山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8例~10例目 (2) 4/28 | トップページ | 口蹄疫:移動制限・並びに搬出制限区域 »

2010/04/29

口蹄疫・マスコミ報道他 11例目 4/29

農水省プレスリリース 9:30

宮崎県における口蹄疫の疑い事例の11例目について

○本日、家畜伝染病である口蹄疫の11例目の疑似患畜を確認しました。
○口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
○現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。
1 農場の概要

宮崎県児湯(こゆ)郡川南(かわみなみ)町 (2例目の農場から北東約400m)
酪農 乳用牛 50頭
2 経緯

(1)4月28日(水曜日)朝、農場主が飼養牛の流涎(りゅうぜん)等を確認したため、当該農場主より宮崎県に届出がありました。
(2)このため、同日宮崎県が当該農場に立入検査を実施し、検体を(独)農研機構動物衛生研究所に持ち込みました。
(3)本日未明、PCR検査の結果、2頭で陽性を確認し、口蹄疫の疑似患畜と判断しました(11例目)。
3 今後の対応

当該農場の飼養牛の殺処分等の必要な防疫措置について、宮崎県とともに迅速かつ的確に実施します。


宮崎県 HP 口蹄疫に関する情報提供

口蹄疫の疑似患畜の確認(11例目)について

1 口蹄疫の疑似患畜の確認(11例目)について
本日、11例目の口蹄疫の疑似患畜が確認された。

(1)確認場所
児湯郡川南町大字川南に所在する酪農経営
(乳牛50頭:搾乳牛35頭、仔牛15頭)
当該農場は、直線距離にして1例目の農場から南東約3.4Km、2例目の農場から北東約400mに位置

(2)確認の経過
平成22年4月28日、農場主から宮崎家畜保健衛生所に、口蹄疫様症状を示す牛がいるとの通報があった。
同日午前11時30分に立入検査を実施したところ、流涎や舌の水疱、鼻鏡の潰瘍等口蹄疫様症状を示す牛が確認されたため、4頭から採取した検査材料5検体を動物衛生研究所 海外病研究施設(東京都小平市)に送付した。
4月29日早朝、農林水産省からPCR検査(遺伝子検査)で5検体中3検体(2頭分)で陽性との連絡を受け、疑似患畜と決定した。

(3)当面の措置
確認農場においては、飼養牛全頭の殺処分、汚染物品の埋却、畜舎の消毒等を実施予定。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8例~10例目 (2) 4/28 | トップページ | 口蹄疫:移動制限・並びに搬出制限区域 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 11例目 4/29:

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8例~10例目 (2) 4/28 | トップページ | 口蹄疫:移動制限・並びに搬出制限区域 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング