への経営支援など緊急対策の実施を農林水産省に要望した。

 農水省は、29日に疫学の専門家チームを現地に派遣するほか、農家が加入する家畜共済の掛け金支払い条件を緩和するよう、九州各県の農業共済組合に要請する方針を決めた。27日に組合を監督する各県に指導通知を出す。

 宮崎県では感染が確認されたり、疑いのある牛が相次いで見つかっており、感染の可能性のある牛や豚の処分など対応に追われている。

 赤松広隆農相は「一番肝心なのはこれ以上広げないように封じ込めることだ」とし、国としてできる限り支援する意向を表明。東国原知事は「畜産を取り巻く環境が厳しい中での発生で、現場のダメージは計り知れない」とした。             2010/04/27 12:51 【共同通信】


口蹄疫:都城市が対策本部 /宮崎  毎日JP

 都城市は26日、庁内各課と農業関係団体による口蹄疫防疫対策本部(本部長・長峯誠市長)を設置した。移動・搬出制限区域外だが、感染が拡大しているため緊急事態に即応できる態勢を整える。

 本部設置に先立つ庁内対策会議で長峯市長は「農家の不安解消に最大限努力するとともに、最悪の事態を想定して行動したい」と警戒を呼びかけた。

 都城市は肉用牛が2300戸の6万9000頭、豚も184戸の約40万頭と、県内最大の畜産地帯。


日本経済新聞 Web刊 4/26 2:30 山崎抜粋

県によると、今回7例目の感染の疑いのある牛が見つかった農場は、2例目が見つかった農場から北東に約100メートルの位置。2例目と7例目の農場は飼料の運搬車両が同じだったという。


県畜産試験場の豚に口蹄疫のような症状 (04/27 18:58)
                     MRT宮崎放送 NEWS BOX

県は、27日、川南町の県畜産試験場川南支場で、口蹄疫のような症状が見られる豚が確認されたと発表しました。
県は、27日夜、この豚の検体を国の検査機関に送る予定ですが、すでに、県の判断で、施設の全ての豚、486頭を殺処分する準備を進めているということです。
口蹄疫のような症状がみられる豚が見つかったのは、川南町にある県畜産試験場川南支場です。
県によりますと、試験場では、486頭の豚が飼育されていますが、27日午前、このうち、5頭の豚に、口蹄疫のような症状が確認されたということです。
県は27日夜、この豚の検体を国の機関に送り、詳しい検査を行うことにしていますが、検査の結果を待たずに、自衛策として、27日中にも施設で飼育している486頭の豚の殺処分を行うことにしています。
検査の結果は、28日判明する予定ですが、陽性となった場合、口蹄疫の疑いのある豚が確認されるのは、今回が初めてとなります。

口蹄疫、豚に感染拡大か 川南町で症状確認 宮崎日日新聞 HP

 都農、川南町で口蹄(こうてい)疫の感染・感染疑いが相次いでいる問題で、県は27日、川南町の県畜産試験場川南支場で品種改良用に飼育している豚5頭から口蹄疫のような症状を確認したと発表した。

 飼育する豚486頭はすべて県が独自に殺処分する。県は同日、5頭から採取した検体を動物衛生研究所海外病部(東京)に送付。感染疑いの陽性かどうかは、28日にも判明する。

鹿児島県が口蹄疫対策本部 10年ぶり、宮崎の被害拡大受け
南日本新聞 (2010 04/27 22:30)

 鹿児島県は27日、伊藤祐一郎知事を本部長とする県口蹄疫(こうていえき)対策本部を発足した。宮崎県で感染した牛や疑いのある牛が相次いで見つかり、処分対象頭数が1108頭に上るなど被害が拡大していることから、全庁的に情報を共有する狙い。本部設置は10年前に宮崎県などで発生して以来となる。
 同日、県庁で開かれた初会合には、約20人が出席。伊藤知事は「絶対に鹿児島への侵入を防ぎたい」と述べ、関係各部署へ連絡態勢の再確認を指示した。
 鹿児島県内の牛、豚、ヤギ農家への全戸聞き取り調査について報告があり、26日午後5時現在、対象約1万5000戸のうち54%が終了。宮崎での感染疑い発覚前の3月29日~4月20日に、競り市などで宮崎県から鹿児島県に持ち込まれた牛85頭も含まれるが、いずれも異常はないという。

本日の動き(山崎畜産)
・飼料会社さんが石灰をくれる(ありがとう!)
・確定ではないが、かなり悪い情報が飛び込んできた為もう一度防疫体勢の見直し
・車両進入を防ぐコーン設置
・張り紙(立入り禁止・車両の消毒しろよ・踏み込み消毒槽使えよ!という内容)
・雨で流れた時のために石灰を再度購入
・26日より細霧機によるグルターZ(消毒薬)散布

« 口蹄疫1週間ドキュメント(宮日) | トップページ | 平成22年 4月期西諸子牛せり »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

畜産試験場の豚がやられたってマジですか…
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=25604&catid=74&blogid=13

畜産宮崎はどうなるんだ…

いい大人が落ち着いてられなくなってきました

怒りや焦りが混同してなんか変ですわ


とりあえずプレスリリースを待ちます

全面移動禁止にしないから相対の取り引きが横行してる。
恐ろしくて眠れない。

しんさん

今回は長い闘いになるかもですよ。
体力温存のためにも体調管理には気をつけましょうね。
シャチョーの落ち着きっぷりに
「こいつ大物かもしれん」と思う今日この頃です(笑)
とにかく「寝ろ!」(*≧m≦*)

牛飼いさん

疑心暗鬼になって身体を壊しちゃたらつまらないですよ。
飼い主が不安がっていてばかりでは、牛さんにも不安が伝わって
しまうかもです。

確かに情報が入り乱れて精神的に疲れます。
どこから菌が入ってくるかわからないから
次は自分の牛の番ではないかと不安になります。
外に出かける事も控えてしまって閉塞感にとらわれます。

今は自分の体調と防疫だけに気を配りましょうよ。

移動禁止区域内でなければ相対取引は決して悪い事とは
言えないのではないでしょうか。
しかし、目に余るような取引であれば、ここに書き込まれるより
しかるべき機関に連絡される方がよろしいのではないでしょうか?

はじめまして、以前より、拝見しておりました。
当方も同じ管内の繁殖農家です。
山崎さんの、コメントと同じく私の携帯に午後3時半頃
ある方より、対岸の火事じゃ無くなったと連絡が有りました。
もちろん何かの間違いかもしれませんが・・・?
私も現在畜舎の道路入り口にホワイトD・炭酸ソーダー・
消石灰、畜舎周囲に消石灰散布、踏込み槽、そして
只今、立て看板を作り終えました。(つかれた~)
山崎さんも、言われてる様に自分の牛は自分で守るしか有りません
日々の努力が未来を切り開くと思います。元気だしましょう。

同じく管内の繁殖農家です。心配で…心配で…。もしうちの牛に感染したら…周りに迷惑かけてしまいます。先の方がおっしゃるように自己防衛しかありません。いろんな噂が飛び交っていますが、殺処分を逃れる為に移動させたとしたら、絶対許せません。全てが間違いでありますように…

眠らねばと思いつつこんな時間に…

相対の件は県もすでに把握している様です。私が怒りを覚えるのは制限区域になる直前に競りに出せなかった牛を相対するという…

これ以上は言いませんが。恐ろしい事です。

この怒りは明日の消毒にぶつけます

可愛い我が牛を守らねば!!


イライラがピークだったのですがセンムさんのレスで少し落ち着きました。

寝ます!

畜産農家の皆さん、関係機関の方々、色々情報と言う名の噂に惑わされてはいけません。

自分たちに出来ること、それは防疫と愛する牛達の管理なのです。

発生日当日(20日)早朝よりこうなることが予想できました。

再度言いますが、10年前とは違うのです。

農家を取り巻く環境(社会情勢、経済、政治、経営形態、情報網)が激変しています。

さらに今回のウイルスの伝播速度の速さ、発症状態(びらん、水泡の有無)が全く別物と考えられます。

このブログでも書き込みましたが、うちの愛くるしい牛達も感染の否定をすることが出来ません。

しかし、悩み考えている、心配しているだけでは牛達が不安を感じ取り、牛の体調を崩す可能性が有ります。

養い手であれば、覚悟をもって対処していくべきだと思いますし、皆さん理解されていることと思います。

また、関係機関の方々は24時間態勢で対応されており、この状況がいつまで続くのか分からない中、がんばっておられることに感謝します。

確かに大手牧場のハナシは各自色々意見があるとは思いますが、そこで仕事をしている従業員の方々も自分と同じ養い手なのです。自分が餌やりをしていた牛達が今日は殺処分になっていくのです。いい思いであるはずがありません。

再度、皆さん覚悟しておきましょう。敵は見えません。

シャチョー、センム、場所をお借りして勝手なことを書いて申し訳有りません。

これを読んでいる皆さんが無事であることをお祈りしています。おやすみなさい。

追記)読まれている方へ、20日より書き込みをしておりますので、そちらも参考にしてください。

牛に飼われてるおやじさん

コメントありがとうございます。
以前より読んでくださったとの事、うれしいです。

ウチも防疫が大切な事はわかっていても、なかなか徹底できていなかったと実感しました。
防疫体制を見直すことができたのは良かったです。

しかし、9例目は・・・。
9例目の会社のせいで、制限区域が他県にまで広がってしまったのが
許せません。

少しでも前向きな気持ちで日々の牛養いをやっていきましょうね。

ポンさん

コメントありがとうございます。
残念ながら、えびので感染疑いが出てしまいましたね・・・

昨日、検体が上がったとの情報を得、その後色々なうわさも入ってきました。(昨日は怒りで身体がうち震えていました。)

今日、農水省のプレスリリースを見たら不安で疑心暗鬼になっている時よりもなぜか腹をくくる事ができました。
こうなったらホントに徹底的に防疫に勤めるだけです!
まぁ、それしか出来ないからこそ辛くなってしまうのですけど。

なんとか自分の家の牛は守り抜きましょう!

うしかいさん

少しは眠れた?

>この怒りは明日の消毒にぶつけます

そうそう、消毒命でがんばりましょう。
くれぐれも怒りを牛さんにぶつけちゃダメですよ~

ブンリンくん

自分こそ大変な時なのに・・・ありがとね。
ついに えびのが出ちゃいました。

しかし県や市町村、その他関係者の人たちはGWも関係なく仕事に追いまくられそうですね。
彼らも大変だとは思いますが、なんとかがんばってほしいです。

昨夜の雨で昨日まいたの石灰が流れてしまってるかな。 今日も頭から真っ白になりながら石灰まきと消毒消毒!昨日の発生で危険区域に入りました…
このタイミングでのゴールデンウイーク… 人の流れも心配です。

センムさんお気使いありがとうごさいます。

うしかいさん

ひょっとして移動制限か搬出制限にかかったのですか?

だとしたら言葉もありません・・・・。
牛さんの健康にだけは気をつけてあげて下さい。
あ、もちろん うしかいさんの身体にも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 4/27:

« 口蹄疫1週間ドキュメント(宮日) | トップページ | 平成22年 4月期西諸子牛せり »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング