山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« REAL 2010 3eats号 肉食系料理BOOK | トップページ | 枝肉のせり市②~セリの仕組み »

2010/03/08

枝肉のせり市~枝の下見

神戸西部市場では土日を除く殆ど毎日、枝肉のせり市が開かれています。
山崎畜産の枝肉は、大体毎週木曜日にセリにかけられます。

今回は枝肉のセリの様子を書いていきますね。

Photo

セリ会場の裏手です。
併設された食肉センターで加工された枝肉が運ばれ、ここに並びます。
ここで買参人さん達が枝肉の下見をします。

Photo_2

当然ですがみんな白衣に帽子、長靴。
(入場時には長靴の底を消毒液に浸けます。)

これまた当然ですが冷房が効いており、かなり寒いです。(追記:「冷房じゃない、冷蔵だよ」という指摘がありました。ご指摘ありがとうございます。下見をする部屋全体が冷蔵庫の様なものだと思って頂ければ良いかと思います。)

Photo_3

セリ名簿を片手に枝肉をチェック。

この日はいつも購入して下さる買参人さんが部下(?)らしき人に枝肉の見方をレクチャーされていました。
「これとこっちのは格付けも違うけど、脂の質が違うのがわかるやろ?」
「色味も違うけど、触ってみ。こっちは触った時に脂が溶けるんや。」

う~ん、なるほど。ずーっと後をつけて話を聞いていたかったけど、邪魔になるといけないので断念しました。

Photo_4

重量のある枝肉は、断面の切込みが大きすぎると自重で肉が裂けてしまう事があるそうです。
よって、浅めに切込みを入れるのですが断面を見るのが大変です。
懐中電灯で照らして中を覗き込まねばなりません。

下の写真と比べると枝肉の切り込み具合が非常に狭いのがわかります。

Photo_5

買参人さんの枝肉の下見が終わったら、いよいよセリが始まります。
その様子は次回。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
いつもクリックありがとうございます。heart04

« REAL 2010 3eats号 肉食系料理BOOK | トップページ | 枝肉のせり市②~セリの仕組み »

牛の仕事」カテゴリの記事

コメント

おおっ、セリ編ですね。

写真見てると、場所によって微妙に設備とか違うのわかりますね。

うちとこだと、だいたいセリ日当日の朝っぱらに切込みが入れられて、
日格協さんが格付け&データー入力していきます。
それが(ここは推論ですが…)卸会社に送られて買参人さんにリストが提供されて
買参人さんが下見するという形ですね…
気の早い買参人さんは日格協さんが格付けしてる横で見てたりしますがcatface

細かい事を言うと下見する部屋は「冷房」じゃなくて「冷蔵」ですねdespair
うちとこで0度~5度ぐらいの範囲かな…

子牛の競り市しか知らない私は、とても勉強になります。


一回、枝肉競りの現場を見てみたいなぁと思いました。

寒いですよね(-_-;)

買参人さんたちはまさに命がけの生活のかかった現場ですから関係ないのでしょうけど(*^_^*)

地域によって一日切や二日切があるので日格協のかたも大変だと思います

脂の浮き方や、格付けも違ってくるので大変です


おぉ〜!!すごいたくさんの枝肉っ!!
私もこういう所に行って勉強したいですね。


山崎様の分野ですね(b^-゜)

僕もたまに冷蔵庫に入ります、無地で清楚な○走族の装いにパーマネント途中のキャップ姿、とっても失礼ですが最初はこの装いに何故か笑ってしまいました、すみません(^_^;)

僕は寒がりなんで、枝肉を観て勉強するんだ!!と強く誓って入らないと最後まで観れません、ダメな牛飼いです

最近はモモヌケを言われますね、最初はなぜ断面よりも上を見るのか理解できなかったのですが謎が解けました(^-^)ノ~~

YOSHIさん

市場の規模から言ったら名古屋の方が少し大きいから、また違った設備になるんでしょうね。
御指摘の冷蔵の件、本文のほうに追記として加筆しておきました。
また何か間違っていたら教えて下さい。

まさよしさん

子牛のせりで繁殖農家さんがドキドキする様に、枝肉のセリでは肥育農家がドキドキする瞬間です。sun
いつか見る機会があれば良いですね!

しんさん

宮崎で枝肉のセリをするのは県共の時ぐらいなんですかね?
少なくとも常設の市場はないですよねぇ?

ウチの枝肉もたまに月曜売りがあるのですが、その時は一日余計に冷やされているので、サシが伸びるみたいです。
でも最近は「山崎の牛はサシが伸びるから」と格付けの先生にも認知されていて、格付けが以前みたいに甘くないですsad

月曜日のセリだと買参人さんの顔ぶれが少し違ったりして、それも楽しみなんですよdelicious

ビーフな生活@和島さん

この時は80近い枝を見ることができましたhappy01
但馬牛も出ていたのですが、ウチのに比べると枝の形がほっそりしていて、やっぱり血統の違いは大きいのだなぁと思いました。
枝肉を見るのって、すごく楽しいですよ~shine

ushikaidaisukiさん

あのビニールでできたキャップは、いつも恥ずかしいですcoldsweats01
寒いですよね~、今回はダウンのコートの上に白衣を着てマスクまでしてた私は、すごい怪しい姿だったはずですshock

3枚目の写真の右側の人が、ちょうどもも抜けを見てるところです。
「今だ!シャッターチャンス~」と撮った写真ですcamera

あ、それと「様」って書かれると照れるので、シャチョーとかセンムで良いですよーcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« REAL 2010 3eats号 肉食系料理BOOK | トップページ | 枝肉のせり市②~セリの仕組み »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング