山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

11月29日は・・・・

Photo 今年は2009年、丑年(にく年、うし年)。今年の11月29日は、その記念すべき「いい肉の日」だったわけですね~。

調べてみたら11月29日は

わんわん 肉球の日」でもあるそうで・・・。

せっかくなんで我家のワンコの肉球です。

まずはラブラドールの もも の肉球。

Photo_2

こちらはビーグルの ビー の肉球。

いや、それだけなんですけど。

10000 ブログを開設したのが6月23日だったのですが、本日午後8時過ぎにアクセス10000になりました。

9月20日頃から継続的に見ていて下さる大阪にお住まいの方が10000番目にアクセスしてくれた方です。

(心当たりのある方は、是非ともコメント下さい。お待ちしてます!)

このブログを読んでくださる皆様へ

牛の事、肉の事、これからも色々書いていきたいと思っていますが、勉強不足の点もありますので「そりゃ、違うだろ!」って内容がありましたらビシビシ突っ込んで下さると嬉しいです。・・・先ずは20000アクセスを目指しますね。

2009/11/29

いい肉の日イブ という事で

11月29日は語呂あわせで「いい肉の日
そこで「いい肉の日イブパーティー」を開催した。
パーティーって言っても、要は焼肉大会なんだけど(笑)

アースジェネターの佐藤さん、岩本さん、長田さんの3人に加え、岩本さんの大学の後輩で数年前に宮崎に移り住み、繁殖を始めたKさん一家。

Photo あとはこのブログを通じて親しくなった人達。
シェパード中央家畜診療所の竹添さん、以前のブログでも紹介したyamato君、いつもコメントをくれるまさよしさん、cowboyさん、ブンリン・オブ・ジョイトイさん。
総勢13名。みんな何らかの形で和牛の世界に関係している。

牛肉が売れんのやったら、ワシら牛飼いが食べつくすもんね・・・の勢いで食べて帰ってね~」なんて言ったら、みんなバクバク食べてくれて約4キロの和牛を消費!若い人の食べっぷりは気持ちが好い!

奥では若手繁殖農家が熱く語り合う。
みんな自分の代で牛飼いを始めた連中なので、初対面だったにも関わらず話が盛り上がっていたようだ。
手前では授精師と肥育屋が、宮崎の種雄牛の未来について真剣に語っていた。

Photo_2

牛とは関係なく盛り上がっていた人達(笑)

Photo_3

集合写真を撮って解散。
ホントに楽しい集まりだった。
また機会があったら集まりましょう!

Photo_4

あ、最後に。
みなさん、色んなお土産ありがとうございました。
(しばらく焼酎買わずに済みそうです。助かります~)

2009/11/28

安平追記(きよふくのこと)

こちらの ブログでも紹介した、安平の母「きよふく」
10月26日永眠いたしました。

皆さんはもうすでに ご存知だったかも知れませんが
私は 不覚にも 昨日まで知りませんでした。

現在の宮崎の牛でまったく「きよふく」が入っていない牛は少ないはず。
宮崎牛に対する貢献は計り知れないものがあると思います。

昭和61年生まれでしたから、和牛としてはかなりの高齢。

大往生と言っていいかと思います。

感謝するとともに、ご冥福をお祈りします。

2009/11/27

IKEAの牛のぬいぐるみ

Ikea

IKEAのソフトトイ

神戸の妹が送ってくれた。

Ikea_2

洋服を着せるとこんな感じ

表情がすごく可愛いんだけど、パッと見たら目がどこにあるのかよくわからんhappy02

2009/11/25

牛肉のある幸せ

Photo

我家自慢の冷凍庫です。

実は、ウチは数年前まで「牛の枝肉、1頭買」ってのをやってました。coldsweats01

お歳暮の時期に買って、部位ごとに分けられた物を送って貰ってました。届いたら数人がかりで切り分けて、お世話になった人に配るわけですね。もちろん自家用も確保します。ですから、冷凍庫を買ったのも必要に迫られての事。

Photo_2 どうせなら良い物を買おうとネットで調べ、購入したのがこの「ダイレイ」のフィッシュボックス。

売りは「松方弘樹も使っている!」でした。

なんとマイナス60℃

どれ位すごいかと言うと、普通のプラスチック容器では割れてしまうので保存できません。中身を取り出す時には、軍手を着用しなければ大変なことになってしまいます。

肉類を保存する場合普通のマイナス18℃の冷凍庫では、半年も経たない内に冷凍焼けをおこしてしまいますが、これだと1年でも肉質に変化がありません。

Photo_3

現在、約25キロの牛肉が入ってます。こうなってると、安心なのよね~。幸せですheart04

あ、凍ったバナナで釘が打てるかどうかは試した事がありません。

2009/11/23

焼肉のタレ 金龍・銀龍

Photo

以前、「戸村のタレ」の事を書いた時に、
「ウチでは金龍を使ってます」というコメントを頂きました。

それ以来、気になってしょうがなかったのだけど、やっと手に入れたheart01
(妹、ありがとね)

先日の焼肉の時に「金龍」を使ってみました。
中辛で旨かったっす。
御一緒したHさんが「これでチャーハン作ったら旨いはず!」
と言ってました。うん、あたしもそう思う。
今度、作ってみよ~。

一緒に「ながたの焼肉のタレ」も試してみました。
これは「肉料理 ながた」さんで売ってる特製だれ。
戸村同様、ちょっと甘めです。

甘いのに慣れた宮崎県人には「ながたの焼肉のタレ」の方が評判良かったです。
多分、県外の人は「金龍」を選ぶだろうなぁ。

「銀龍」は、ニンニク不使用との事。
こっちも今度、使ってみます。

2009/11/20

久しぶりに焼肉!

昨日は久しぶりに我家で焼肉。
友人のHさん、県議会議員の丸山さん一家、総勢10名。
楽しかった~。

Photo

丸山議員(写真:左)は、以前にも書いたけど国際農業者交流会のシャチョーの後輩。
アメリカで農業研修を受けた仲間には、今や全国区になった「尾崎牛」の尾崎さんや、小林市で日本政府ODA(政府開発援助)の一環としてタイやフィリピンからの農業研修生を受入れたり、農家民泊やグリーンツーリズムに力を入れている冨満さんなど、なかなか興味深い人がいて話をしても面白いのだ。

せっかく県議さんと食事が出来るのだから、やはり陳情もせねば。(笑)

実はお隣の鹿児島県では、農水省の補助事業を活用し、学校給食で黒毛和牛を使っているらしいのだ。
畜産が盛んな県ならではの取組みを、宮崎でもやれないだろうか?ってのが、今回のセンムのお願い。
丸山議員も興味を持ってくれて、色々調べてみてくれるらしい。
期待してるよ~!

なお、学校給食に関する記事は、こんな内容。
     ↓

学校給食に黒毛和牛 農水省の補助事業活用へ連携/鹿児島県内
(2009 07/19 06:30 南日本新聞)

 鹿児島県の行政や農業団体、学校給食会が連携し、県産黒毛和牛の肉を学校給食に取り入れる試みが始まる。農林水産省の公募型事業を活用。早ければ10月から、およそ月1回の目安で黒毛和牛肉のメニューが登場する見込みだ。
 農水省は「学校給食地場農産物利用拡大事業」(2009~10年度)を創設。新たな地場産物を使った献立の食材費用を2分の1補助する対策を打ち出した。
 県内では5月、牛肉を主体に同事業を生かそうとJA県中央会、経済連、県、県学校給食会が話し合い、県学校給食会が事業実施主体として助成金の受け皿となって、各自治体の食材発注計画を基に、助成金を配分する仕組みができた。鹿児島市など14市町が本年度からの実施を希望しているという。

ところで・・・・

冬場の締め切った部屋の中で焼肉をする時には、ホルモンは避けた方が無難ですね。いや、無謀でした。匂いが取れね~~~crying

2009/11/17

平成21年 11月期 西諸子牛セリ

11月12日~14日の間 西諸県郡市畜連の子牛せり市が開催されました。

結果は

平均    360.669円  前回比 697円高
  メス   323.550円
  去勢  391.989円 でした。

種雄牛   頭数  割合 メス平均  去勢平均
福之国    459    30.0%   336  410
忠富士    302   19.8%    458    448

糸茂勝    214    14.0%    244    307
勝平正    187    12.2%    325    402
寿太郎     159    10.4%    264    344
福桜        56     3.7%    311    369   
日向国    41     2.7%    246    345
梅福6    23     1.5%    368    379
 

今回も相変わらずの相場でした 枝が動いていないので
しょうがないのでしょう。

福之国と勝平正が堅調 忠富士が高かったですね。
他は厳しいのかな?って感じです。

山崎畜産では 福之国、勝平正を中心に

84頭購買いたしました。

2009/11/14

削蹄(さくてい)

実は私(センム)は削蹄についてよく知りません。

蹄(ひづめ)ってのは人間の爪や足や靴の様なもの。
人間でも爪が伸びすぎていたり、足に合わない靴を履いていたりすると、歩くのにも支障をきたすし、身体のバランスや筋肉のバランスも悪くなるから牛にとっても蹄は大切な物。
肥育屋にとっては筋肉のバランスが悪くなるって事は、肉質も悪くなるって事だから、蹄を削るのは大切な作業・・・って程度の認識です。

なんか削蹄しないと病気のリスクとかもあるらしいんですが、よくわかんないんで詳しい事が知りたい人は、シェパードの佐々隆文先生のコラムを御覧下さい。

Photo

大体、子牛のセリに出す前に繁殖農家さんが削蹄を済ませているので、山崎牧場では子牛を買ってきてから、約1年後に削蹄を行います。

この日は、昨年10月頃に導入された牛の削蹄作業でした。
大体、毎月7~9人の削蹄師さんに来て貰ってます。
牛舎の通路に牛を固定する枠を置いての作業。

Photo_2

牛を固定し動けないようにします。
削る方の足を固定する技も、素早くて見惚れてしまいます。

Photo_3

Photo_4

固定した牛の蹄を大小のハサミやノミみたいな物で形を整えていきます。

牛の世界って、職人技を持った色んな立場の人がいて興味深いです。

削蹄師さんの道具↓

Photo_5

蹄を削る道具(左から3番目)は、とても良く切れそう。
調べてみたら鎌型蹄刀(かまがたていとう)という名前らしいです。

いつか削蹄師さんにウチの包丁を砥いでもらいたい・・・
切れ味、最高だろうなぁ・・・

2009/11/12

ももぬけ(モモ抜け)の話②

実はこのブログに「コザシ」「ももぬけ」と言った言語で検索してやってくる方が結構いらっしゃいます。
で、読み返してみたら説明不足だったと思うので、ちょっと補足。

Photo 買参人さんは左の絵の断面AとBの部分をチェックするって話はモモ抜けの話(こちら)に書いたけど、高級部位と言われるサーロインやヒレにサシが入っているかどうかまでは、枝肉の状態では実際に目で見る事はできません。

ですから断面AとBにサシが入っていれば、間のサーロインやヒレにも充分なサシが入っているだろうと推測しているわけです。

A、B両方をチェックしても肥育期間の短い牛では、サーロインまでサシが入っていない場合もあるという事で、買参人さん達は上場された牛の名簿で肥育期間までしっかり調べています。

あ、絵のサーロインとヒレの位置はだいたいなんで、そこんとこよろしく。

2009/11/09

牛肉のワイン煮込み

Photo

ブリスケ(肩バラ・前バラ)で作りました。
赤ワインは好きなのですが、いつも余らせてしまいます。
余ったワインはいつも料理に使うわけですが、最初に牛肉ありき、ではなくワインありきってところが(笑)

今までにも本やネットのレシピを参考に作ってきましたが「これだ!」ってのが出来ませんでした。

今回、参考にしたのがこのレシピ↓

http://www1.odn.ne.jp/~cax58080/rgyunikuakawine.htm

今までに作った中では、最高に美味しかったです。

手間はあんまりかからないけど、時間はかかります

しかし、あんまり旨そうに見えないなぁ、この写真gawk

2009/11/08

今年のクリスマスプレゼントは

こんな記事が・・・。

Xマスの贈り物 女性の予算最低(プランタン銀座調べ)

クリスマスに対する意識調査によると、女性が男性に贈るプレゼントの予算は前年比3割減の17,014円だった。調査を開始した2000年以降では最低だった。一方、男性に期待するプレゼントの平均額も29,888円と同42%減少している。
男性に期待するプレゼントでは「食事」が初めて単独1位。男性に贈りたいプレゼントでは、前年圏外だった「手料理」が2位に浮上した。クリスマスに過ごしたい場所でも「家」がトップになった。
     (11月6日・日本経済新聞より)

ブランド物のバッグに金をかけるより「食事に金をかけろよ~」と常々思っているセンムには、ちょっとニンマリする内容。

男性諸君!
彼女は「食事」を所望しておるぞ。restaurant
やっぱりクリスマスだ。
ここは奮発してステーキをメインにしたイタリアンはどう?
すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」も捨てがたい。
同じ鍋をつつきあうって、親密度を増すのには効果的だぞ。

女性たち!
手料理」をプレゼントしたいなら、やっぱりちょっと豪華にビーフシチューなんて良いかもよ。
じっくり煮込んだポトフもステキ。
スネ肉を使えば 安いけど見た目は豪華。
時間をかけた分、より深い愛情が彼氏に伝わるに違いないわ。heart01

何でもいいや、とにかく牛肉(国産に限る)喰ってね~

2009/11/07

ホオジロ○○。

先月のセリで こんな子牛を購買いたしました。

1_2 

分かりにくいですかね。coldsweats01

もう一枚 アップで。

2_2 

白斑です。

黒毛和種でも たまに こんな牛が出ます。

明治時代に 外国種(シンメンタール、デボン、ショートホーンなど)

との交配が行われましたが その時の名残りだといわれています。

白斑は黒毛和種の規定では 不良形質とされています。

ので、登録はできません。

血統上は黒毛和種だけど 種牛(母牛)にはなれないのです。

繁殖能力には問題は無いと思いますが

黒毛和種の改良上、白斑は排除したい形質ですので

この牛に子孫を残してもらっては困る ってわけです。

この子も普通の黄色い登記書でなく ピンク色の血統証明書
(子牛登記証明書未発行牛)が付いてきました。

右頬大白斑失格とあります。(鼻紋の上)

Photo_2 

普通の黄色い登記書はこれ

Img_0959

私の経験上 肉質には関係ないものと思います。

注目していきたいと思います。

2009/11/05

宮崎牛カレー

枝肉から店頭に並ぶ過程で「肉の整形」をせねばなりません。
硬いスジを引いて取り除いたり、脂の厚みを整えたり。
焼肉用に形を切り揃えたりなどなど。

肉屋さんの店頭で「切り落とし」ってのが売ってますが、多くは肉を整形したときに出る端材です。
切り落としにならない物は、ミンチになったりもします。

これらの端材に付加価値をつけるために、どこのお肉屋さんも知恵を絞られてるようですね。コロッケにしたりメンチカツにしたり。
有名店の「牛肉のしぐれ煮」、最近では「○○牛のトロフレーク」なんていうのも端材を有効利用した物と言えると思います。

Photo

んで、この「宮崎牛カレー」。
基本は、やはり端材の有効活用って事だと思うのですけど・・・・。

Photo_2 宮崎では、この「宮崎牛カレー」のCMがテレビで流れています。
なんたって宮崎で一番の有力企業「宮崎経済連」の自信作ですからCMだってバンバン流しちゃうんですよね(多分)。
残念ながら なんか品の無いCMで、高級感溢れるパッケージデザインとマッチしていないぞ・・・なんて事も思ってしまいますけど。

ま、何にしても食べてみない事には話になりません。
もちろん頂きました~。

Photo_3 8ミリ角位の牛肉の塊が5、6個入ってます。
(これだけでポイントアップ(笑))

旨かったっす。中辛で、しつこさが無く好みの味でした。

レトルトカレーで525円(県外では630円)って値段は、どうなのよって話もありますが、まぁ産まれや育ちがはっきりした物を使えばこの値段も仕方がないのかなと思います。
(私的には、コ○壱のカレーを食べる位なら こっちの方が嬉しいかなぁ。

2009/11/02

JAふれあいフェスタなるものに行ってみた

ふれあいフェスタってのは各地のJA主催で、農機の展示やステージショーが行われたり、野菜の苗の販売があったり露店が軒を並べたりと、年に一度催されるお祭りみたいなもんです。

実はシャチョーも私も今まで一度も行った事がありません。
しかし今年は「ブログのネタにでもなるんじゃね?」なんて軽いノリで行ってみました。

雨も降ってるし、人も少ないに違いないと思っていたら・・・・
たかが農機の展示会だし、ステージショーなんて見る人いるの?なんて思っていたら・・・・

Photo すいませんJA、なめてました。
すんげー集客力です。

家畜市場で行われているのですが、駐車場は満車。
近所にあるゼノアック(ウチもお世話になってる製薬会社ね)などからシャトルバスまで運行されていました。

Photo_2 おまけに山川豊の演歌ショーがあるってんで、じーちゃん、ばーちゃんがテンコ盛りです。

お店の数もすごい!
陶器、海産物、刃物類(包丁から鎌、鉈まで!)、お団子、姓名判断まで何でもアリ。

Photo_3 せっかくなんで別棟の農機の展示コーナーも見ました。
かっこいいです。

やたらと農機にはまる人がいるのもわかる気がしました。
こちらの会場は、農機の他に農作業で使う道具や衣類、牛用の餌箱や塩、何でか家の瓦まで展示・販売しています。

Photo_4 宮崎牛の消費拡大コーナーってのもありました。
奥のテントでは焼肉が食べられる様になっています。
もちろん販売もやってます。
我家も消費拡大に少しでも貢献しようと、すき焼き用を買って帰りました。

今回、一番気に入ったのはこれかもしれない。↓

Photo_5

ダンボールで出来ています。力作だと思う!

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング