« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/31

今年の漢字 一文字

今更なんだけど、今年の漢字は「新」。
新政権あるいは新型インフルエンザの「新」なんだそうで。

シャチョーに「貴方にとっての今年の漢字は?」と聞いてみたところ

」と即答。

安全・安心の「安」ならいいんだけど「やす」だそうです。
枝肉の売上の仕切り書を見る度に「安っ!」って言ってたもんなぁ・・・。
うし年だからと期待しただけに、なんだかなぁって感じでした。

でも、色々な人達と知り合えた事など考えると、結構良い年だったかもですね。

来年も ステキな出会いがある事を期待してます。

良い年をお迎え下さい。

Photo

文章だけだと寂しいので写真も。
牛って ひたいの所の毛がクルクルしてる子が多いんだけど、この前見つけた直毛の牛さんです。
切り揃えたかの様な、みごとな直毛。
ひそかに「タラちゃん」と呼んでいます。

追記

年末ギリギリになってシャチョーがインフルエンザに罹っちゃいました。
私は免疫性の持病があるんで優先的にワクチンを打って貰えてたんで無事ですが
皆様、充分お気をつけ下さい。

2009/12/29

山崎牛 ヒレ

26日と28日、シャチョーは忘年会であった。二日とも牛の業界の人達との焼肉。
ずるいじゃんかよ~、あたしゃ焼肉食べられないじゃないのさー。

というわけで、ヒレステーキを自分で焼いて食べる事に。

Photo

ヒレながら、サシが充分過ぎるほど入っている。
(多分、A-5 BMS8の肉だったと思う)

冷凍で届いた物を二日間かけて解凍。
上の写真が一日目の様子。

Photo_2

二日目になるとちょっと熟成が進みすぎか?
色が変わってるところがあるけど、これ位の奴が好きだ。

Photo_3

「厚めに切って下さい」とお願いしたら、この状態。
厚さ4.2㎝、200gは超している。
これを一人で喰っちゃうのだ。なんという し あ わ せ

Photo_4

これ程厚い肉は焼いた事が無い。
「料理通信」って雑誌を参考に、多めの油とバターで揚げるような感覚で焼いてみる。
少々表面が焦げても気にしない。
表面はパリッと中はジューシー、ミディアムレアが目指すところ。

Photo_5

・・・が、結果はレアに。
焼いた後に もう少し肉を休ませる時間が必要だったかも。
塩のみでいただきました~。

今度はヒレステーキに合うソースもマスターせねば。

ごちそうさまでした!

2009/12/26

しんさんが牧場見学に来てくれた!

本日、以前からこのブログにコメントをくれていた「しんさん」が、お友達のTさんと牧場に見学に来てくれた。

Photo_2

12月の子牛のセリ市で、たまたま(笑)しんさんの育てた子牛を山崎牧場が購入した事から、見学の運びになったのだ。

しんさんの育てた「ひめつばき」号。
雅な名前に負けない美形で愛想も良い(笑)

Photo_3 

人が近づくと「何なに?」と寄ってくる。
で、本日のベストショット、Tさんと「ひめつばき」号。
Tさんは、おじいさんが牛飼いをやっていて土日やセリ市の時などに手伝いに
宮崎から通っているらしい。

シャチョーはすかさず「セリ市で見かけた事がありますよ。」って(笑)
確かに年寄りの多いセリの会場だから、若い女の人(しかも美人)の事は覚えているよね~。

Photo_4

牛舎の中を歩きながら、質疑応答があった模様。
餌の事、牛の血統の事、その他色々。
立場は違っても やはり牛飼い同士、話は尽きない。

Photo_5

しんさんは、お肉屋さんで修行をしていた事もあり、肉質や味に厳しい目を持っている。単なる繁殖という立場に留まらず、お肉になった時の事まで考えられるって一つの強みだよね。

西諸県(にしもろかた)の子牛のセリ価格が県内の他のセリ市より安かった事もあり、地域の子牛生産を何とか盛り上げたいと仲間達と色々活動をしている頼もしい存在でもある。

Photo_6

このブログを始めた事で、近隣の若手繁殖農家の人と知り合う機会が増えた。
畜産業界は今、ホントに厳しい状況だけど、やる気のある若手が育っている事に安心し、また元気を貰う事ができる。

しんさんをはじめ、知り合った若手の人達は皆、牛飼いを兼業でやっている。
本当は早く専業でやりたいのだろうけど、兼業って事を「保険を掛けている」とプラス面に考え、ひるむことなく色々な事に挑戦していって欲しいと思った。

2009/12/23

静謐な空間

Photo

何故か無機質に見える枝肉。
買参人さん達が無言で歩いている姿。
ピンと空気が張り詰めている様で、私(センム)の大好きな空間です。

Photo_2

初めて枝肉のセリの様子を見に行ったのは、かれこれ10年近く前でした。
セリの前に枝肉が吊るされている所を初めて見た時は、少なからず衝撃でした。

ホンの数日前まで牧場で餌を食んでいた牛さんが、枝肉となって吊るされているのですから。

この時「いただきます」って言葉のホントの意味を知った気がします。

普通の消費者にとっての「いただきます」は食生活においてだけだけど、牛の業界で生活している自分達には「衣・食・住」全てが、牛さんの命のお陰で成り立っているんだという事実を目の当たりに突きつけられた感じがしました。

Photo_3

ところが、ですね・・・・
70~80頭分の枝肉に囲まれていると、牛脂特有の甘い香りが立ち込めて・・・
ツヤツヤした綺麗な肉の断面には、妙に引き込まれるものがあって・・・
いつしか「美味しそう・・・」ってつぶやいていたんです。

「そうだ!私に出来る恩返しは美味しく食べる事だ!」
まさに神の啓示と言えるでしょう!(かなり大袈裟)
それまで牛肉料理といえば「ステーキ」と「焼肉」しか作れなかった私が料理に
目覚めた瞬間でもありました(笑)

2009/12/21

子牛のせり市

牛の業界の人には見慣れた光景だろうけど、めったに行けない私なんかには非常に珍しくて面白い空間。

Photo

子牛の係留所。
西諸県畜連のせり市は毎回3日をかけて行われます。
1日あたり約450~550頭の子牛がセリにかけられます。
今回は、ここで500頭以上の牛がセリの順番を待っています。

Photo_2

繁殖農家さんは牛にブラシを掛けたりしながら出番待ち。
購買人はセリ名簿片手に お目当ての牛をチェックしていきます。
子牛の発育状態はどうか、無駄に太りすぎていないか、などなど。

Photo_3

セリ場への入場を待っている子牛。
上の方にあるレールは係留所~セリ場~積込口と、ず~っとつながっていて
滑車に繋いだ子牛が移動できる仕組みになってます。

Photo_4

いよいよセリ。
購買者は欲しい子牛が出てきたら手元のボタンを押して、一番長く押し続けた人が落札します。
一頭に掛かる時間は十数秒。あっという間です。

Photo_5

Photo_6

競り落とされた子牛は、購買者ごとに分けられた柵の中に移動。
トラックに乗せられて肥育農家の元へ。

Photo_7

セリの会場横には露店も並んでいます。
今はそうでもないけど、昔は農家さんが家族総出でお弁当を持ち込んだりして、ちょっとしたお祭りみたいな感じだったそうです。

実は子牛が売れた繁殖農家さんは一頭に付き1000円分の牛肉購入券を買わねばなりません。
ここでも「生産者も牛肉食べてね~」って消費を後押ししてるわけですね。

Photo_8

牛肉購入券を買う事務所を出ると、目の前で牛肉の販売をやってます(笑)
私も牛肉消費に協力せねば。
牛肉購入券を持っていないので切り落としとモモ肉の薄切りを2,000円分、現金で購入。後日美味しくいただきました~。

2009/12/17

宮崎牛 牛めし

7112_3 通い慣れたセブンイレブンの店頭に

宮崎牛」の のぼり旗を発見!

なんでセブンにこんな物が・・・・

711 宮崎牛の文字に導かれるように店内に入ると「宮崎牛」ポスターまで!

お弁当売り場で発見したのは、これでした。

Photo

なんと「セブンイレブン」と「ミヤチク」のコラボ商品です。
宮崎牛の牛めし

「ミヤチク」は宮崎県経済連の子会社(?)みたいなもんで、宮崎県の牛、豚の解体・販売・加工などをやってるところです。

「宮崎牛」ってのは宮崎県経済連が申請し、地域団体商標に登録されているので勝手に
「宮崎牛」の名前を使うことはできません。
今回はコンビニ業界では初の「宮崎牛」を冠した商品ってわけですね。

ちなみに宮崎牛のぼり・ポスターは、フェアーが終わり次第ミヤチクに返却せねばならないらしいです。

Photo_2

もちろん買いましたよ(笑)
中身はこんな感じ。

もちろん食べました(笑)
ゴボウと玉ねぎがいい味出してます。
なかなか美味しかったですよ。牛肉も結構良いところが使ってある感じ。

750円という値段をどう見るかは、あなた次第!

2009/12/15

平成21年12月期西諸子牛セリ

12月12日~14日の間 西諸県郡市畜連の子牛せり市が開催されました。

結果は

平均    389005円  前回比 30715円高

  メス   355201円

  去勢  416826円 でした。

種雄牛   頭数    割合   メス平均  去勢平均

福之国     493    32.3%     372   434

忠富士     340   22.3%      433      453

勝平正     199    13.0%      366      414

糸茂勝     172     11.3%     272      338

寿太郎      152     10.0%     306      376

福桜        54     3.5%     325      377

梅福6    19     1.2%      336   442

日向国     15      1.0%      287   407

今回は上げましたね。

がちょっと上げているのと 年末の出荷増で空いた牛舎を

埋めようという意識、また基金発動の影響もあるでしょう。

子牛価格が上向いたのを受けて 生産農家の繁殖牛更新意欲も出てきたのか

100万円越えも数頭いました。

福之国と勝平正が高くなったですね 忠富士の雌は前回ほどじゃなかったです。

山崎畜産では 福之国、勝平正を中心に

90頭購買いたしました。

2009/12/13

肉料理 ながた 2

ながたさんを紹介するのは2回目。

Photo

先日書いた第80回西畜グループ枝肉共励会で最優秀賞並びに優秀賞を取った枝肉2頭分を「ながた」さんが購入して下さいました。

「ながた」さんには、これまで何度も神戸市場の目利きの買参人さんを通して競り落とした物を購入して頂いています。

ウチは神戸にしか出荷してないので、どうしても神戸経由になってしまうんですよね。宮崎から牛を神戸に送り出して、お肉になって帰って来る・・・ってのも変ちゃぁ変な話なんですけど。

んで今回は「ながた」さんから「店に牧場の写真とか貼りたいから持って来て」と連絡を貰い、お礼も兼ねてお店の方に伺った次第。
まぁ普通、店に行ったからには食べて帰りますよね(笑)

Photo_2 相変わらず予約のお客さんが多かったです。

メニューは至ってシンプル。
希少部位とか載っていません。
「焼肉命!」って人には少々物足りないかもですね。
塩にこだわる人は「マイ塩」持参をお薦めします。
なんたってテーブルに置いてあるのは多分○○ショーの味塩胡椒です。
んでも、肉にはこだわってますよ~。restaurant

Photo_3 使われているお肉は、こんな感じで掲示してあります。
固体識別番号ってやつです。
(多分、同業者以外は気にも留めないんだろうけど。)

喰うだけ喰って、あとで調べたら・・・・
見事に山崎畜産の肉だけ避けて食べていました・・・・
あたしらって、なんて間の悪い夫婦なの・・・

現在「ながた」の店頭で売ってる(はずの)お肉の固体識別番号は次のとおり。

0827992243 (最優秀賞)
0827987409 (優秀賞)

0827980110 (A5-11 福之国×安平×福桜)

この3頭は産まれも育ちも西諸県(にしもろかた)の牛です。
地元の方に食べて頂けるかと思うと喜びもひとしおです。
ぜひこの機会に食べてみて下さいね~。

2009/12/11

最優秀賞!

12月4日、神戸市場で行われた「第80回西畜グループ枝肉共励会」において
山崎畜産が最優秀賞、優秀賞を頂きました。

ほんと~~~~~に久しぶりの最優秀賞です。
なかなか美しい枝肉だったんで写真もでっかく載せちゃいますね。

801

性別   めす
父    福之国
母の父  安平
母の祖父 福桜

枝肉重量 434.4キロ
等級   A5
BMS  12
BCS   4
ロース芯面積 82
ばら厚  7.6
歩留基準値 77.0

いや、ずっとね全国的な共励会で賞を取ってる福永畜産さんや、今や全国区になった尾崎牛に最優秀賞を持ってかれてたもんだから、ホントに嬉しいんですよ。weep

ついでに優秀賞もふたつ頂きました~。
こっちは、簡単に・・・・

めす A5-11 
福之国×福桜×安平

めす A5-10
福之国×福桜×安平

センム的には安福久に福之国が勝ったって感じで嬉しいっす。happy02

2009/12/08

お肉のギフト券

もう遅いかもしれないけど、お歳暮に何を贈ろうか決まってないなら「お肉のギフト券」なんていかがでしょう?
Photo

え?知らなかった?
あたしも今年の春まで、そんなギフト券があるなんてしりませんでした。
神戸の枝肉共励会の入賞牛の賞品が、このギフト券なんですよ。
「牛飼いも牛肉食べてね~」と消費を促しているわけですね。

Photo_2
全国2,600店舗で使えるギフト券。

500円単位なので使い勝手も良いです。

包装もやってくれるみたいです。

あんまり知られて無いって絶対に宣伝不足ですよねー。

詳しくはAJMIC(全国食肉事業協同組合連合会)のHPで。
http://www.ajmic.or.jp/shouhisha/gift_top.html


あ、ついでにこんなのもやってます
    ↓
http://www.gyuniku-matsuri.jp/

簡単なクイズに答えるだけで和牛が当たります。
インターネットでも応募できるので、ぜひどうぞ~。

2009/12/06

松本先生牧場視察(2・焼肉編)

牧場から我家へ移動してみんなで昼食。
もちろん焼肉である。

松本先生は講演や視察で全国各地を飛び回っている。
牧場の視察を受ける農家はみんな「ウチの肉を食べてもらいたい!」と焼肉を用意し手ぐすね引いて待っているのだ(笑)

123

焼肉は飽きる位食べているはずなので、ちょいと目先を変えて「モモ肉のタタキ」と「すね肉と大根の煮物」を用意しておいた。
タタキを口にした先生は
「モモ肉は雑味が出やすいんだけど、このお肉はそれが感じられません。ルーメン(第1胃)の状態が非常に良い牛さんのお肉です。」
と言って下さった。

123_2

実はシャチョーはせっかく先生に視察して貰うんだからと、枝肉の写真・成績、餌の配合設計書、牛の血液検査結果などをプリントして先生に渡していた。
先生は移動中にそれらの資料を見てくださっていたらしい。

飼料設計を見て、肉を見るより食べるより先に一言
「山崎さんの所のお肉は融点が低くて脂が甘いって言われるでしょう?」

まさに市場で買参人さんから評価を頂いている山崎牛の特徴そのもの。
なんと餌の配合を見ただけでお肉の味がわかってしまうのだ。
脱帽でした!

123_3

食事をしつつ牛談義に花を咲かせつつ会食もお仕舞い。

今回の視察で思ったんだけど、松本先生はすごく「ほめ上手」だ。
ほめられると自分がやってきた事に対して自信が持てるし、もっと上を目指そうとやる気になれる。
きっと松本先生は全国の肉牛農家に元気とやる気を配達しているんだろうな。

今回の会食で消費した牛肉は約5キロ。よっしゃ~!

2009/12/04

松本先生 牧場視察(1)

前日の鹿児島での松本大策先生の講演会の翌日、参加者による牧場の視察・見学が行われた。今年の視察牧場は、わが(有)山﨑畜産。

123

松本先生は牛飼いの世界では有名な人なんだけど、知らない人のためにちょっと説明。

畜産コンサルタントもされていて、ひたすら牛を愛し人を愛し「みんな幸せな牛飼いになろうね!」を合言葉に肉牛農家の為に全力を投じている獣医さん。
こんな松本先生は、肉用牛の「Dr.コトー」なんて呼ばれているのだ。
(実際、パッと見た感じとか声のトーン、喋り方がドラマでコトー役を演じた吉岡秀隆さんに似ている)

1234

牛舎内を移動しつつ牛の様子を見ながら、餌や稲藁を与える時の注意点、関節炎やビタミン欠乏による瞳孔の開き具合などについて説明していく。

1235

この日の見学者は鹿児島・大分からの参加。
若手の繁殖農家が中心だ。
わざわざ大分から鹿児島まで先生の講演を聞きに行き、宮崎の牧場を見学して、また大分まで帰るだけでも大変だと思うのだが、みんな熱意に溢れている。

123_2

約一時間半もの内容の濃い視察だった。
多分、松本先生は食事の事さえ忘れていたはず(笑)

その後みんなで焼肉を食べたわけだけど、その話は次回。

2009/12/02

も~れつバンビ

一眼レフのデジカメに憧れているセンムにシャチョーから優しい言葉が。

「そんなに欲しいんならクリスマスプレゼントに買ってあげるよ」

え?え?え?ホントにいいの?

「その代わりビデオカメラ買ってね」

うん、もちろん!

って訳でその日のうちにビデオカメラ買わされたんですが・・・gawk
なんか上手いこと丸め込まれた様な・・・・

シャチョーは本日、そのビデオカメラを持って、そそくさと鹿児島で行われる
シェパード中央家畜診療所の松本先生の講演会に出かけて行きました。car

Photo

さて話は変わって、この漫画・・・
「も~れつバンビ」柏木ハルコ著:週刊ヤングマガジンに連載

肉用牛の繁殖農家で生まれ、立派なブランド牛になる事以外に自分の生きる道があるんじゃないかと ある日当然思い立った牛が、牧場から逃げ出そうとしているところをちょっとした誤解から闘牛大好きな気の強い女の子に見込まれて「処分」されたくないばかりに闘牛として生きることになった・・・・

と、まぁ1巻の内容はこんなモンです。
闘牛には似つかわしくない「バンビ」ってのが この牛の名前(笑)

闘犬漫画「白い戦士 ヤマト」をものすご~く軽~くした感じで、内容も面白いし笑えるし・・・・なんだけど、主人公のバンビが表情も感情も豊かで・・・・
肥育農家の立場としては「なんだかなぁ・・・・」ってちょっと複雑。gawk
面白いって点では充分オススメの漫画です。
まぁ牛が出てくる漫画ってことで紹介しました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング