山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 枝肉の格付の話3・・・歩留等級って何? | トップページ | 焼肉やまさき開店 »

2010/03/29

最優秀賞の肉を試食

先日の共励会で最優秀賞を頂いた肉の試食をしてみた!

枝肉を購入頂いた「ながた畜産」さんで、サーロインとヒレをステーキ用、ロースをすき焼き・しゃぶしゃぶにカットして貰い購入。

まずはヒレ
なんかね、もう涙が出そうになるくらい美しかった。
この細かいサシを見てよ!

Photo

サーロイン

半分ほどをステーキにする。
少々大きなサシが目立つが食べてみると脂がさっぱりしているせいか、全然くどさを感じさせない。

Photo_2

ロースすき焼き用

一枚をフライパンでサッと焼いて、そのままと塩を付けて食べてみた。
塩無しでも充分に甘味を感じる事ができる。

Photo_3

ロースしゃぶしゃぶ用

超薄切りに切ってもらい、文字通り「しゃぶしゃぶ」で。
「口の中でお肉がとろけるよ~~~~!!!」

Photo_4

今回食べたのはBMS11の肉。
全体的なサシの細かさに加えて脂・肉ともに旨味が充分。

ごちそうさまでした!restaurant

↓ランキング参加中です。よかったらクリックして下さいheart04

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ

ここから先はセンムの独り言。(あくまで個人的な感想ですので)

以前もBMS11ってのを食べたけど、それに比べると脂のくどさを感じさせない本当に美味しい肉でした。

同じ餌を食べてさせているのに、こんなに違うのはやはり血統による個体差なんでしょうか?
いやね、前回食べたのは「忠富士」なんですわ。
サーロインステーキなんて、荒ザシの上、肉の旨味が感じられなかったの。
モモのタタキにしても「???」って感じだったし・・・・。

忠富士自体はサシは入るし大きくなるし、経営の事を考えると良い血統なんだと思う。
ただ肉としての評価は、私的には「残念な子」・・・・。

« 枝肉の格付の話3・・・歩留等級って何? | トップページ | 焼肉やまさき開店 »

山崎牛」カテゴリの記事

コメント

マジでーーーーーupup


ヒレがスゴ過ぎるーーーーーsign03 lovely


電話口でのお肉はこんなにゴージャスだったのですねshineshine

見ているだけで幸せですheart01

梅6さん ありがとうございますheartheartheart

といいますか
山崎さんが、この牛の能力をここまで引き出したのですねhappy02

ありがとうございますupupup smile

きゃ~~~~~~~~~~ヽ(´▽`)/heart04

めっちゃめっちゃめちゃめちゃステキ~~~shine

もう、竹添、センムの家の子になりたいですlovely

最優秀賞shineおめでとうございますo(*^▽^*)oheart02

おめでとうぽちりも忘れずにぽちっときますnotes

うううんん・・ものすごくうまそう・・・
でも多分、自分は食べきれないな??
芸術的なサシ??

いろいろむずかしんだな~
勉強になります(何の??)(爆)

美味しそうですねー、山崎さんの肥育技術と牛の能力が見事に
結びついた結果ですね。
それと、忠富士はやはり平茂勝の影響が強く現れるんですか
母体として増体能力に期待するにはいいんでしょうが・・

ヒレの真空があいてたので誰が買ったのかと思ってたらやはりセンムでしたかぁ(*゚▽゚)ノ

すこし無理をして買ってしまいました(-_-;)


いやーうまかった(◎´∀`)ノ


バラの『かいのみ』もあわせていただきましたが最高でした


梅福6は肉質的にはかなり魅力的ですね

体型がよければまさに『安平』クラスになると思われます(*^_^*)


現場の結果も良好ですし、母牛にほしいですね(o^-^o)


しかしセンムがおっしゃる様に『忠富士』は味的には残念な子かも(-_-;)


でも『平茂勝』が母体としてかなりの力を発揮した様に、但馬の種牛をアウトクロスすることで力を出すものと信じております

安重守は必ずいい子になりますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

わたしも極薄挑戦しました。
あっけなく溶けちゃってちょっと寂しいような。
贅沢な食べ方ですよね。

岩ちゃん

すごいでしょhappy01 実はヒレはまだ頂いていません。
楽しみです。 

とある牛飼い先輩が以前 福桜が一番美味しいrestaurant
と言ってました。  

福桜の息牛の梅福6  福桜の食味の能力をしっかり受け継いで
くれたみたいです。
  

シェパードにくぞえさま

はじめまして(笑)

美味しそうな肉を見ると「にくぞえ」に変身 thunderなのかなsign02

たけちゃんが家の子になってくれるならいつでも大歓迎です。happy01

いつも忘れずぽちりありがとうね。

Gen846さま

おいしそうでしょhappy01

この肉は意外と見かけほどしつこくないですよ。
血統で味が違うという事を再認識させられたお肉でした。
  

岩手佐藤さま

忠富士は母体に持ってくるのはいいと思いますよ。happy01
そういう意味では「平茂勝」後継といえるでしょう。
ただ、三代祖にもよりますけど 種は但馬をもってくるのが基本かな
と思います。 岩手だったら いい牛がいるのではsign02

しんさん

梅福6 味に関しては文句なしですgood
この牛が使えると バリエーションが増えるんでいいですよね。

お肉購買いただきましてありがとうございます。happy01
恥ずかしながら「カイノミ」が分からず調べてしまいました。coldsweats01
さすが しんさん「通shine」ですね。

ビーフな生活@和島です さん

極薄切り 私も 今回初めて食べました。restaurant
確かにあっという間に 無くなってしまう感じですね。
これが本当の「しゃぶしゃぶ」だったのかって思いました。happy01

もう美しすぎー!
垂涎・・・・・。
「お試しかっ!」を見てから肉に心奪われ、
ここでわしづかみです。
春休み中に絶対焼き肉行くぞ!(うちではやらない・・・)

ところで素朴な疑問。
自分の生産したお肉をお金を出してお店で買うのですか??

やまさきセンムさん
『一般的に、身体の大きさやサシの入り方は血統によるところが大きく、脂の甘みやしつこさは飼料によるところが大きい』と何かの本で読んだことをそのまま鵜呑みにしてました(汗)
牛は奥が深いですね。
これからも色々と勉強させてください。

まめぞおさん

ぜひ焼肉食べに行ってくださいね~restaurant

>自分の生産したお肉をお金を出してお店で買うのですか??

自分で食肉センターに搬入して、と畜して貰い持って帰ることもできます。
が、枝肉のまま持って帰るわけにはいきませんから部分肉に加工して貰います。
が、1頭分の部分肉を保管しておく場所が普通の家庭にはありませんし、一頭分の肉を全て使い切るのは至難の技です。

よって枝肉を購入してくれた肉屋さんから必要なだけ購入する方が効率的なのです。

まぁ、手数料や加工料だけで済みますから肉屋さんで買うより安いのは当然なのですが現実的ではないのです。

それに部分肉を捌くのって結構大変なんですよ。
我が家では使う分だけ、欲しい分だけ肉屋で購入するようにしています。

BMS12さん

コメントまで頂けてすごく嬉しいです!

『一般的に、身体の大きさやサシの入り方は血統によるところが大きく、脂の甘みやしつこさは飼料によるところが大きい』

これは、その通りだと思います。
同じ血統の牛でも餌で、同じ餌を食べさせても血統で増体やサシは全然違う物になります。

血統による食味の違いについても「ある」というのは今までも言われてきていたのですが、やはり味(脂の質など)については餌によるところが大きいですから・・・。
ウチでも血統による味の差はあるにはあったのですが、微々たる違いで(味が濃いとか薄いとか)それ程気にはなりませんでした。

しかし今回比べた二つの血統「忠富士」「梅福6」に関しては大きな差がありましたdespair
同じ環境で同じ餌を食べさせ、同じランクの肉質で同じBMSで、こんなに違いがあるとは・・・・。正直、驚きでした。

ホント、牛の世界は奥が深いです・・・。
美味しい肉を提供できる血統を見極められるよう、がんばります!
これからも、よろしくお願いします。

おいしそうなお肉ですね
細かいさしといい、あぶらがしっとりしていて
とけていくような感じで
葛飾の大門のお母さんです。今回のことでは
大変ありがとうございました。とても反省させられました。でも逆にやまさきさまのブログを知ることができ、うれしかったです。
牛さんの奥の深さに脱帽です。
私の知らない世界がいっぱいあり・・・
私たちも大切に育てられた牛のおいしさを最大限に
ひきだすのが、お父さんの腕で、でもそのものの素材が良いと何をしてもおいしいことは確かで
お肉も幸せだねと言って帰られたお客様の
言葉が印象に残りました。
お肉で感動!誰もがおいしいといい
笑顔になれる牛さんを育てていってください。
ときどきのぞかせていただきますね。

わざわざブログを見て下さり、コメントまでありがとうございます!

飲食店の方が牛の世界を少しでも知って下さった事を嬉しく思います。

「お肉も幸せだね」ってステキな言葉ですね。
畜産業は最終的には動物の命を頂いて生活の糧にしている仕事です。
テーブルの前でみんなが幸せな気持ちになってるのを想像しなければ
やりきれない事もあります。
殆どの牛飼いは、ホントに牛が好きですから。

料理を作る人も食べる人も笑顔になれるような肉を提供できる様に
生産者もがんばらなきゃですねhappy01

また是非コメントください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74604/47941924

この記事へのトラックバック一覧です: 最優秀賞の肉を試食:

« 枝肉の格付の話3・・・歩留等級って何? | トップページ | 焼肉やまさき開店 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング